4501 Movies

ゲス・フー/招かれざる恋人 Guess Who (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1967年に公開された人種問題を描いた名作「招かれざる客」のリメイク。
最愛の娘の恋人が白人青年であることを知った父親が戸惑いながら巻き起こす騒動を描く、監督ケヴィン・ロドニー・サリヴァン、主演バーニー・マックアシュトン・カッチャーゾーイ・サルダナジュディス・スコット他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン

製作
アーウィン・ストフ
ジェイソン・ゴールドバーグ
デイヴィッド・ロン
製作総指揮
スティーブン・グリーナー
ジョセフ・M・カラチオロ
ジェンノ・トッピング
原作:ウィリアム・ローズ招かれざる客
原案
デヴィッド・ロン
ジェイ・シェリック
脚本
ジェイ・シェリック
ピーター・トーラン
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
編集:ポール・セイダー
音楽:ジョン・マーフィー

出演
パーシー・ジョーンズ:バーニー・マック
サイモン・グリーン:アシュトン・カッチャー
テレサ・ジョーンズ:ゾーイ・サルダナ
マリリン・ジョーンズ:ジュディス・スコット
ハワード・ジョーンズ:ハル・ウィリアムズ
ケイシャ・ジョーンズ:ケリー・スチュワート
ダンテ:ロバート・カーティス・ブラウン
フレッド:フィル・リーヴス
シドニー:シェリー・シェパード
リズ・クライン:ニコール・サリヴァン
ウィニー:ジョネル・ケネディ
マーカス:リチャード・ローソン
ネイサン・ロジャース:J・ケネス・キャンベル
レジー:ロンリーコ・リー
ジェリー・マクナマラ:デヴィッド・クラムホルツ
リサ:デニース・ダウス

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX(世界)
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
2005年製作 105分
公開
北米:2005年3月25日
日本:2005年9月24日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $68,915,890
世界 $101,866,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
銀行の融資担当責任者パーシー・ジョーンズ(バーニー・マック)は、銀婚式が迫る中、妻マリリン(ジュディス・スコット)に捧げる言葉が思いつかずに悩んでいた。

最愛の娘のテレサ(ゾーイ・サルダナ)が、恋人で証券会社の株式仲買人サイモン・グリーン(アシュトン・カッチャー)を銀婚式に連れて来ると言われていたパーシーは、調査の結果は申し分のない青年らしいということだったが、彼が白人とは知らなかった。

ニューヨーク
上司のネイサン・ロジャース(J・ケネス・キャンベル)と話したサイモンは、黒人女性との交際が仕事に影響すると言われて辞職してしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州。
銀行の融資担当責任者パーシー・ジョーンズは、妻マリリンとの銀婚式を控え、最愛の娘テレサが連れてくる恋人のサイモンのことが気になり調査する。
パーシーは、ニューヨークの大手証券会社で働くサイモンが優秀な青年であることが分かり安心するが、白人だとは知らなかった。
上司のネイサンに呼ばれたサイモンは、黒人女性との交際は仕事に影響すると言われたために辞職してしまう。
それをテレサに話さず、人種のことも気にしながら彼女の実家に向かったサイモンは、パーシーと対面する。
娘の恋人が白人だったために驚くパーシーは、サイモンを信用することができずに戸惑い、彼を監視し始めるのだが・・・。
__________

1967年に公開された、製作、監督スタンリー・クレイマー、主演スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンシドニー・ポワチエによる名作「招かれざる客」のリメイク。

とは言うものの、娘から人種の違う恋人を紹介された父親が戸惑う姿をヒントにしている程度であり、全く違う物語として描かれている。

本作は純粋なコメディであり、社会派のスタンリー・クレイマーが、現在より偏見の目が厳しかった時代背景の中で、人種問題を切実に描いた「招かれざる客」とは比較できない内容となっている。

人種の問題よりも、人間性などを重視する関係が描かれ、現代ではよくあるストーリーとも言える。
各キャラクターの個性を生かした、軽快なケヴィン・ロドニー・サリヴァンの演出が見所の作品であり、北米興行収入は約6900万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

最愛の娘の恋人が白人だったために戸惑う父親を熱演するバーニー・マック、彼に気を使い過ぎて騒ぎを大きくしてしまうアシュトン・カッチャー、人種のことなど気にしないその恋人ゾーイ・サルダナ、その母親ジュディス・スコット、その娘ケリー・スチュワート、その祖父ハル・ウィリアムズ、イベント・プランナーのロバート・カーティス・ブラウン、サイモン(アシュトン・カッチャー)の上司J・ケネス・キャンベル、同じくフィル・リーヴス、マリリン(ジュディス・スコット)の姉の友人シェリー・シェパードジョネル・ケネディデニース・ダウス、主人公の友人リチャード・ローソン、サイモンの友人ニコール・サリヴァン、主人公の部下ロンリーコ・リー、サイモンの同僚デヴィッド・クラムホルツなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021