4222 Movies

奥様は魔女 I Married a Witch (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1941年に発表された、ソーン・スミスとノーマン・H・マトソンによるファンタジー小説”The Passionate Witch”を基に製作された作品。
結婚を控える知事候補の祖先に火炙りにされた、魔女親子が巻き起こす騒動を描く、製作、監督ルネ・クレール、主演フレドリック・マーチヴェロニカ・レイクロバート・ベンチリースーザン・ヘイワードセシル・ケラウェイ他共演のファンタジー・ロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ルネ・クレール
製作
ルネ・クレール

プレストン・スタージェス
製作総指揮:バディ・G・デシルヴァ
原作
ソーン・スミス

ノーマン・H・マトソン
”The Passionate Witch”
脚本
ロバート・ピロッシュ

マーク・コネリー
ダルトン・トランボ
撮影:テッド・テズラフ
編集:エダ・ウォレン
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
ジョナサン/ナサニエル/サミュエル/ウォレス・ウーリー:フレドリック・マーチ

ジェニファー:ヴェロニカ・レイク
ダドリー・ホワイト:ロバート・ベンチリー
エステル・マスターソン:スーザン・ヘイワード
ダニエル:セシル・ケラウェイ
マーガレット:エリザベス・パターソン
J・B・マスターソン:ロバート・ワーウィック
タバサ・ウーリー:エイリー・マリオン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1942年製作 77分
公開
北米:1942年10月30日
日本:1951年3月6日


アカデミー賞 ■
第15回アカデミー賞
・ノミネート
ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1670年代。
魔女裁判で火炙りにされたジェニファーと父親ダニエルを突き出したジョナサン・ウーリー(フレドリック・マーチ)は、彼女から子孫まで呪いをかけると言われたことを思い出し母タバサ(エイリー・マリオン)にそれを伝える。

1770年。
魔女の灰の上に植えられた樫の木は成長して大木となり、ジョナサンの子孫ナサニエル(フレドリック・マーチ)は、婚約者とその木陰で愛を語る。

1861年。
南北戦争が始まり、婚約者から逃げるためにサミュエル(フレドリック・マーチ)は軍に志願する。

1904年。
老人になったサミュエルは結婚する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1670年代、魔女裁判で火炙りにされたジェニファーとダニエル親子は、自分達を突き出したジョナサン・ウーリーを恨み呪いをかける。
1942年、その呪いによりウーリー家の男は代々不幸な結婚をしていたが、現在の家長ウォレスは、州知事候補として翌日の結婚を控えていた。
ウォレスの婚約者で新聞社社主マスターソンの娘エステルも、わがままに育てられウォレスは手を焼いていた。
そんな時、魔女の大木に雷が落ちたことでジェニファーとダニエルは復活し、煙となり人間社会を観察した二人はウォレスに気づく。
結婚できない相手に恋することが、男にとっては最悪であることをダニエルから知らされたジェニファーは、復讐をするため体を手に入れてウォレスに近づくのだが・・・。
__________

純粋なコメディであるため弾むような楽しさを期待するのだが、演出がルネ・クレールだけに意外にも”穏やかに”展開する内容を良しとするかどうかで評価が変わるかもしれない。

原作と共に、1958年公開のジェームズ・スチュアートキム・ノヴァク共演による「媚薬」、そして人気テレビ・シリーズ「奥様は魔女」(1964-1972)にヒントを与えた品でもある。

第15回アカデミー賞では、ドラマ音楽賞にノミネートされた。

既にベテランの域に達していた主演のフレドリック・マーチは、美しい魔女に翻弄される結婚を控えた知事候補を好演し、重厚な彼の演技しか知らないで観ると新鮮に思えるのではないだろうか。
芸幅が広いフレドリック・マーチは、このような役も楽しんで演じているのがよく分かる。

本作では、妖艶というよりもキュートさで楽しませてくれるヴェロニカ・レイクは、アメリカ人にしてはかなり小柄だが(151cm)、画面を占領していると言っても過言ではない、非常にインパクトのある独特の魅力を感じる素晴らしい女優だ。
フレドリック・マーチも178cmと小柄であり、長身スターが多い中で、更に小柄なアラン・ラッド(168cm)との相性が良かったのがよく分かる。

主人公の支援者で医師のロバート・ベンチリー、主人公の婚約者でわがままな令嬢スーザン・ヘイワード、その父親で新聞社社主のロバート・ワーウィック、ヒロインの父親を愉快に演ずるセシル・ケラウェイ、主人公の家の家政婦エリザベス・パターソン、主人公の祖先の母親エイリー・マリオンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020