4130 Movies

青年 Hemingway’s Adventures of a Young Man (1962)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーネスト・ヘミングウェイ原作の、”ニック・アダムス”を主人公にした短編10本を基に製作された作品。
家出をした人生経験の少ない青年が、様々な人との出会いや戦争を体験しながら成長していく姿を描く、監督マーティン・リット、主演チャード・ベイマーダイアン・ベイカーポール・ニューマンイーライ・ウォラックスーザン・ストラスバーグ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・リット
製作:ジェリー・ウォルド
原作:アーネスト・ヘミングウェイ
脚本:A・E・ホッチナー
撮影:リー・ガームス
編集:ヒュー・S・ファウラー
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
ニコラス”ニック”アダムズ:リチャード・ベイマー

キャロリン:ダイアン・ベイカー
ヘンリー・アダムズ医師:アーサー・ケネディ
ヘレン・アダムズ:ジェシカ・タンディ
伯爵夫人:コリンヌ・カルヴェ
ビリー・ターナー:フレッド・クラーク
ビリー・キャンベル:ダン・デイリー
電信技手:ジェームズ・ダン
アド・フランシス:ポール・ニューマン
バグス:ホアン・エルナンデス
ジョヴァンニ”ジョン”ブラッチャ:イーライ・ウォラック
パドュラ少佐:リカルド・モンタルバン
ロザンナ・グリフィ:スーザン・ストラスバーグ
ジョー・ボルトン:サイモン・オークランド
ジョージ:マイケル・J・ポラード
制動手:エドワード・ビンズ
バーレスク・クイーン:シャロン・テート

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1962年製作 145分
公開
北米:1962年7月25日
日本:1962年9月22日
製作費 $4,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ミシガン州、サイデス。
湖畔に住む19歳のニコラス”ニック”アダムズ(リチャード・ベイマー)は、医師である父ヘンリー(アーサー・ケネディ)と共にボートで流木を運ぶ。

そこに現れたジョー・ボルトン(サイモン・オークランド)に、流木には所有者がいるとヘンリーは言われ、気分を害する。

自宅に戻ったヘンリーは、ジョーとの喧嘩の原因を知りたがる妻ヘレン(ジェシカ・タンディ)に、肺炎だったの妻の治療費を払いたくないためだと答える。

その後、教育熱心なヘレンは、カモ猟に行きたがるニックに、ヴィオラのレッスンを強要する。

二人の間に入ったヘンリーは、1時間レッスンをして、その後に猟に行く提案をしてニックを納得させる。

次の土曜日、恋人キャロリン(ダイアン・ベイカー)に会ったニックは、何もかもが面白くないことを伝えて、彼女に恋をしたくないのか問われても明確な答えを返せない。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ミシガン州、サイデス。
湖畔で暮らす19歳の青年ニコラス”ニック”アダムズは、両親からの愛は受けているものの、もどかしい日々を過ごし、友人と家出を決心する。
友人は、宿もない生活に耐え切れず町に戻るが、ニックは旅を続ける。
その後ニックは、様々な人々と出会いながら、記者になる希望を抱きニューヨークで暮らし始める。
しかし、経験不足を指摘されたニックは、一旦はそれに挫折し、第一次大戦で苦戦するイタリアの、陸軍の救急班に志願する。
ニックは、従卒ジョンと共に医療活動を続け、戦場で上官のパドュラ少佐の命を救う。
その後、爆撃で重傷を負ってしまったニックは、陸軍病院に運ばれるものの、心を閉ざしてしまう。
ニックは、赤十字の看護師ロザンナの献身的な看護を受けて回復し、やがて二人は愛し合うようになるのだが・・・。
__________

人生を知らない青年が、大人の気持ちを理解できないまま世界に飛び出し、様々な困難や人々との出会い、そして、悲惨な戦争を体験しながら成長していく姿を描くドラマは、当然ではあるが、多くの場面で、原作者アーネスト・ヘミングウェイの体験をベースにしている。

人間の成長のみならず、アメリカ社会における様々な問題や戦争の”矛盾”などを、監督マーティン・リットが鋭い視点で描く、社会派ドラマとも言える作品。

主人公が旅の途中で出会う多彩な人物達を、多くの名優などが演じているところも注目だ。

前年の「ウエスト・サイド物語」(1961)で一躍脚光を浴びたリチャード・ベイマーは、それを上回る熱演を見せ、苦悩する主人公を見事に演じている。

主人公の父アーサー・ケネディ、母ジェシカ・タンディ、主人公の恋人ダイアン・ベイカーイタリア支援を訴える伯爵夫人役のコリンヌ・カルヴェ、巡業主フレッド・クラーク、その宣伝係ダン・デイリー、電信技手のジェームズ・ダン、元ボクシング選手ポール・ニューマン、その相棒ホアン・エルナンデス、主人公の戦友役イーライ・ウォラック、上官役のリカルド・モンタルバン、主人公と愛し合う看護師役のスーザン・ストラスバーグ、主人公の隣人役サイモン・オークランド、友人のマイケル・J・ポラード、列車の制動手エドワード・ビンズ、バーレスク・クイーンのシャロン・テートなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020