4504 Movies

ゴールド・ディガース Gold Diggers of 1933 (1933)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ショーガールを見下す大富豪が彼女らの虜になる姿を描く、監督マーヴィン・ルロイバスビー・バークレー、主演ウォーレン・ウィリアムジョーン・ブロンデルアリーン・マクマホンルビー・キーラーディック・パウエルガイ・キビージンジャー・ロジャース他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督

マーヴィン・ルロイ
バスビー・バークレー(ミュージカル・シーン)
製作
ロバート・ロード
ジャック・L・ワーナー
原作:アベリー・ホップート”The Gold Diggers”
脚本
アーウィン・ゲルシー
ジェームズ・シーモア
ダイアローグ
ベン・マークソン
デヴィッド・ボーム
撮影:ソル・ポリト
編集:ジョージ・エイミー
音楽:レオ・F・フォーブステイン

出演
J・ローレンス・ブラッドフォード:ウォーレン・ウィリアム
キャロル・キング:ジョーン・ブロンデル
トリクシー・ロレーヌ:アリーン・マクマホン
ポリー・パーカー:ルビー・キーラー
ブラッド・ロバーツ/ロバート・トリート・ブラッドフォード:ディック・パウエル
ファニュエル・H・ピーボディ:ガイ・キビー
バーニー・ホプキンス:ネッド・スパークス
フェイ・フォーチュン:ジンジャー・ロジャース
歌手:エタ・モートン
赤ちゃん役の子役:ビリー・バーティ
メッセンジャー・ボーイ:スターリング・ホロウェイ
犬のセールスマン:ホバート・キャバノー
呼び出し係:バスビー・バークレー
ダンス・ディレクター:ロバート・アグニュー
ゴールド・ディガー:ジョーン・バークレイ
クラブの男性:フェルディナンド・ゴットシャルク
ゴールド・ディガー:アン・ホヴェイ
ジョーンズ刑事:フレッド・ケルシー
記者:チャールズ・レイン
舞台マネージャー:ウォーレス・マクドナルド
記者:ウィルバー・マック
劇場の観客:デニス・オキーフ
公園の男性:フレッド・トゥーンズ
ゴールド・ディガー:ドロシー・ウェルマン
ゴールド・ディガー:ジェーン・ワイマン
ゴールド・ディガー:リン・ブロウニング
エディ:タマニー・ヤング

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1933年製作 97分
公開
北米:1933年5月27日
日本:1933年12月22日
製作費 $433,000


アカデミー賞
第6回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブロードウェイ
”ゴールド・ディガース”のレビューのリハーサルが行われていたが、返済が遅れていたプロデューサーのバーニー・ホプキンス(ネッド・スパークス)は、債権の差し押さえで押し入った捜査官に劇場を閉鎖されてしまう。

職を失った共同生活をするゴールド・ディガースのキャロル・キング(ジョーン・ブロンデル)、トリクシー・ロレーヌ(アリーン・マクマホン)、ポリー・パーカー(ルビー・キーラー)は、訪ねて来た同僚のフェイ・フォーチュン(ジンジャー・ロジャース)から、ホプキンスが新しいショーを計画中だと知らされる。

役を得ようとしたキャロルは、ホプキンスの元に向かう。

ポリーは、向かいのアパートの貧しい作曲家ブラッド・ロバーツ(ディック・パウエル)に惹かれていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ニューヨークブロードウェイ
失業中のショーガールのキャロルらは、プロデューサーのホプキンスの新しいショーの企画を知る。
キャロルらと話したホプキンスは、隣人の貧しい作曲家ブラッドの曲と歌が気に入り、彼をショーで使うことを考える。
ショーの資金がないことを知ったブラッドは、キャロルの同僚で、惹かれているポリーを出演させることを条件に、1万5000ドルを出資するのだが・・・。
__________

1919年から上演されたアベリー・ホップートの舞台劇”The Gold Diggers”を基に製作された作品。

1923年と1929年に続く3度目の映画化であり、ドラマ部分はマーヴィン・ルロイが、ミュージカル・シーンはバスビー・バークレーが監督した。
その後、”ゴールド・ディガース”のタイトル作品として、1935年、1937年、1938年にも公開された。

大恐慌時代に製作された作品であり、債権の取り立てや失業などは登場するものの、底抜けに明るい内容に加えて、バスビー・バークレーによる絢爛豪華なミュージカル・シーンは今観ても圧巻だ。
混乱する時代に疲弊した人々の心が、本作によりどれだけ癒されたかが窺える作品でもある。

第6回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

2003年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

男を手玉に取り大金を手に入れる女性を意味する”ゴールド・ディガース”と呼ばれる美しいショーガールたちが、様々な手を使い、大富豪を騙すというより”からかう”様子が、実に愉快に描かれている。

家名を汚す弟をショービジネスから引き離そうとするものの、結局は自分もショーガールに魅了されてしまう、大富豪の御曹司ウォーレン・ウィリアム、彼に惹かれるショーガールを熱演しラストも飾るジョーン・ブロンデル、その同僚であるコメディアンヌのアリーン・マクマホン、同じく富豪だった作曲家に惹かれる、当時のアル・ジョルスン夫人ルビー・キーラー、彼女に惹かれる大富豪の息子である作曲家で、共演のジョーン・ブロンデルとは3年後に結婚するディック・パウエル、ショーガールと結婚することになる大富豪の顧問弁護士を愉快に演ずるガイ・キビー、ショーのプロデューサー、ネッド・スパークス、冒頭で登場し、ヒロインらの友人であるショーガールの1人を印象的に演ずるジンジャー・ロジャース、ショーで歌う歌手のエタ・モートン、赤ちゃん役の子役ビリー・バーティ、ヒロインらに帽子を届けるボーイのスターリング・ホロウェイ、犬のセールスマン、ホバート・キャバノー、劇場の呼び出し係バスビー・バークレー、ダンス・ディレクターのロバート・アグニュー、ゴールド・ディガーのジョーン・バークレイアン・ホヴェイドロシー・ウェルマン、リン・ブロウニング、同じく端役出演のジェーン・ワイマン、会員制クラブの男性フェルディナンド・ゴットシャルク、刑事役の役者フレッド・ケルシー、記者のチャールズ・レインウィルバー・マック、舞台マネージャーのウォーレス・マクドナルド、劇場の観客デニス・オキーフ、公園の男性フレッド・トゥーンズ他、タマニー・ヤングなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021