4237 Movies

ゴーン・ベイビー・ゴーン Gone Baby Gone (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

デニス・レヘインの小説、”探偵パトリック&アンジー”の4作目(1998年)の映画化。
少女誘拐捜査の依頼を受けた恋人同士の探偵が、調査とその事件の結末の裏に隠された重大な秘密を知るまでを描いた、監督ベン・アフレックケイシー・アフレックミシェル・モナハンモーガン・フリーマンエド・ハリス他豪華スター競演のミステリー・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ベン・アフレック

製作総指揮:デヴィッド・クロケット
製作
アラン・ラッドJr.
ショーン・ベイリー
ダン・リスナー
原作:デニス・レヘイン
脚本
ベン・アフレック
アーロン・ストッカード
撮影:ジョン・トール
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ケイシー・アフレック:パトリック・ケンジー
ミシェル・モナハン:アンジー・ジェナーロ
モーガン・フリーマン:ジャック・ドイル警部
エド・ハリス:レミー・ブレサント刑事
ジョン・アシュトン:ニック・プール刑事
エイミー・ライアン:ヘリーン・マックリーディ
エイミー・マディガン:ベアトリス“ビー”マックリーディ
タイタス・ウェリヴァー:ライオネル・マックリーディ
マデリーン・オブライエン:アマンダ・マックリーディ
スレイン:ジェローム”ブッバ”ミラー
エディ・ガテギ:チーズ
マイケル・ケネス・ウィリアムズ:デヴィン
マーク・マーゴリス:レオン・トレット
マシュー・マハー:コーウィン・アール

アメリカ 映画
配給 ミラマックス
2007年製作 113分
公開
北米:2007年10月19日
日本:未公開
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $20,300,200
世界 $34,619,700


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞

・ノミネート
助演女優賞(エイミー・ライアン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ボストンでアマンダ(マデリーン・オブライエン)という4歳の少女が誘拐される。

パトリック・ケンジー(ケイシー・アフレック)とアンジー・ジェナーロ(ミシェル・モナハン)は、恋人同士で私立探偵をしていたが、その事件の報道を、居たたまれない気持ちで見ていた。

ある朝、アマンダの叔母ビー・マックリーディ(エイミー・マディガン)と夫のライオネル(タイタス・ウェリヴァー)が、パトリックとアンジーのアパートを訪れる。

裏社会の人間に詳しいパトリックに、ビーはアマンダ捜索の協力を依頼する。

既に大掛かりな警察の捜査が始まっていることで、2人はそれを断ろうとするのだが、アマンダの母親ヘリーン(エイミー・ライアン)に会うことを承諾する。

惨い事件の結末に立ち会いたくないアンジーは、仕事を受けるのを嫌がるが、とりあえず事情を聞くことにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ボストン
アマンダという4歳の少女が誘拐され、恋人同士である私立探偵パトリック・ケンジーとアンジーが、少女の叔母夫婦に調査を依頼される。
既に大掛かりな警察の捜査が始まっていたため、パトリックとアンジーはそれを断ろうとするが、2人はアマンダの母親ヘリーンに会うことを承諾する。
2人は、ヘリーンがアルコール依存症で自堕落な生活を送っていることを知り、アマンダを気の毒に思い、調査を受けることにする。
やがて、2人が事件に関わっていることを知った、担当のドイル警部は不快に思う。
その後、ヘリーンが麻薬常習者だと分かり、パトリックとアンジーは、今回の件が、それに絡む誘拐事件だと考えるのだが・・・。
__________

ベン・アフレックが監督、脚本を担当し、弟のケイシー・アフレックを主人公役に起用した作品で、興行的には成功はしなかったものの、各映画賞などで高い評価を受けた作品。

第80回アカデミー賞では、エイミー・ライアンが助演女優賞にノミネートされた。

単純に見える幼女誘拐の裏にある、麻薬や殺人などの大きな社会問題も一つのテーマとして捉え、幼女の将来のためを思い苦悩する人々の人間模様や、若者と初老の警官、母子を見つめる女性の視点等を繊細に描いた、ベン・アフレックの演出が光るサスペンスの秀作と言っていい作品。

冒頭から近親者の犯行の雰囲気を漂わせ、刑事も絡む犯行となり、さらにはその上をいく真実も解明されるという、予測が当たっていく痛快さとは裏腹に、歪んだ社会の現実が重くのしかかり、考えさせられてしまう作品でもある。

いかにも人生経験が浅いように見える主人公のケイシー・アフレックだが、裏社会の人間に怯まず、恋人を捨ててまでも貫き通す、固い信念を持つ青年を好演している。

彼を支えきれない辛い立場の恋人ミシェル・モナハン、作品に重みを加え、驚きの”黒幕”として存在感を示すモーガン・フリーマンと共謀者のエド・ハリス、殉職する同僚ジョン・アシュトン、出番は少ないが、ふしだらな母親役を熱演するエイミー・ライアン、その義姉でエド・ハリス夫人のエイミー・マディガン、その夫で誘拐の共謀者タイタス・ウェリヴァー、主人公の情報源スレイン、ヤクの密売人役エディ・ガテギ、変質者マーク・マーゴリス
どが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020