4553 Movies

終わりで始まりの4日間 Garden State (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

母の死をきっかけに故郷に戻った心の傷を背負った青年が、風変わりな少女との出会いや旧友との再会をきっかけに人生を見つめ直す姿を描く、製作総指揮ダニー・デヴィート、監督、主演ザック・ブラフナタリー・ポートマンピーター・サースガードイアン・ホルム他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ザック・ブラフ

製作
ダル・ハルステッド
パメラ・アブディ
ゲイリー・ギルバード
リチャード・クルーベック
製作総指揮
ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
脚本:ザック・ブラフ
撮影:ローレンス・シャー
編集:マイロン・カースタイン
音楽
チャド・フィッシャー
アレクシ・マードック

出演
アンドリュー・ラージマン:ザック・ブラフ
サマンサ”サム”:ナタリー・ポートマン
マーク:ピーター・サースガード
ギデオン・ラージマン:イアン・ホルム
キャロル:ジーン・スマート
ジェシー:アルマンド・リスコ
ディエゴ:メソッド・マン
オリビア:アン・ダウド
コーエン医師:ロン・リーブマン
アルバート:デニス・オヘア
ケニー:マイケル・ウェストン
ティム:ジム・パーソンズ
シルヴィア・ラージマン:ジャッキー・ホフマン
デイヴ:アレックス・バーンズ
ティティンベイ:アトー・エッサンドー
カール・ベンソン:ジェフリー・エアンド

アメリカ 映画
配給
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
ミラマックス
2004年製作 102分
公開
北米:2004年7月28日
日本:未公開
製作費 $2,500,000
北米興行収入 $26,782,320
世界 $35,825,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
売れない役者のアンドリュー・ラージマン(ザック・ブラフ)は、父ギデオン(イアン・ホルム)からの電話に出る気になれない。

そのメッセージを聴いていたアンドリューは、ギデオンから母の死を知らされる。

精神安定剤を常用し、ベトナム料理店のアルバイトをしていたアンドリューは、母の葬儀に参列するため、9年ぶりに故郷のニュージャージーに向かう。

葬儀を終えたアンドリューは、その場にいた墓掘りの作業員で、同級生のマーク(ピーター・サースガード)とデイヴ(アレックス・バーンズ)と話し、夜に開かれるパーティーに誘われる。

おばシルヴィア(ジャッキー・ホフマン)と話したアンドリューは、折り合いが悪い精神科医である父ギデオンが気落ちしているため、一応、慰める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
精神安定剤を常用する売れない役者のアンドリュー・ラージマンは、母の死を父ギデオンから知らされて、9年ぶりにロサンゼルスから故郷のニュージャージーに戻る。
葬儀を済ませたアンドリューは、精神科医である折り合いの悪い父に紹介され、神経科のコーエン医師の診察を受ける。
その場で少女サムに出会ったアンドリューは、風変わりではあるが、自分とは全く違うタイプの彼女が気になる存在になる。
学生時代の友人マークやジェシー、そしてサムと共に過ごす時間を楽しむまでいかないアンドリューは、家族崩壊のきっかけを作ってしまった自分の過去を思いながら数日間を過ごそうとするのだが・・・。
__________

俳優のザック・ブラフが、故郷であるニュージャージーを舞台にして自ら主演した初監督作品。
*原題の”Garden State”は、ニュージャージー州の愛称。

心に傷を負う売れない役者が、母親の死をきっかけに故郷に戻り、風変わりな少女や旧友との再会で新たな人生に一歩踏み出すまでを描くドラマ。

低予算のインディーズ作品としてダニー・デヴィートなども製作に参加した作品で、各方面で高い評価を受け、第20回インディペンデント・スピリット賞で新人作品賞他を受賞した。

わずか250万ドルで製作された本作は、北米興行収入約2700万ドル、全世界では約3600万ドルのヒットとなった。

精神科医の息子として、ある時期までは恵まれた家庭環境に育った(と思われる)主人公が、鬱病の母親を理解できずに傷つけてしまい家庭崩壊した末に、悩み続ける状況で出会う少女との交流を描く内容となっている。

ナタリー・ポートマンが、子役から実力派スターとして飛躍する時期であったため、彼女を過剰に宣伝材料として使い過ぎている感じがする。
確かに主人公は、彼女のために自らの人生も見つめ直すことを決意するのだが、やや常識外れの行動をする旧友ピーター・サースガードの彼なりの友情表現などにより、心が大きく動き癒される描写の方が印象に残ったと言うのが正直なところだ。

感情のない無気力な雰囲気の青年から、様々な人との出会いや再会をきっかけに人生を見つめ直す役柄を、演出も兼ねて演じて好演するザック・ブラフ、主人公と出会う風変わりな少女であり、彼との交流により本当の自分を見つけることができるナタリー・ポートマン、主人公の旧友を味のある演技で演ずるピーター・サースガード、主人公と確執がある父親イアン・ホルム、マーク(ピーター・サースガード)の母親ジーン・スマート、彼女の恋人で主人公の旧友ジム・パーソンズ、主人公の旧友でアイデア商品により富豪になったアルマンド・リスコ、マークの知人でホテルのベルボーイ、メソッド・マン、ヒロインの母親アン・ダウド、主人公を診察する神経科医ロン・リーブマン、採掘現場の調査員デニス・オヘア、主人公の旧友である警官マイケル・ウェストン、主人公のおばジャッキー・ホフマン、マークと墓掘り作業員をする主人公の旧友アレックス・バーンズ、ヒロインの兄アトー・エッサンドー、主人公の旧友であるホームセンターの店員ジェフリー・エアンドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021