4905 Movies

ミッシングID Abduction (2011)

誘拐児童を紹介するサイトで自分を見つけた高校生が国家機密が絡む陰謀に巻き込まれる姿を描く、監督ジョン・シングルトン、主演テイラー・ロートナーリリー・コリンズアルフレッド・モリーナジェイソン・アイザックスマリア・ベロシガニー・ウィーバー他共演のサスペンス・アクション。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・シングルトン

製作総指揮
ジェレミー・ベル
アンソニー・カタガス
ガブリエル・メイソン
製作
ダグ・デイヴィソン
エレン・ゴールドスミス=ヴァイン
リー・ストルマン
ロイ・リー
ダン・ロートナー
脚本:ショーン・クリステンセン
撮影:ピーター・メンジースJr.
編集:ブルース・キャノン
音楽:エドワード・シェアマー

出演
ネイサン・ハーパー:テイラー・ロートナー
カレン・マーフィー:リリー・コリンズ
フランク・バートン:アルフレッド・モリーナ
ケヴィン・ハーパー:ジェイソン・アイザックス
マーラ・ハーパー:マリア・ベロ
ジェラルディン“ジェリ”ベネット博士:シガニー・ウィーバー
ニコラ・コズロフ:ミカエル・ニクヴィスト
マーティン・プライス:ダーモット・マローニー
ローナ・プライス:エリザベス・ローム
サンドラ・バーンズ:アントニーク・スミス
ギリー:デンゼル・ウィテカー

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2011年製作 106分
公開
北米:2011年9月23日
日本:2012年6月1日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $28,087,160
世界 $82,087,160


ストーリー ■
ピッツバーグ郊外。
平凡な高校生のネイサン・ハーパー(テイラー・ロートナー)は、両親ケヴィン(ジェイソン・アイザックス)とマーラ(マリア・ベロ)と暮らしていた。
ある日ネイサンは、惹かれ合う幼馴染みのカレン(リリー・コリンズ)と共に、授業の課題のため児童誘拐関連サイトを調べていた。
ネイサンは、自分の子供時代に似た少年を見つけ、成長した推定写真を見て驚いてしまう。
それは紛れもなく自分であり、母マーラから実の子でないことを知らされたネイサンは、その直後に両親を殺されてしまう。
カレンと共にその場を逃れたネイサンは、安全を保障するというCIA局員のバートン(アルフレッド・モリーナ)と、謎の男ニコラ・コズロフ(ミカエル・ニクヴィスト)一味に追われることになる。
悪夢を見るネイサンを診ていた精神科医ジェラルディン“ジェリ”ベネット博士(シガニー・ウィーバー)が、彼らを助けて逃亡に協力する。
ベネットはバートンの元部下であり、ネイサンを本当の両親に会わせようとするのだが・・・。


解説 評価 感想 ■

トワイイト・シリーズでブレイクした人気スター、テイラー・ロートナー主演の話題作であり、ジョン・シングルトンの軽快な演出もまずまずの作品。

内容よりも、実力派スター競演の豪華キャストは注目で、ティーンのアイドル的存在であるテイラー・ロートナーの活躍を際立たせるために、各人が控えめに演じている感じもする。

残念ながら評価は低く北米興行収入は約2800万ドルに留まり、海外では健闘して全世界で約8200万ドルとなった。

テイラー・ロートナーも、同年公開の「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」と会わせてラジー賞にノミネートされてしまった。

少年時代の空手世界チャンピオンの実力を発揮し、殺し屋達に立ち向かい奮闘する主人公を演ずるテイラー・ロートナー、彼と惹かれ合う幼馴染みで、プライベートでも交際中のフィル・コリンズの娘リリー・コリンズ、主人公の保護者でありながら、当初から怪しいCIA局員のアルフレッド・モリーナ、同じく局員だった、主人公の育ての親ジェイソン・アイザックスマリア・ベロ、元局員で、主人公の逃亡を助けるシガニー・ウィーバー、主人公を追う情報ブローカーのミカエル・ニクヴィスト、顔全体が登場しない工作員、主人公の実の父親ダーモット・マローニー、その妻役エリザベス・ローム、局員のアントニーク・スミス、主人公の友人デンゼル・ウィテカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022