4311 Movies

マンハッタン恋愛セラピー Gray Matters (2006)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

仲がいい兄の結婚相手に恋してしまい自分がゲイだと分かった女性が、悩みながらも新たな人生をスタートさせるまでを描く、製作、監督、脚本スー・クレイマー、主演ヘザー・グレアムブリジット・モイナハントム・キャヴァナーモリー・シャノンアラン・カミングシシー・スペイセク他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:スー・クレイマー
製作
ボブ・ヤーリ
ジョン・J・ヘルマンセン
ジル・フットリック
スー・クレイマー
製作総指揮
アレクサンダー・ペイン
マーガレット・ライリー
ダイアン・ナバトフ
テッド・リーボヴィッツ
ジョーイ・リーヴィッツ
脚本:スー・クレイマー
撮影:ジョン・バートレイ
編集:ウェンディ・スタンツラー
音楽:アンドリュー・ホランダー

出演
グレイ・ボールドウィン:ヘザー・グレアム
チャーリー・ケルシー:ブリジット・モイナハン
サム・ボールドウィン:トム・キャヴァナー
キャリー:モリー・シャノン
ゴーディ:アラン・カミング
シドニー:シシー・スペイセク
ジュリア・バーレット:レイチェル・シェリー
ホアン:アレハンドロ・アベラン
コンラッド・スプリング:ドン・アッカーマン
ジョーダン・フィリップス:ビル・マンディ
トレヴァー・ブラウン:ウォーレン・クリスティー
ラナ・ヴァレンタイン:エイプリル・テレク
ハリー:キャンベル・レイン
イレーヌ:サマンサ・フェリス
ロベルト:ティム・ペレス
本人:グロリア・ゲイナー

アメリカ 映画
配給
ヤーリ・フィルム・グループ
フリースタイル・リリーシング
2006年製作 96分
公開
北米:2007年2月23日
日本:未公開
北米興行収入 $71,560
世界 $944,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
広告代理店勤務のグレイ・ボールドウィン(ヘザー・グレアム)は、研修医である兄サム(トム・キャヴァナー)と暮らしていた。

仲の良い二人は、恋人同士に間違われることもあった。

同僚のキャリー(モリー・シャノン)と共に新企画のプレゼンをしたグレイだったが、上司のジュリア・バーレット(レイチェル・シェリー)に満足してもらえなかった。

セラピストのシドニーとボウリングをしたグレイは、サム以外の男性と暮らすことを意識するようにと言われる。

セントラルパーク
サムと散歩をしていたグレイは、魅力的な女性チャーリー・ケルシー(ブリジット・モイナハン)に話しかけて、兄を紹介する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
広告代理店勤務のグレイ・ボールドウィンは、研修医である兄サムと暮らしていた。
恋人同士のように仲が良い二人は、ある日、公園を散歩する最中に、、動物学者である魅力的な女性チャーリーを見かける。
グレイに促され、チャーリーに話しかけて食事に誘ったサムは、その夜にプロポーズして週末にラスベガスで結婚することを決めてしまう。
驚いたグレイは、動揺しながら二人と共にラスベガスに向かい、結婚式の前夜をチャーリーと共に過ごす。
ショーを見に行き泥酔したチャーリーとホテルに戻ったグレイは、彼女にキスしてしまい、自分がゲイであり、チャーリーに恋してしまったこと気づき動揺する・・・。
__________

仲の良い兄妹が、それぞれのパートナーを見つける単純な物語かと思いきや、妹は自分がゲイだと気づき、更には兄の結婚相手に恋してしまうという、主人公(妹)の複雑な心境を描くラブ・コメディ。

ニューヨークが舞台なので何でもありかと思える内容なのだが、上記のように、主人公がゲイだと気づくだけでなく、義姉に恋してしまうという展開は奇抜でなかなか面白い。

キャリアウーマンらしく、さっさと気持ちを切り替えて、自分の人生を歩め!・・・と叫びたくなるイライラ感で、いまいち楽しめない内容でもある。

個性派人気スター競演は注目なのだが、批評家には酷評され、拡大公開もされずに商業的には失敗に終わり、日本でも劇場公開だった。

ゲイだと分かり、カミングアウトに躊躇しながらも、周囲の励ましもあり、自分なりの新たな人生を何とかスタートさせるヘザー・グレアム、彼女と恋人同士のように仲がいい兄トム・キャヴァナー、その妻となる、主人公が恋する動物学者のブリジット・モイナハン、主人公の同僚である友人のモリー・シャノン、主人公の良き相談相手である役者志望のタクシードライバー、アラン・カミング、主人公のカウンセラー、シシー・スペイセク、主人公の上司で、ゲイだと分かるレイチェル・シェリー、同じく上司のビル・マンディ、バーテンダーのアレハンドロ・アベラン、主人公が誘う同僚のドン・アッカーマン、主人公が誘う男性ウォーレン・クリスティー、主人公の同僚エイプリル・テレク、キャリー(モリー・シャノン)の友人サマンサ・フェリスラスベガスのショーに出演する本人役でグロリア・ゲイナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020