4504 Movies

ジェミニマン Gemini Man (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

引退を決意した伝説のスナイパーと彼のクローンとの戦いを描く、製作ジェリー・ブラッカイマー、監督アン・リー、主演ウィル・スミスメアリー・エリザベス・ウィンステッドクライヴ・オーウェンベネディクト・ウォン他共演のアクション・スリラー。


アクション/アドベンチャー

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:アン・リー

製作
ジェリー・ブラッカイマー
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
ドン・グレンジャー
製作総指揮
チャド・オマン
マイク・ステンソン
ブライアン・ベル
グォ・グワンチャン
ドン・マーフィ
原案
ダーレン・レムケ
デヴィッド・ベニオフ
脚本
デヴィッド・ベニオフ
ビリー・レイ
ダーレン・レムケ
撮影:ディオン・ビーブ
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:ローン・バルフ

出演
ヘンリー・ブローガン:ウィル・スミス
ジュニア:ウィル・スミス
ダニエル”ダニー”ザカレウスキー:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
クレイトン”クレイ”ヴェリス:クライヴ・オーウェン
バロン:ベネディクト・ウォン
デル・パターソン:ラルフ・ブラウン
ジャネット・ラシター:リンダ・エモンド
ジャック・ウィリス:ダグラス・ホッジ
ユーリ・コヴァッチ:イリア・ヴォロック
マリーノ:E・J・ボニーリャ
ケラー:ビョルン・フライベルク

キティ:セオドラ・ミラン
ヘンリーの父:ディエゴ・アドナイ
ヘンリーの母:リッラ・バナク
アニコ:アレクサンドラ・スーク
エージェント1:ティム・コンロイ
パターソンの息子:ダニエル・サライヤーズ
ボート・オーナー:ジェフ・JJ・オーサーズ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2019年製作 117分
公開
北米:2019年10月11日
日本:2019年10月25日
製作費 $138,000,000
北米興行収入 $48,546,800
世界 $173,469,520


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベルギーリエージュ
51歳のヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)は、元海兵隊スカウトスナイパー/前哨狙撃兵”であり、”DIA/アメリカ国防情報局”の暗殺者として、列車に乗ったバイオテロリストのドルモフを暗殺しようとする。

車両内でドルモフに少女が近づいたため、監視役のマリーノ(E・J・ボニーリャ)はヘンリーに待機させる。

少女が離れたことを知ったヘンリーは、列車がトンネルに入る直前でドルモフを射殺する。

ヘンリーは、頭を狙っていたにも拘わらず、ドルモフの首を撃ってしまったことをマリーノから知らされる。

ジョージア州、バターミルク・サウンド。
ある日ヘンリーは、訪ねて来た同僚のデル・パターソン(ラルフ・ブラウン)に、引退して静かな生活をしたいと話す。

ヘンリーは、桟橋のレンタルボート店の新しい店長ダニエル”ダニー”ザカレウスキー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と話し、彼女がジョージア大学の海洋生物学の大学院生だと知る。

ボートを借りたヘンリーは、DIAの同僚ジャック・ウィリス(ダグラス・ホッジ)のクルーザーに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
海兵隊スカウトスナイパー/前哨狙撃兵”であり、”DIA/アメリカ国防情報局”の暗殺者ヘンリー・ブローガンは、殺したターゲットがテロリストではなく分子生物学者だったことを知り、引退を決意する。
ヘンリーは、出会った女性ダニーが、DIAのエージェントで自分を監視していることに気づく。
何者かに襲われたヘンリーは、元同僚のバロンの協力を得て、ダニーと共にコロンビアに向かう。
民間精鋭部隊であるコードネーム “ジェミニ “を率いるクレイは、元部下のヘンリーの抹殺をDIA側に却下されるものの、ある最高の暗殺者を派遣する。
暗殺者に襲われたヘンリーは、相手が自分と同じ容姿とスキルを持つことを知りながら戦いに挑むのだが・・・。
__________

ジェリー・ブラッカイマーが製作に参加し、アン・リーが監督しウィル・スミスの主演と言うことで大いに話題になった超大作。

引退を決意した伝説のスナイパーと彼のクローンとの戦いを描くアクション・スリラー。

製作費に1億3800万ドルをかけ最新のデジタル技術を駆使し、50代のウィル・スミスが20代の彼のクローンも演じたリアルな映像は見もので、迫力あるアクションと共に楽しめる作品には仕上がっている。

アン・リーの演出は、各キャラクターの繊細な人物描写以外は、彼らしい深みのあるドラマともいえない、上記のようにビジュアル的な部分に支えられている内容であり、彼とウィル・スミスが組んだ作品にしては評価は低くかった。

北米興行収入も約4900万ドルに留まり、全世界では約1億7400万ドルを稼ぎだしたものの、製作費が巨額だったために興行的には失敗に終わった。

主演のウィル・スミスは、引退を考える伝説のスナイパーとして陰謀に巻き込まれ、自分のクローンと戦う男を熱演している。

主人公の監視役から彼に協力するようになるDIAのエージェントを魅力的に演ずるメアリー・エリザベス・ウィンステッド、クローン軍団を使った新たな戦闘手段を考案し実現させようとする主人公の元上官クライヴ・オーウェン、主人公に協力する元同僚ベネディクト・ウォン、主人公の上司ラルフ・ブラウン、その上司であるDIA副長官リンダ・エモンド、主人公の元同僚ダグラス・ホッジ、その情報源イリア・ヴォロック、主人公の同僚E・J・ボニーリャ、クローン・プロジェクトの工作員ビョルン・フライベルクなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021