4504 Movies

ハニーボーイ Honey Boy (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アルコール依存症で施設に入った映画スターが子供時代の父との関係を思いだしながら人生を見つめ直す姿を描く、製作、監督アルマ・ハレル、脚本、主演シャイア・ラブーフルーカス・ヘッジズノア・ジュープFKAツイッグス他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:アルマ・ハレル
製作
アニタ・ゴウ
アルマ・ハレル
クリストファー・レゲット
ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
ダニエラ・タップリン・ランドバーグ
製作総指揮
ビル・ベネンソン
フレッド・バーガー
ダニエル・クラウン
ラファエル・マルモー
脚本:シャイア・ラブーフ
撮影:ナターシャ・ブライエ
編集
ドミニク・ラペリエール
モニカ・サラザー
音楽:アレックス・ソマーズ

出演
ジェームズ・ロート:シャイア・ラブーフ
オーティス・ロート(22歳):ルーカス・ヘッジズ
オーティス・ロート(12歳):ノア・ジュープ
シャイガール:FKAツイッグス
サンドラ:マイカ・モンロー
ロート夫人:ナターシャ・リオン
アレック:マーティン・スター
パーシー:バイロン・バワーズ
モレノ博士:ローラ・サン・ジャコモ
トム:クリフトン・コリンズJr.

アメリカ 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2019年製作 94分
公開
北米:2019年11月8日
日本:2020年8月7日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $3,012,620
世界 $3,400,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2005年。
映画スターのオーティス・ロート(ルーカス・ヘッジズ)は、アルコール依存症に苦しんでいた。

酔って事故を起こしたオーティスは警察と口論の末にトラブルになり逮捕され、リハビリ施設に入ることになる。

オーティスは、カウンセラーのモレノ博士(ローラ・サン・ジャコモ)から、症状が改善されないまま逃げた場合は、裁判所が凶悪犯として判断して4年間刑務所に送るだろうと言われ、”PTSD/心的外傷後ストレス障害”と診断される。

それを否定するオーティスだったが、モレノは、彼に自分の過去を見つめ直す療法を勧める。

1995年、ロサンゼルス
オーティス(ノア・ジュープ)は子役として活躍し、撮影現場には元ロデオ・クラウンの父ジェームズ(シャイア・ラブーフ)が付き添い、息子の世話をしていた。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
2005年。
映画スターのオーティス・ロートはアルコール依存症で苦しみ、事故を起こして逮捕され、リハビリ施設に入る。
モレノ博士から”PTSD/心的外傷後ストレス障害”と診断され、セラピーを受けたオーティスは、過去を見つめ直す療法を勧められる。
オーティスは、躁状態で攻撃的な元ロデオ・クラウンのジャームズを付き人にして、モーテル暮らしをしながら子役を続けていた過去を思いだすのだが・・・。
__________

ミュージック・ビデオの製作などを手掛けていたアルマ・ハレルが、製作を兼ねて監督した長編映画デビュー作品。

本作は、主演を務めるシャイア・ラブーフの自伝的な作品であり、脚本も担当している。
彼がアルコール依存症のリハビリを受け、そのプログラムの中で脚本が執筆された。
当初は映画化するつもりはなかったが、その内容に感銘を受けたアルマ・ハレルの勧めで映画化が実現した。
過去の傷を癒す結果となったシャイア・ラブーフの、今後の活動に注目したい。

若くして成功したシャイア・ラブーフが、様々なトラブルを起こしながら活動を続ける背景にあった、父親との関係など実体験を基にした作品であり、その赤裸々に描かれた内容は話題になり、また各方面で好評価を得た。

アルコール依存症に苦しむ映画スターで、リハビリを受けながら過去を振り返り人生を見つめ直すルーカス・ヘッジズ、その少年期を見事に演ずるノア・ジュープ、彼と親交を深める主人公が暮らすモーテルの住人FKAツイッグス、主人公の妻ナターシャ・リオン、リハビリ施設のセラピスト役マーティン・スター、オーティス(ルーカス・ヘッジズ)のルームメイト役バイロン・バワーズ、オーティスの治療を行うローラ・サン・ジャコモ、少年時代のオーティスを可愛がるクリフトン・コリンズJr.マイカ・モンローなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021