4292 Movies

私は告白する I Confess (1953)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

1902年に上演されたポール・アンセルの舞台劇”Nos Deux Consciences”を基に製作された作品。
告白した内容を人には話せないという守秘義務に従い殺人事件についてを語れない神父の苦悩を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演モンゴメリー・クリフトアン・バクスターカール・マルデン他共演のドラマ。


ドラマ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作
アルフレッド・ヒッチコック

シドニー・バーンスタイン
原作:ポール・アンセル”Nos Deux Consciences”
脚本
ウィリアム・アーチボルド

ジョージ・タボリ
撮影:ロバート・バークス
編集:ルディ・フェア
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
マイケル・ローガン神父:モンゴメリー・クリフト

ルース・グランフォール:アン・バクスター
ラルー警視:カール・マルデン
オットー・ケラー:O・E・ハッセ
アルマ・ケラー:ドリー・ハス
ウィリー・ロバートソン検事:ブライアン・エイハーン
ピエール・グランフォール:ロジャー・ダン
ミレー神父:チャールズ・アンドレ
マーフィ:ジャドソン・プラット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1953年製作 94分
公開
北米:1953年3月22日
日本:1954年4月15日
製作費 $2,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カナダ
何者かに弁護士が殺され、カトリックの法衣を着た男がその場から逃げ去る。

法衣を脱いだ男は聖マリー教会の礼拝堂に向い、それに気づいた神父のマイケル・ローガン(モンゴメリー・クリフト)は、教会で働くドイツ人移民のオットー・ケラー(O・E・ハッセ)がその場にいたために話しかける。

自分や妻アルマ(ドリー・ハス)によくしてくれたローガンを裏切ってしまったと言うオットーは、告白したいと伝える。

懺悔室に入ったオットーは、パートタイムで庭師として働いていた弁護士ヴィレットの家で、彼を殺してしまったことを告白する。

金を盗みに行ったオットーはヴィレットに見つかり、警察を呼ばれそうになったために殺したことを話す。

その後、帰宅したオットーは、アルマにも事故ではあるがヴィレットを殺してしまったことを伝え、ローガンへの借金を返し楽な生活を送らせたかったためだと言って後悔し、絞首刑を恐れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映開始直後の約1分半、通りにある長い階段の上部の道を横切る男性がアルフレッド・ヒッチコック
遠景のショットではあるが彼だとはっきり分かる。

*(簡略ストー リー)
カナダ
聖マリー教会の神父マイケル・ローガンは、教会で働くドイツ人移民のオットーから、弁護士ヴィレットを殺害したことを告白される。
告白の内容は他人には話せないという神父の守秘義務があるため、ローガンはその内容の深刻さから悩む。
更に、犯人が神父である可能性が高まり、事件の夜に外出していたローガンは、ラルー警視に呼び出されて犯行を疑われる。
事件当夜、議員の妻ルースと会っていたローガンは、彼女との関係も話す訳にいかず、告白の件も語れないまま追い込まれる・・・。
__________

いきなり殺人事件で始まるもののサスペンスではなく、守秘義務を破れない神父の苦悩を描くドラマとなっている。

犯人は冒頭から明らかであり、警察は通常捜査の段階を踏むが、何も語れずに嫌疑がかかる神父の姿を見守るしかない観客は、重苦しい思いでクライマックスを迎えることになる。

更に、カトリックの聖職者の身でありながら、女性と密会しているようにしか思わせないところもポイントでり、殺人事件以外で緊張感を漂わせるという、アルフレッド・ヒッチコックの序盤の演出にも引き込まれる。

戦後のドイツ移民の苦しい立場や恵まれない生活が殺人事件に発展するという、当時の社会情況に言及する内容にも注目したい。

その後の作風を感じさせる、ディミトリ・ティオムキンの音楽が非常に印象的で、またファンには嬉しい。

辛い立場に追い込まれる神父を演ずるモンゴメリー・クリフトは、聖職者の身であることを受け入れながら生きる逞しさも感じる役柄を好演している。

主人公とは不釣り合いな女性に思える議員夫人アン・バクスターが過去を語るシーンは本作の一つの山であり、それ以後の彼女は別人のように見えてしまう演出も見事だ。

警察官としての義務を果たそうとする警視カール・マルデン、弁護士を殺した犯人O・E・ハッセ、夫の犯行と行動に心を痛めるその妻ドリー・ハス、検事ブライアン・エイハーン、ヒロインの夫である議員ロジャー・ダン、神父チャールズ・アンドレ、刑事ジャドソン・プラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020