4216 Movies

GODZILLA Godzilla (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本で生まれたモンスター”ゴジラ”のハリウッド版映画。
製作総指揮、監督、原案、脚本ローランド・エメリッヒ、主演マシュー・ブロデリックマリア・ピティロハンク・アザリアジャン・レノ他共演のアクション超大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ローランド・エメリッヒ
製作:ディーン・デブリン
製作総指揮
ローランド・エメリッヒ

ウテ・エメリッヒ
ウイリアム・フェイ
原案
テッド・エリオット

テリー・ロッシオ
ディーン・デブリン
ローランド・エメリッヒ
脚本
ローランド・エメリッヒ

ディーン・デブリン
撮影:ウエリ・スタイガー
編集
ピーター・アマンドソン

デビッド・J・シーゲル
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演
ニック・タトプロス博士:マシュー・ブロデリック

オードリー・ティモンズ:マリア・ピティロ
ヴィクター”アニマル”パロッティ:ハンク・アザリア
フィリップ・ローシェ:ジャン・レノ
エバート市長:マイケル・ラーナー
アンソニー・ヒックス大佐:ケヴィン・ダン
チャールズ・ケイマン:ハリー・シーラー
ルーシー・パロッティ:アラベラ・フィールド
エルシー・チャップマン博士:ヴィッキー・ルイス
メンデル・クレイヴン博士:マルコム・ダネア
オニール軍曹:ダグ・サヴァント
アンダーソン将軍:クリス・エリス
フェルプス提督:リチャード・ガント
カイル・テリントン:グレン・モーシャワー
日本の漁船の乗組員:クライド・クサツ

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1998年製作 138分
公開
北米:1998年5月19日
日本:1998年7月11日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $136,023,810
世界 $379,014,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
太平洋フランス領ポリネシア
日本の漁船が、正体不明の巨大生物に襲われる。

ウクライナチェルノブイリ
原子力発電所事故現場周辺を単独調査中の、”アメリカ原子力規制委員会”(NRC)所属の生物学者ニック・タトプロス(マシュー・ブロデリック)は、現れた国務省のカイル・テリントン(グレン・モーシャワー)から転任だと言われる。

タヒチパペーテ
日本船の唯一の生存者である老人は、調査に訪れたフランス対外治安総局(DGSE)諜報員フィリップ・ローシェ(ジャン・レノ)の質問に対し、”ゴジラ・・・”とだけ答える。

パナマサン・ミゲル湾
アメリカ陸軍調査隊を率いるアンソニー・ヒックス大佐(ケヴィン・ダン)は、到着したニックから、チェルノブイリで巨大化するミミズの研究をしているだけだと言われる。

・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
太平洋
日本の漁船が巨大生物に襲われ、生存者はフランス対外治安総局の諜報員ローシェに”ゴジラ”という言葉を残す。
各地で被害があり巨大な足跡も見つかり、”アメリカ原子力規制委員会”所属の生物学者ニック・タトプロス博士が、アメリカ軍調査隊指揮官のヒックス大佐に呼ばれる。
しかし、巨大生物はニューヨークマンハッタンに上陸して街を破壊し始める。
現場についたニックは、巨大生物が妊娠していることを知り、”ゴジラ”と名づけられた巨大生物が巣を作ろうとしていることに気づく。
元恋人であるテレビ・リポーター志望のオードリーと再会したニックは、特ダネを狙う彼女は極秘テープを持ち去られてしまう。
それが報道されたニックは解任されてしまい、彼に接触したローシェは、正体を明かして協力を約束し、ゴジラの巣を探そうとするのだが・・・。
__________

日本で生まれたモンスター”ゴジラ”の、ハリウッド版アクション超大作。
しかし、核実験により突然変異で生まれた”ゴジラのような”巨大生物という設定でありリメイクではない。

製作者も始めからそのつもりでいたはずなのだが、ゴジラ自体のキャラクター他を含め、期待外れの内容にファンの不満はアメリカ国内でも多く聞かれ、物議をかもし出した作品。

とは言うものの、北米興行収入は約1億3600万ドル、全世界では約3億8000万ドルの大ヒットとなった。

ローランド・エメリッヒ作品であるため、深く考えずに純然たるアクションとして観ればかなり楽しめるし、マンハッタンを破壊する巨大モンスターと特撮は迫力十分で見応えある。

学者という設定なので仕方ないが、幼く見えるマシュー・ブロデリックがヒーロー的ではなく、やや頼りないのが気になる。

相変わらず、フランス人と言えばジャン・レノしかいないのかと思えてしまう配役も今一なのだが、彼自身は存在感のある役を好演している。

見事ラジー賞を受賞してしまった主人公の元恋人で、TVリポーター志望のマリア・ピティロ、カメラマンとして大活躍するハンク・アザリア、彼の妻アラベラ・フィールド、ゴジラとの戦いを選挙に利用する市長役のマイケル・ラーナー、軍を指揮する大佐役のケヴィン・ダン、特ダネに執着するリポーター兼キャスターのハリー・シーラー、調査隊で主人公の上司となる博士のヴィッキー・ルイス、とマルコム・ダネア、ドジな軍曹から一転、クライマックスではゴジラ退治に貢献する軍曹のダグ・サヴァント国務省グレン・モーシャワー、潜水艦攻撃を指揮する提督のリチャード・ガント、対策センターの司令官の将軍クリス・エリス、日本の漁船の乗組員クライド・クサツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020