4297 Movies

グリース Grease (1978)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1971年初演の、ジム・ジェイコブズウォーレン・ケイシーによるミュージカル”グリース”を基に製作された作品。
夏の海で出会った高校生の男女、彼女の転校で新学期に再会した二人の恋の行方を描く、監督ランダル・クレイザー、主演ジョン・トラボルタオリヴィア・ニュートン=ジョンストッカード・チャニング他共演の学園ミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:ランダル・クレイザー
製作:ロバート・スティグウッド
原作
グリース”(ミュージカル)
ジム・ジェイコブズ

ウォーレン・ケイシー
脚本
ブロント・ウッダード

アラン・カー
撮影:ビル・バトラー
編集:ジョン・F・バーネット
音楽
バリー・ギブ

ジム・ジェイコブズ

出演
ダニー・ズーコ:ジョン・トラボルタ

サンディ・オルソン:オリヴィア・ニュートン=ジョン
ベティ・リッゾ:ストッカード・チャニング
ケニッキー:ジェフ・コナウェイ
ドゥーディ:バリー・パール
ソニー・ラティエッリ:マイケル・トゥッチ
ロジャー”プッツィー”:ケリー・ワード
フレンチー:ディディ・コーン
ジャン:ジェイミー・ドネリー
マーティ・マラシーノ:ダイナ・マノフ
レオ・バルムード:デニス・C・スチュアート
チャーリーン”チャチャ”ディグレゴリオ:アネット・チャールズ
マッギー校長:イヴ・アーデン
ティーン・エンジェル:フランキー・アヴァロン
ヴァイ:ジョーン・ブロンデル
ヴィンス・フォンテイン:エド・バーンズ

カルホーン:シド・シーザー
マードック:アリス・ゴーストリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1978年製作 110分
公開
北米:1978年6月16日
日本:1978年12月9日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $188,755,700
世界 $394,955,700


アカデミー賞 ■
第51回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1959年。
ダニー・ズーコ(ジョン・トラボルタ)とサンディ・オルソン(オリヴィア・ニュートン=ジョン)は、夏の海岸で出会う。

愛を語り合うようになった二人だったが、サンディはオーストラリアに帰るためダニーとは再会できないと考える。

しかし、ダニーはそれを否定して”これが始まりだ・・・”と答える。

ライデル高校。
新学期が始まり、グループの”T・バーズ”のリーダーであるダニーは、ケニッキー(ジェフ・コナウェイ)、ドゥーディ(バリー・パール)、ソニー・ラティエッリ(マイケル・トゥッチ)、ロジャー”プッツィー”(ケリー・ワード)らと共に行動する。

ダニーは、海で出会った子がいたと仲間達に話すのだが・・・。

オーストラリアには帰らず、ライデル校に転校してきたサンディは、フレンチー(ディディ・コーン)に親切にされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「グリース」(1978)
・「グリース2」(1982)

*(簡略ストー リー)
1959年。
高校生のダニー・ズーコとサンディ・オルソンは、夏の海で出会い愛を語る仲になる。
新学期、サンディはオーストラリアに帰国するはずだったが、何と彼女はダニーの高校に転校して来る。
サンディと再会したダニーは、”T・バーズ”というグループのリーダーだったため、仲間達の手前、粋がって見せる。
それを見たサンディは、別人のようなダニーに失望し彼を軽蔑する。
戸惑うダニーは、何とかサンディーとの仲を取り戻そうとするのだが・・・。
__________

半年前に公開された「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977)でブレイクしたジョン・トラボルタと、歌手として世界的な人気を得ていたオリヴィア・ニュートン=ジョンの共演が大いに話題になった。

実は、「サタデー・ナイト・フィーバー」と本作は撮影が同時期で重なっていたため、前作の成功を受けて本作が製作された訳ではないところに注目したい。

ジョン・トラボルタは、この両作によって一気に人気スターとなり、その後にどれだけの成功が待っているかその期待は高まった。
ところが、そのプレッシャーか、堅実に仕事は続けるものの1980年代は作品に恵まれない時期が続いた。
しかし、1990年代に入り「パルプ・フィクション」で復活し、彼はハリウッドの頂点を極めることになる。

苦しい時代があったと思われているジョン・トラボルタだが、「サタデー・ナイト・フィーバー」と本作の大成功により、自家用ジェットを所有するほど豊かな生活であった。

少々、年齢を感じさせる高校生を演じる役者達だが、実力のある若手の起用で、若さだけでなくエネルギッシュでパワフルなランダル・クレイザーの演出(デビュー作)は、画面から飛び出しそうな勢いのある映像と共に楽しいことこの上ない。

映画と共に大ヒットしたナンバーの数々、1950年代末の時代を感じさせるノスタルジックな内容はいつみても色あせることはない。

600万ドルで製作された本作なのだが、北米興行収入が約1億8900万ドル、全世界では約3億9500万ドルという、1970年代の中でトップクラスの驚異的な大ヒットとなった。
*「サタデー・ナイト・フィーバー」
北米:$94,213,180
全世界:$237,113,180

1982年に続編「グリース2」が公開された。

20代前半のジョン・トラボルタは、嫌みのない愛すべき不良という感じで愛嬌があり非常に魅力的で、6歳年上のオリヴィア・ニュートン=ジョンも実にキュートであり、クライマックスの大変身した彼女のセクシーさには心を奪われる・・・。

女生徒のグループ・リーダーを好演した、既に30代だったストッカード・チャニングの貫録さえ感じる役柄が気に入った方も多いはずだ。

彼女と結ばれるジェフ・コナウェイ、グループの仲間達バリー・パールマイケル・トゥッチケリー・ワード、女生徒グループのディディ・コーンジェイミー・ドネリーダイナ・マノフ、対抗グループのリーダー、デニス・C・スチュアート、その恋人アネット・チャールズ、続編「グリース2」(1982)が遺作となる校長役のイヴ・アーデン、幻想で登場する歌手のフランキー・アヴァロン、カフェのウエイトレス役で大ベテランのジョーン・ブロンデル、ダンス・コンテストの審査員エド・バーンズ、フットボール・コーチのシド・シーザー、教師アリス・ゴーストリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020