4553 Movies

ビッグママ・ハウス Big Momma’s House (2000)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

強盗殺人犯を追うFBI捜査官が老婦人に変装して事件を解決するまでを描く、監督ラジャ・ゴズネル、製作総指揮、主演マーティン・ローレンスニア・ロングポール・ジアマッティテレンス・ハワード他共演のアクション・コメディであり、シリーズ化された第一作。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ラジャ・ゴズネル

製作
デヴィッド・T・フレンドリー
マイケル・グリーン
製作総指揮
ロドニー・ライバー
マーティン・ローレンス
ジェフ・クワティネッツ
アーノン・ミルチャン
原案:ダリル・クォールズ
脚本
ダリル・クォールズ
ドン・ライマー
撮影:マイケル・D・オシェイ
編集
ケント・バイダ
ブルース・グリーン
音楽:リチャード・ギブス

出演
マルコム・ターナー:マーティン・ローレンス
シェリー・ピアース:ニア・ロング
ジョン・マックスウェル:ポール・ジアマッティ
レスター・ヴェスコ:テレンス・ハワード
ノーラン:アンソニー・アンダーソン
トレント・ピアース:ジャッシャ・ワシントン
ハティ・メイ・ピアース/ビッグ・ママ:エラ・ミッチェル
ベン・ローリー:カール・ライト
サディ:フィリス・アップルゲイト
リナ:ニコール・プレスコット
トゥイラ:オクタヴィア・スペンサー
リタ:ティシーナ・アーノルド
牧師:セドリック・ジ・エンターテイナー
ジャド:ショーン・シボドー
バスケットボール少年:エドウィン・ホッジ
バスケットボール少年:オルディス・ホッジ
パターソン:スターレッタ・デュポワ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2000年製作 98分
公開
北米:2000年6月2日
日本:2001年2月17日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $117,559,440
世界 $173,959,440


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス、コリアン・タウン。
闘犬場に連れて来られたFBI捜査官のジョン・マックスウェル(ポール・ジアマッティ)は、韓国人に扮していた同僚のマルコム・ターナー(マーティン・ローレンス)に助けられる。

2年前に銀行を襲った強盗殺人犯のレスター・ヴェスコ(テレンス・ハワード)が刑務所から脱獄したことを知った恋人のシェリー・ピアース(ニア・ロング)は、息子のトレント(ジャッシャ・ワシントン)と共にアパートを去る。

レスターが刑務所の担当医を殺して逃走したことを知らされたマルコムとジョンは、銀行員だった恋人のシェリーが銀行強盗に加担し、200万ドルを持ち逃げした疑いがあることを確認する。

姿を消したシェリーを捜すことになったマルコムとジョンは、ジョージア州に住む彼女の祖母の家に向かい、監視することを命ぜられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ビッグママ・ハウス」(2000)
・「ビッグママ・ハウス2」(2006)
・「ビッグママ・ハウス3」(2011)

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
FBI捜査官のマルコム・ターナーは、銀行強盗で殺人犯のレスターが脱獄したため、同僚のジョンと共に捜査を始める。
レスターの恋人シェリーが息子と共に姿を消し、レスターが銀行から奪った現金を隠している可能性があり、マルコムとジョンは、彼女の祖母ビッグ・ママが住むジョージア州、カーターズヴィルに向かう。
ビッグ・ママの家の隣人となり監視するマルコムとジョンは、彼女が2週間留守することを知る。
ビッグ・ママの家に侵入したマルコムはシェリーからの電話に出て、ビッグ・ママに扮して彼女に歓迎すると伝える。
変装が得意なマルコムはビッグ・ママに扮し、久しぶりに会うシェリーに気づかれることなく、現金やレスターの情報を入手しようとするのだが、次第に彼女に惹かれてしまう・・・。
__________

人気コメディアンのマーティン・ローレンスFBI捜査官を演じ、得意な変装で犯人の関係者に近づき、騒動を起こしながら事件を解決するまでを描く爆笑コメディ。

ホーム・アローン」(1990)、「プリティ・ウーマン」(1990)、「ミセス・ダウト」(1993)などの大ヒット作の編集を担当したことで知られるラジャ・ゴズネルの監督作品で、主演のマーティン・ローレンスの個性を生かした軽快な演出が見所の作品。

北米興行収入は約1億1800万ドル、全世界では約1億7400万ドルのヒットとなりシリーズ化された。

FBI捜査官が、ある人物に変装する設定であり、一人の役者が他の人物も演ずるわけではないため、完璧過ぎないメイクが逆に効果的であり、粗が見えるシーンでユーモアを誘う演出などもいい。

主演のマーティン・ローレンスは、とてつもない存在感のキャラクター”ビッグ・ママ”に変装し、犯人の恋人である関係者に惹かれながら捜査をするFBI捜査官を熱演している。

主人公に監視される女性で恋も芽生えるニア・ロング、主人公と共に捜査をする同僚のポール・ジアマッティ、強盗殺人犯のテレンス・ハワード、主人公らに協力する警備員のアンソニー・アンダーソン、シェリー(ニア・ロング)の息子ジャッシャ・ワシントン、ビッグ・ママのエラ・ミッチェル、彼女に惹かれる老人のカール・ライト、ビッグ・ママの知人ニコール・プレスコット、オクタヴィア・スペンサーティシーナ・アーノルド、牧師のセドリック・ジ・エンターテイナー、銃の売人ショーン・シボドー、バスケットボール少年のエドウィン・ホッジオルディス・ホッジ、ビッグ・ママの隣人フィリス・アップルゲイト、スターレッタ・デュポワなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021