4240 Movies

百万長者と結婚する方法 How to Marry a Millionaire (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

金が全てと考える大富豪と結婚することを目的にしたモデル達の奮闘を描く、製作、脚本ナナリー・ジョンソン、監督ジーン・ネグレスコ、主演ベティ・グレイブルマリリン・モンローローレン・バコール、三者三様の魅力を生かした、ウィリアム・パウエルデヴィッド・ウェインロリー・カルホーン他共演のラブ・コメディ。


コメディ

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest
ローレン・バコール / Lauren Bacall / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジーン・ネグレスコ
製作:ナナリー・ジョンソン
戯曲
ゾーイ・エイキンス

デイル・ユーンソン
キャサリン・アルバート

”The Greeks Had a Word for It”
脚本:ナナリー・ジョンソン

撮影:ジョゼフ・マクドナルド
編集:ルイス・R・レフラー
衣装デザイン
チャールズ・ルメア

トラヴィラ
音楽
アルフレッド・ニューマン

シリル・J・モックリッジ

出演
ロコ・デンプシー:ベティ・グレイブル

ポーラ・デベヴォア:マリリン・モンロー
シャッツェ・ペイジ:ローレン・バコール
J・D・ハンレー:ウィリアム・パウエル
フレディ・デンマーク:デヴィッド・ウェイン
エーベン:ロリー・カルホーン
トム・ブルックマン:キャメロン・ミッチェル
J・スチュアート・メリル:アレクサンダー・ダーシー
ウォルド・ブリュースター:フレッド・クラーク

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1953年製作 95分
公開
北米:1953年11月5日
日本:1954年3月17日
北米興行収入 $7,500,000


アカデミー賞 ■
第26回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
モデルのシャッツェ・ペイジ(ローレン・バコール)は、家主が留守中の高級アパートの賃貸契約をして、友人ポーラ・デベヴォア(マリリン・モンロー)を呼び寄せる。

ポーラは、雑誌の表紙を飾ったこともある、友人でモデルのロコ・デンプシー(ベティ・グレイブル)に連絡を入れて、シャッツェが気乗りしないまま、彼女も同居させようとする。

ロコが、25セントしか持っていないことを聞いたシャッツェは驚くが、彼女は現金を忘れたと言って、スーパーで知り合ったトム・ブルックマン(キャメロン・ミッチェル)に食料品を買ってもらい、アパートに同伴する。

シャッツィは、ネクタイもしていないトムを見て彼を追い払い、紳士とだけしか付き合わないようにとロコに忠告する。

しかし、実はトムは、マンハッタンにビルを所有する大会社の社長だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

モデルのシャッツェ・ペイジは、大富豪と結婚することを考え、まず高級アパートを借りて見栄を張る。
シャッツィは、モデル仲間のポーラ・デベヴォアとその友人のロコ・デンプシーとで、早速、その計画を実行する。
ロコが連れて来た青年トムを、身形で判断して追い払ったシャッツィだったが、その後は思うような展開にはならず焦り始める。
そんな時、ロコが大富豪ハンレーを伴って現われ、彼の知人が集うパーティーに招待される。
三人はそれぞれが、富豪の相手を見つけ、シャッツィは初老のハンレーが独身だと知り期待に胸膨らませる。
実は、大会社の社長だったトムは、その後も身分を隠してシャッツィを誘うが、無視され続ける。
ロコは、既婚者ブリュースターに山荘に招待され、そこで広大な森林地帯を保有していると思われる青年エーベンと惹かれ合うようになる。
ポーラも、謎の男性メリルと結婚することになるのだが・・・。
__________

元祖ピンナップ・ガールとして一世を風靡したベティ・グレイブル、いよいよ伝説になろうかという時期のマリリン・モンロー、そして、当時のハンフリー・ボガート夫人ローレン・バコールという、今観るととんでもない豪華競演を楽しめるだけでも満足できる作品。

2ヶ月前に公開されたばかりの、ハリウッド初のシネマスコープ作品「聖衣」(1953)に次ぐ作品で、ワイド画面を惜しみなく使う、三人の美女を捉えるショットやマンハッタンの風景、または広大な森林地帯の数々など、見所の多い作品でもある。

シネマスコープの映像の迫力を見せる、冒頭のオーケストラ演奏の迫力も圧巻だ。

第26回アカデミー賞では、衣装デザイン賞(カラー)にノミネートされた。

今ではマリリン・モンローの作品のように言われるが、当時のキャリア的に言うとベティ・グレイブルがトップである。
しかし、ドラマの牽引者として、まだ20代にも拘らず貫禄すら感じるローレン・バコールの、洗練された美しさが際立っている。

後年、”マリリン・モンローの魅力に支えられた”などと言われるのは宣伝文句で、それを真に受けて観ると、やや物足りない感じだ。
彼女の真の”魅力”は、この後の数年間と言っていいだろう。

思慮深い大富豪ウィリアム・パウエル、アパートの主デヴィッド・ウェイン、森林警備隊員のナイスガイ、ロリー・カルホーン、プレイボーイ風ではあるが、男らしさもある大会社社長キャメロン・ミッチェル、謎の富豪?アレクサンダー・ダーシー、同じく富豪のフレッド・クラークなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020