4452 Movies

ヘルボーイ Hellboy (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ダークホースコミックスに1994年から登場する人気シリーズを映画化した「ヘルボーイ」(2004)シリーズのリブート作品。
地球を滅ぼすことを企む魔女の復活を阻止しようとするBRPD/超常現象調査防衛局捜査官の戦いを描く、監督ニール・マーシャル、主演デヴィッド・ハーバーミラ・ジョヴォヴィッチイアン・マクシェーンサッシャ・レイン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ニール・マーシャル
製作
マシュー・オトゥール
レス・ウェルドン
ヤリフ・ラーナー
フィリップ・ウェストグレン
カール・ハンプ
ローレンス・ゴードン
ロイド・レヴィン
マイク・リチャードソン
製作総指揮
ラティ・グロブマン
クリスタ・キャンベル
ジェフリー・グリーンスタイン
アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ジョン・トンプソン
マイク・ミニョーラ
マーク・ヘルウィグ
原作:マイク・ミニョーラヘルボーイ
脚本:アンドリュー・コスビー
撮影:ロレンツォ・セナトーレ
編集:マーティン・バーンフェルド
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ

出演
ヘルボーイ:デヴィッド・ハーバー
ヴィヴィアン・ニムエ/ブラッドクイーン:ミラ・ジョヴォヴィッチ
トレヴァー”ブルーム”ブルッテンホルム教授:イアン・マクシェーン
アリス・モナハン:サッシャ・レイン
ベン・ダイミョウ少佐:ダニエル・デイ・キム
グルアガッハ:スティーブン・グレアム(声)
レディ・エリザベス・ハットン:ソフィー・オコネドー
アダム・グラレン卿:アリスター・ペトリ
マーリン:ブライアン・グリーソン
ガネイダ:ペネロペ・ミッチェル
アーサー王:マーク・スタンリー
ロブスター・ジョンソン:トーマス・ヘイデン・チャーチ
バーバ・ヤーガ:エマ・テイト(声)

アメリカ 映画
配給
Lionsgate
Millennium Media
2019年製作 121分
公開
北米:2019年4月12日
日本:2019年9月27日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $21,903,750
世界 $55,065,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
西暦517年、イングランドペンドル・ヒル
人間と魔物との戦いが続く暗黒の時代、邪悪な血の女王ヴィヴィアン・ニムエ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は疫病を撒き散らした。

現われたアーサー王マーク・スタンリー)と魔術師マーリンブライアン・グリーソン)は、ニムエの腹心である魔女ガネイダ(ペネロペ・ミッチェル)と手を組み女王の暗殺を謀る。

ニムエは疫病を放つものの、アーサー王は”エクスカリバー”で彼女を切り刻む。

それでも死なないニムエを、別々の棺に納めて封印したアーサー王は、騎士たちに地の果てに葬るよう指示した。
__________

現代、メキシコティフアナ
BRPD/超常現象調査防衛局エージェントのヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)は、養父であるリーダーのトレヴァー”ブルーム”ブルッテンホルム教授(イアン・マクシェーン)から、同僚のエステバン・ルイズを捜すよう指示されていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ヘルボーイ」(2004)
・「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(2008)
・「ヘルボーイ」(2019)

*(簡略ストー リー)
BRPD/超常現象調査防衛局捜査官ヘルボーイは、リーダーである養父のブルッテンホルム教授から、イングランドのオカルト組織”オシリス・クラブ”から3人の巨人退治の依頼を受けたことを知らされ現地に向かう。
6世紀にアーサー王によって滅ぼされた血の女王ニムエは復活し、魔物であるヘルボーイと手を組み、世界を滅ぼすことを考えるのだが・・・。
__________

ダークホースコミックスに登場する人気シリーズを映画化した「ヘルボーイ」(2004)シリーズのリブート作品

地球を滅ぼすことを企む魔女の復活を阻止しようとする、BRPD/超常現象調査防衛局捜査官ヘルボーイの戦いを描くアクション。

前二作の監督と脚本を担当したギレルモ・デル・トロは降板し、最近ではテレビ界でも活躍するニール・マーシャルが監督した作品。

人気シリーズのリブート作品で、主人公は同じヘルボーイであるために期待された作品だが、ギレルモ・デル・トロの独特の世界観と映像感覚でヒットした前二作の雰囲気には遠く及ばない内容は批評家に酷評され、興行的にも失敗した作品。

前二作で主人公のヘルボーイを豪快に演じたロン・パールマンの降板の影響も大きく、全身メイクなので問題ないと思われたデヴィッド・ハーバーは熱演するものの、やや期待外れだったのは残念だ。

世界を絶滅させようとする復活する血の女王ミラ・ジョヴォヴィッチ、主人公の養父であるBRPD/超常現象調査防衛局のリーダー、ブルッテンホルム教授のイアン・マクシェーン、主人公に協力する霊媒師アリス・モナハンのサッシャ・レイン、BRPD特殊部隊長ダイミョウ少佐のダニエル・デイ・キム、豚のような妖精グルアガッハのスティーブン・グレアム(声)、オカルト組織の一員ソフィー・オコネドーアリスター・ペトリアーサー王マーク・スタンリー、魔術師マーリンブライアン・グリーソン、血の女王ニムエ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を裏切る魔女ペネロペ・ミッチェル、ナチ・ハンターのトーマス・ヘイデン・チャーチ、魔女バーバ・ヤーガのエマ・テイト(声)などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021