4236 Movies

キック・オーバー Get the Gringo (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マフィアの金を奪った犯罪者が、メキシコで逮捕後に無法地帯の刑務所に投獄されながら、その金を狙う者達に立ち向かう攻防を描く、メル・ギブソンドロレス・エレディアピーター・ストーメア他共演、監督エイドリアン・グランバーグによるクライム・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:エイドリアン・グランバーグ
製作総指揮
マーク・グーダー

ヴィッキー・クリスチャンセン
レン・ブラヴァトニック
アン・ロアク
製作
メル・ギブソン

ブルース・デイヴィ
ステイシー・ペルスキー
脚本
メル・ギブソン

ステイシー・ペルスキー
エイドリアン・グランバーグ
撮影:ブノワ・デビエ
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
音楽:アントニオ・ピント

出演
”グリンゴ/ドライバー”:メル・ギブソン

キッド:ケヴィン・ヘルナンデス
ハヴィ・ウエルタ:ダニエル・ヒメネス・カチョ
キッドの母親:ドロレス・エレディア
フランク・ファウラー:ピーター・ストーメア
バフェット:ピーター・ゲレッティ
ウォーレン・カウフマン:ボブ・ガントン
ビル:ディーン・ノリス
カルロス:テノッチ・ウエルタ・メヒア
ジャクソン:スコット・コーエン
カラカス:ヘスス・オチョア
カルナル:ロベルト・ソサ
ヴァスケス:マリオ・サラゴサ
ロメロ:ヘラルド・タラセナ
刑務所長:フェルナンド・ベセリル

アメリカ 映画
配給 20th Century Fox Home Entertainment

2012年製作 96分
公開
北米:2012年5月1日
日本:2012年10月13日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $7,378,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

パトカーの追跡を逃れようとしたドライバー(メル・ギブソン)は、車で国境の壁を突き破り、メキシコ側で逮捕される。

相棒は死に、盗んだ大金は警察署長のヴァスケス(マリオ・サラゴサ)に奪われる。

ドライバーは刑務所に入れられ、”グリンゴ”(外国人)と呼ばれるようになる。

一般房に移動させられたグリンゴは、刑務所経験はあるものの、盛り場のようなその場の様子に驚いてしまう。

囚人意外は出入りも自由、金さえ払えば女やドラッグも手に入ることを知ったグリンゴは、特技を生かし囚人カルロス(テノッチ・ウエルタ・メヒア)の金と時計を奪い彼の銃を隠す。

翌日、強引に採血された後、その場を観察したグリンゴは、自分の地位を上げることが必要だと考え、ヘロインの注射屋の金を奪う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

マフィアの金を強奪した“ドライバー”は、メキシコに逃亡した直後に逮捕される。
金さえあれば、ドラッグや女も手に入る無法地帯の刑務所に入れられたドライバーは、”グリンゴ”(外国人)と呼ばれながら、内部の様子を窺う。
ハヴィというボスが、その場を支配していることを知ったグリンゴは、少年キッドとその母親と知り合い、逃亡や金を奪い返す方法を考える。
その後グリンゴは、キッドが、肝臓移植のためにドナーとしてハヴィに父親を殺され、同じ肝臓を持った彼が保護されていることを知る・・・。
__________

大スターのメル・ギブソンが、製作と脚本、そして主演を兼ねた意欲作。

彼の監督作「アポカリプト」(2006)で助監督を務めたエイドリアン・グランバーグが、監督として長編映画デビューを果たした。

北米では拡大公開もされず興行的に成功した作品ではない。

やや老け込んだと思われていたメル・ギブソンが、かつてを彷彿させる魅力で、体を張ったアクションや人間味溢れる主人公をなかなかいい雰囲気で熱演し、ファンを満足させてくれる。

映画の中の話として、信じ難い状況の刑務所が登場するのだが、実際にあった刑務所”El Centro de Readaptacion Social de la Mesa”がモデルであるというのだから驚いてしまう。

肝臓ドナーとして、悪党(ダニエル・ヒメネス・カチョ)に命を狙われながら、逞しく生き抜く少年ケヴィン・ヘルナンデス、その母親ドロレス・エレディア、主人公に現金を奪われるマフィアのボス役のピーター・ストーメア、その弁護士スコット・コーエン、金を狙う領事館員ピーター・ゲレッティ、実業家ボブ・ガントン、アメリカの警官ディーン・ノリス、ハヴィ(D・G・カチョ)の兄ヘスス・オチョア、いとこロベルト・ソサ、手下のテノッチ・ウエルタ・メヒア、主人公の金を奪う汚職警官マリオ・サラゴサヘラルド・タラセナ、刑務所長のフェルナンド・ベセリルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020