4234 Movies

ハリー・ポッターと秘密の部屋 Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年から出版されている、J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズ第2巻(1998)の映画化。
製作、監督クリス・コロンバス、主演ダニエル・ラドクリフルパート・グリントエマ・ワトソントム・フェルトンリチャード・ハリスマギー・スミスケネス・ブラナーロビー・コルトレーンアラン・リックマン他共演。


ファンタジー

エマ・ワトソン / Emma Watson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・コロンバス
製作:デヴィッド・ハイマン
製作総指揮
クリス・コロンバス

マーク・ラドクリフ
デヴィッド・バロン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーブ・クローブス
美術
スチュアート・クレイグ

ステファニー・マクミラン
撮影:ロジャー・プラット
編集:ピーター・ホーネス
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ

ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン
アルバス・ダンブルドア:リチャード・ハリス
ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
ギルデロイ・ロックハート:ケネス・ブラナー
ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
ドビー:トビー・ジョーンズ
ルシウス・マルフォイ:ジェイソン・アイザックス
ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス
オリバー・ウッド:ショーン・ビガースタッフ
パーシー・ウィーズリー:クリス・ランキン
フレッド・ウィーズリー:ジェームズ・フェルプス
ジョージ・ウィーズリー:オリバー・フェルプス
ビンセント・クラッブ:ジェイミー・ウェイレット
グレゴリー・ゴイル:ジョシュア・ハードマン
モリー・ウィーズリー:ジュリー・ウォルターズ
ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト
アーサー・ウィーズリーマーク・ウィリアムズ
フィリウス・フリットウィック:ワーウィック・デイヴィス
ポモーナ・スプラウト:ミリアム・マーゴリーズ
マダム・ポンフリー:ジェンマ・ジョーンズ
マダム・ピンス:サリー・モルトモア
コーネリウス・ファッジ:ロバート・ハーディ
アーガス・フィルチ:デイビッド・ブラッドリー
バーノン・ダーズリー:リチャード・グリフィス
ペチュニア・ダーズリー:フィオナ・ショウ
ダドリー・ダーズリー:ハリー・メリング
トム・マールヴォロ・リドル:クリスチャン・コールソン
アラゴグ:ジュリアン・グローヴァー
組み分け帽子:レスリー・フィリップス
嘆きのマートル:シャーリー・ヘンダーソン
ほとんど首なしニック:ジョン・クリーズ

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2002年製作 161分
公開
イギリス:2002年11月15日
北米:2002年11月15日
日本:2002年11月23日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $261,970,620
世界 $876,688,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドンのプリヴェット通り。
ホグワーツ魔法魔術学校の夏休み中、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、気が進まないものの、仕方なくダーズリー家に帰省していた。

相変わらず意地の悪い、おじバーノン(リチャード・グリフィス)、おばペチュニア(フィオナ・ショウ)、そして息子ダドリー(ハリー・メリング)の、嫌味や仕打ちに耐えながら、ハリーは虐げられた毎日を送っていた。

ある日ハリーの部屋に、”屋敷しもべ”の妖精ドビー(トビー・ジョーンズ)が現れる。

ドビーは、優しい魔法使いハリーの親切に感激するが、次の学期にホグワーツに戻らないようにハリーに警告する。

学校に、恐ろしい罠が仕掛けられているということだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
ハリー・ポッターと賢者の石」 (2001/$974,733,550)
・「
ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002/$878,643,482)
・「
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 (2004/$795,634,070)
・「
ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005/$895,921,036)
・「
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007/$938,212,738)
・「
ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (2009/$933,959,197)
・「
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 (2010/$955,001,070)
・「
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(2011/$1,328,111,219)
*()内は全世界の興行収入

*(簡略ストー リー)
ハリー・ポッターは、気が進まないままに夏休みをおじおばのダーズリー家で過ごすことになる。
そんなハリーの前に、妖精のドビーが現れ、ホグワーツ魔法魔術学校に戻らないよう警告する。
しかし、ハリーはロンらと共にホグワーツに戻り新年度が始まる。
やがて、ホグワーツでは怪事件が続けざまに起きる。
そして、ハリーは校内で不気味な声を聞き、”秘密の部屋が開かれた、継承者の敵よ、心せよ”という血文字を、ロンとハーマイオニーとで見つけるのだが・・・。
__________

前作から、1億ドルほど興行収入は減るものの、全世界で約8億8000万ドルを記録する大ヒット作品。

製作費 $100,000,000
北米興行収入 $261,970,620
世界 $876,688,480

一作目の翌年の公開ではあるが、子供達の成長は早く、役者としては各々が相変わらずやや素人っぽいのだが、子供達の健気な姿が好感を持てる楽しい作品に仕上がっている。

前作のメイン・キャストなどに加え、新たに登場するキャラクターや小道具の数々も凝っていて、見せ場も多く、2時間40分強の長編に、子供達が飽きることもなく、また大人も十分楽しめる作品。

若干セリフもたどたどしい子供達だが、今回も多くのベテラン、名優達の重厚な演技、見事なセットなどが物語を引き締めている。

また、新キャラクターとして、キザな魔法使いでペテン師役のケネス・ブラナーや、憎たらしいことこの上ないマルフォイ(T・フェルトン)の父ジェイソン・アイザックス、”屋敷しもべ”トビー・ジョーンズ(声)などの登場も興味深く、前作を見ていなくても十分に楽しめる。

感情むき出しの空飛ぶオンボロ・カー”フォード・アングリア”の”仕草”も実に可愛らしい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020