4237 Movies

アイ・ラブ・トラブル I Love Trouble (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ライバル紙の記者とコラムニストが反発し合いながらも協力し、陰謀が絡む事件解明をするまでを描く、製作ナンシー・マイヤーズ、監督チャールズ・シャイア夫妻の共同脚本、ニック・ノルティジュリア・ロバーツ共演によるサスペンス・タッチのラブ・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・シャイア
製作:ナンシー・マイヤーズ
脚本
ナンシー・マイヤーズ

チャールズ・シャイア
撮影:ジョン・リンドリー
編集
ウォルター・マーチ

ポール・ハーシュ
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
サブリナ・ピーターソン:ジュリア・ロバーツ

ピーター・ブラケット:ニック・ノルティ
サム・スモザーマン:ソウル・ルビネック
痩せた男:ジェームズ・レブホーン
マット:ロバート・ロッジア
キム:ケリー・ラザフォード
ジニー:オリンピア・デュカキス
ゲイル・ロビンス上院議員:マーシャ・メイソン
レイ:ユージン・レヴィ
リック・メドウィック:チャールズ・マーティン・スミス
ウィルソン・チェス:ダン・バトラー
警察署長:フランキー・フェイソン
ケニー・ベーコン:ポール・グリーソン
ダリル・ビークマンJr.:クラーク・グレッグ
ドロレス・ビークマン:ミーガン・カヴァノー
エヴァンス:ジェーン・アダムス
リンディ:ノーラ・ダン
ヴァージニア・ハーヴェイ:リサ・ルー

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

1994年製作 122分
公開
北米:1994年6月29日
日本:1995年1月21日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $30,806,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ
葬儀に参列したダリル・ビークマンJr.(クラーク・グレッグ)は、封筒やマイクロフィルムとペンそして拳銃をブリーフケースに入れてユニオン駅に向かう。

ホームで痩せた男(ジェームズ・レブホーン)に声をかけられたビークマンは、彼に最後部の車両の席が空いていると言われる。

シカゴ・クロニクルの人気コラムニストのピーター・ブラケット(ニック・ノルティ)は、プレイボーイとしても有名な作家でもあり、既に事件記者ではなかったが、編集長マット(ロバート・ロッジア)から、列車脱線事故の取材を命ぜられる。

ピーターは事故現場で、シカゴ・グローブの記者サブリナ・ピーターソン(ジュリア・ロバーツ)に目を止める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ
シカゴ・クロニクルの人気コラムニスト、ピーター・ブラケットは、列車脱線事故の取材を命ぜられ、現場でライバル紙シカゴ・グローブの新人記者サブリナ・ピーターソンに目を止める。
ピーターは魅力的なサブリナに近づくが相手にされず、その後、彼女はスクープ記事で注目を集める。
元事件記者のプライドを傷つけられたピーターは反撃に転じ、二人は取材合戦を繰り広げる。
しかし二人は、事故の犠牲者で、高校の化学教師ビークマンの取材を始めた途端に同じ場所で命を狙われる。
手がかりをつかんだ二人は、とりあえず協力することで同意して、チェス化学の研究員だったビークマンの父親を訪ねようとするのだが・・・。
__________

ブレイクしたジュリア・ロバーツと人気スターのニック・ノルティの共演、製作ナンシー・マイヤーズと監督チャールズ・シャイア夫妻による作品というところも注目の作品。

往年のスクリューボール・コメディを彷彿させる展開、コメディではあるが、巨額の利益を得ようととする企業の陰謀が絡むストーリーは面白味がある。

随所で、名作のオマージュ的なシーンがあり、犠牲者の自宅で鳥かごに敷かれた地方紙を手掛かりにするのは、ビリー・ワイルダー製作、監督「シャーロック・ホームズの冒険」(1970)、クライマックスの研究室で、主人公が自分の存在をヒロインに指輪で知らせ、陰謀を企む者がマイクロフィルムを狙っていたというのは、アルフレッド・ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」(1959)を意識していると思われる。

仕方がないが、主人公の二人の存在が際立ち過ぎで、魅力的な出演陣の個性を生かしきれていないところが気になる。

評価も悪く、興行収入もやや期待外れに終わり、北米で約3100万ドルという結果だった。

製作費:3000万ドル

実際には、親子ほどの年齢差があるジュリア・ロバーツニック・ノルティだが(26歳差)、それを感じさせない二人の掛け合いは結構楽しい。

陰謀の黒幕だった上院議員補佐のソウル・ルビネック、それに絡む殺し屋ジェームズ・レブホーン、シカゴ・クロニクル編集長役のロバート・ロッジア、化学企業社長のダン・バトラー、社員ケリー・ラザフォード、主人公の秘書オリンピア・デュカキス上院議員のマーシャ・メイソン、簡易教会牧師ユージン・レヴィ、シカゴ・グローブ編集長チャールズ・マーティン・スミス、刑事ポール・グリーソン、警察署長のフランキー・フェイソン、事故の犠牲者で高校の化学教師クラーク・グレッグ、その妻に扮する女性役ミーガン・カヴァノー、主人公の同僚ジェーン・アダムスノーラ・ダン、研究員の妻リサ・ルーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020