4213 Movies

孤独な場所で In a Lonely Place (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

殺人事件が絡むサスペンス・タッチのドラマであり、強烈な個性を見せる男女の異色のラブ・ロマンスを描いた、監督ニコラス・レイハンフリー・ボガートグロリア・グレアム共演のフィルム・ノワールの秀作でもある。


ドラマ(ロマンス)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ニコラス・レイ
製作:ロバート・ロード
原作:ドロシー・B・ヒューズ
脚本
エドマンド・H・ノース
アンドリュー・ソルト
撮影:バーネット・ガフィ
編集:ヴィオラ・ローレンス
音楽:ジョージ・アンタイル

出演
ディクソン・スティール:ハンフリー・ボガート
ローレル・グレイ:グロリア・グレアム
ブラブ・ニコライ刑事:フランク・ラヴジョイ
ロックナー警部:カール・ベントン・リード
メル・リップマン:アート・スミス
シルヴィア・ニコライ:ジェフ・ドネル
チャーリー・ウォーターマン:ロバート・ワーウィック
ミルドレッド・アトキンソン:マーサ・スチュワート
クラブ歌手:ハッダ・ブルックス

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1950年製作 93分
公開
北米:1950年5月17日
日本:1996年5月18日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
脚本家のディクソン・スティール(ハンフリー・ボガート)は、馴染みのナイトクラブで、エージェントのメル・リップマン(アート・スミス)から次の仕事を回され、気が進まないうちにそれ受ける。

短気で喧嘩っ早いディクソンは、友人の俳優チャーリー・ウォーターマン(ロバート・ワーウィック)を侮辱した客と店で揉め事を起こす。

落ち着きを取り戻したディクソンは、今回の脚本の原作を読ませるために、クローク係のミルドレッド・アトキンソン(マーサ・スチュワート)を自宅に誘う。

ディクソンは、ミルドレッドに原作を話させるものの、その内容にうんざりして、車代を渡して彼女を帰す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■
1947年に発表された、ドロシー・B・ヒューズの小説”In a Lonely Place”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
気性が荒くトラブルをよく起こす、有名な脚本家ディクソン・スティールは、エージェントのメルから回された仕事を、気乗りしないままに受ける。
ディクソンは、その原作を読んでいた、クラブのクローク係ミルドレッドを自宅に誘い内容を聞いて彼女を帰す。
しかし、ミルドレッドは何者かに殺害され、疑われたディクソンは容疑者として尋問を受ける。
ディクソンは、ロックナー警部の質問にも動ずることはなく、向かいに住む女性ローレルが自分達を目撃していたことを思い出す。
署に呼ばれたローレルは、ディクソンのアリバイを語り、彼の顔が気に入っていることまで率直に語る。
仕方なくディクソンを帰したロックナーだったが、ディクソンの戦友で部下だったニコライ刑事は彼を擁護する。
その後、ディクソンとローレルは、この件をきっかけにして愛し合うようになる。
ローレルは、脚本に没頭し始めたディクソンの世話をするようになり、尚も彼に疑いをかけるロックナーは、ニコライに探りを入れるよう指示する。
そんな時ローレルは、ディクソンが、突然、暴力的になることで、彼が殺人犯ではないかという、不安に駆られる日々を送るようになる・・・。
__________

ワーナー・ブラザーズから離れたハンフリー・ボガートが、独立して設立した”サンタナ・プロダクション”による、彼の意欲作でもある。

2007年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

殺人事件の容疑者と、そのアリバイ証人のロマンス、なかなか解決に至らないミステリアスな事件と、主人公の本性に気づき始め、恐怖と不安でストレスの極に達する女性・・・。
アクションでもハードボイルドでもない作品にも拘らず、終盤は、正に手に汗握る展開であり、ニコラス・レイの無駄のない演出は圧巻で、悲劇的に終わるラストまで、画面に食い入ってしまう。

様々な要素を取り入れた、エドマンド・H・ノースアンドリュー・ソルトの巧みな脚本、ジョージ・アンタイルの雰囲気を盛り上げる音楽なども、見事な効果を上げている。

実際の撮影では、ニコラス・レイが脚本を大きく手直しし、当時の彼の妻グロリア・グレアムとの、2年後に離婚する関係など、自分達自身を投影しているところがある。

ダンディな私生活の雰囲気から一転、怒りがこみ上げた時の、悪魔にでも変貌したような表情も恐ろしい、エキセントリックな主人公を絶妙に演じるハンフリー・ボガート、人を寄せ付けない気丈なイメージから、疑惑の渦に巻き込まれ、痛々しい姿にまでなる女性を繊細に演ずるグロリア・グレアム、二人の熱演は、悲劇として終える結末までひと時も目を離せない。

主人公の潔白を最後まで信ずる、戦友である刑事フランク・ラヴジョイ、反対に徹底的に疑いをかける警部カール・ベントン・リード、主人公のエージェント、アート・スミス、刑事の妻ジェフ・ドネル、酔いどれの廃れた俳優役で大ベテランのロバート・ワーウィック、殺人事件の被害者マーサ・スチュワート、そしてクラブ歌手役ハッダ・ブルックスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020