4237 Movies

ハリー・ポッターと謎のプリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1997年から出版されている、J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズ第6巻(2005)の映画化。
監督デヴィッド・イェーツ、主演ダニエル・ラドクリフルパート・グリントエマ・ワトソントム・フェルトンマギー・スミスマイケル・ガンボンロビー・コルトレーンアラン・リックマンヘレナ・ボナム=カーターブレンダン・グリーソン他共演。


ファンタジー

エマ・ワトソン / Emma Watson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・イェーツ
製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
製作
デヴィッド・ハイマン

デヴィッド・バロン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーブ・クローブス
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:マーク・デイ
音楽
ニコラス・フーパー

ジョン・ウィリアムズ(主題曲)

出演
ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン
セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
ベラトリックス・レストレンジ:ヘレナ・ボナム=カーター
ホラス・スラグホーン:ジム・ブロードベント
ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
フィリウス・フリットウィック:ワーウィック・デイヴィス
リーマス・ルーピン:デヴィッド・シューリス
ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
アーガス・フィルチ:デイビッド・ブラッドリー
ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン
ルーナ・ラブグッド:イヴァナ・リンチ
ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス
ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト
チョウ・チャン:ケイティ・リューング
フレッド・ウィーズリー:ジェームズ・フェルプス
ジョージ・ウィーズリー:オリバー・フェルプス
アーサー・ウィーズリー:マーク・ウィリアムズ
モリー・ウィーズリー:ジュリー・ウォルターズ
ニンファドーラ・トンクス:ナタリア・テナ
ワームテール:ティモシー・スポール
ナルシッサ・マルフォイ:ヘレン・マックロリー
トム・マールヴォロ・リドル/11歳:ヒーロー・ファインズ・ティフィン
トム・マールヴォロ・リドル/16歳:フランク・ディラン
ラベンダー・ブラウン:ジェシー・ケーブ
ケイティ・ベル:ジョージナ・レオニダス
フェンリール・グレイバック:デイヴ・レジェノ

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2009年製作 153分
公開
イギリス:2009年7月15日
北米:2009年7月15日
日本:2009年7月15日
製作費 $250,000,000
北米興行収入 $301,959,200
世界 $933,959,200


アカデミー賞 ■
第82回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
闇の魔法使いヴォルデモートに忠誠を誓う三人の”死喰い人”がダイアゴン横丁を襲い、杖専門店のオリバンダーを誘拐し、”ミレニアム・ブリッジ”を破壊する。

マグルで起きる事件などの、新聞記事を見ていたハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、ホグワーツ魔法魔術学校長で恩師のアルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)の姿を目にし彼に近づく。

ダンブルドアは、ハリーを元同僚の魔法使いホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)の元に連れて行く。

ダンブルドアはスラグホーンにホグワーツ校への復職を要請する。

それを渋るスラグホーンだったが、有名なハリーなどに興味を持った彼は、復職を受けることをダンブルドアに告げる。

ハリーは新学期の準備のために、親友ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)とハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)の元に向かう。

ホグワーツ校の教師であり、ヴォルデモートに従うセブルス・スネイプ(アラン・リックマン)の元に、魔女のベラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)とハリー達の同窓ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)の母ナルシッサ(ヘレン・マックロリー)が現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
ハリー・ポッターと賢者の石」 (2001/$974,733,550)
・「
ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002/$878,643,482)
・「
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 (2004/$795,634,070)
・「
ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005/$895,921,036)
・「
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007/$938,212,738)
・「
ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (2009/$933,959,197)
・「
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 (2010/$955,001,070)
・「
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(2011/$1,328,111,219)
*()内は全世界の興行収入

*(簡略ストー リー)
闇の帝王ヴォルデモートの人間界への影響も強まり、その脅威を絶つためにホグワーツ校校長ダンブルドアは、かつてヴォルデモート/トム・リドルを教えた元同僚スラグホーンを復職させる。
その後ダンブルドアは、ハリー・ポッターに、スラグホーンの知る記憶を探らせようとする。
ハリーは”半純血のプリンス”と記された本を頼りに、様々な妨害に遭いながら、鍵となる”分霊箱”という魔法の道具を探し当てるのだが・・・。
__________

前作より1億ドルも増えた製作費で、更に充実したセットや、CGを駆使した見事な映像も素晴らしい、ファンタジー・アドベンチャーの超大作。
興行収入は、全世界で9億ドルを超す大ヒットになった。

製作費 $250,000,000
北米興行収入 $301,959,200
世界 $933,959,200

第82回アカデミー賞では、撮影賞にノミネートされた。

監督は前作に続きデヴィッド・イェーツで、子供達の成長と共に、主人公達の恋愛問題も大きなテーマとなり、大人向け映画としても見応え十分。
その芸術的な映像センスやセリフの表現など、上映時間の長さからしても、小さな子供達が鑑賞に耐えられるのかなど疑問にも思う。

初期作品ほど活躍しないので、意識的なのかは不明だが、ハグリッドの背が低くなったような感じがするのは、子供達が成長したせいなのか、または前記のように目立ち過ぎないよう、意図的に体格を小さくしたのかなど、様々な興味も沸く。

お馴染みのメインキャストに加えて、ジム・ブロードベントが、物語の鍵を握る復職する教授役として登場し活躍する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020