4239 Movies

ハンニバル Hannibal (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1999年に発表された、トマス・ハリス同名小説の映画化で、1991年公開の「羊たちの沈黙」の続編。
監督リドリー・スコット、主演アンソニー・ホプキンスジュリアン・ムーアゲイリー・オールドマンレイ・リオッタジャンカルロ・ジャンニーニ共演のサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest
ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:ブランコ・ラスティグ
製作
ディノ・デ・ラウレンティス

マーサ・デ・ラウレンティス
原作:トマス・ハリス
脚本
デヴィッド・マメット

スティーヴン・ザイリアン
撮影:ジョン・マシソン
編集:ピエトロ・スカラ
音楽:ハンス・ジマー

出演
アンソニー・ホプキンス:ハンニバル・レクター
ジュリアン・ムーア:クラリス・スターリング捜査官
ゲイリー・オールドマン:メイスン・ヴァージャー
レイ・リオッタ:ポール・クレンドラー
ジャンカルロ・ジャンニーニ:リカルド・パッツィ
デヴィッド・アンドリュース:パーソール捜査官
フランチェスカ・ネリ:アレグラ・パッツィ
ジェリコ・イヴァネク:コーデル・ドゥームリング医師
フランキー・R・フェイソン:バーニー

アメリカ/イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
MGM
2001年製作 131分
公開
北米:2001年2月9日
日本:2001年4月7日
製作費 $87,000,000
北米興行収入 $165,091,460
世界 $351,692,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
殺人鬼ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)の魔の手を逃れた、大富豪メイスン・ ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)は、 レクターが収監されている施設の看護師バーニー(フランキー・R・フェイソン)を屋敷に呼び寄せ情報を得る。

FBI特別捜査官クラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)は、DEA(麻薬取締局)やATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)と協力して、麻薬密売人の女を追い詰める。

激しい銃撃戦の末、指揮を執っていたスターリングは、子供を抱いていた女を射殺する。

多数の犠牲者を出したことで、スターリングは、遺族やFBI内部、そしてメディアから激しい非難を浴びる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考(映画)
・「
羊たちの沈黙」(1991)
・「ハンニバル
」(2001)
・「レッド・ドラゴン
」(2002)
・「ハンニバル・ライジング
」(2007)

*(簡略ストー リー)
殺人鬼ハンニバル・レクターに命を狙われたものの、それを逃れた大富豪ヴァージャーは、かつてレクターの助けで、猟奇殺人を解決したFBI捜査官のクラリス・スターリングに彼の情報を流す。
フィレンツェに潜伏していたレクターは、地元警察のパッツィに正体を知られてしまう。
スターリングは、パッツィがレクターを見つけたことを知り彼に警告する。
しかし、報奨金目当てのパッツィの企みを知ったレクターは、彼を公衆の面前で殺害する。
そしてレクターは、ヴァージャーらを抹殺して、スターリングと対面するためにアメリカに向かう・・・。
__________

前作で主演したジョディ・フォスターは、あまりにも過激な内容のために役を降り、代わってジュリアン・ムーアが主役を演じた。

原作と映画では結末が大きく異なるのだが、レクターとスターリングが、お互い助あったりもするところが興味深い。

ラストでレクターが逃亡する際、スターリングではなく、自分の手首を切断して逃亡するあたりは、亡くなった妹を彼女に投影し癒される、原作にあるレクターの思いやりを、過激な描写で表現している。

グロテスクな場面が非常に多い作品で、一般受けするかとの不安があったのだが、1作目を遥かに上回る興行成績を記録し、全世界で約3億5000万ドルを超す大ヒットとなった。

北米興行収入 $165,091,464

リドリー・スコットの、切れ味鋭く無駄のない演出も冴え渡り、用意周到な主人公レクターの行動など、実に小気味好く描かれている。

ハンス・ジマーの音楽も、レクターと作品自体の優雅さを際立たせる。

今回は拘束の身ではなく、街中を伸び伸びと闊歩するレクター博士を演ずるアンソニー・ホプキンスは、前作とは違う雰囲気を漂わせ、スターリングを守り、天敵を手際よく”料理”していく、正に職人芸とも言える演技を見せてくれる。

ジョディ・フォスターの代役であったジュリアン・ムーアも、さすがに実力派だけあり、理知的なFBI捜査官を熱演している。

レクターの犠牲者にして唯一の生存者、復讐に燃える大富豪ゲイリー・オールドマン、野心家がたたりレクターの餌食になるレイ・リオッタ、欲を見せてレクターの犠牲者となる、名門出身の警部役ジャンカルロ・ジャンニーニ、その妻のフランチェスカ・ネリ、スターリング(J・ムーア)の上司デヴィッド・アンドリュース、ヴァージャー(G・オールドマン)の主治医役ジェリコ・イヴァネク、施設の看護師、前作と次回作「レッド・ドラゴン」(2002)にも登場するフランキー・R・フェイソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020