4237 Movies

悪の花園 Garden of Evil (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

鉱山で事故に遭った夫の救出のために男達を雇った女性が、アパッチの驚異がある危険地帯”悪の花園”を目指すという、欲望渦巻くアドベンチャー・タッチで描く、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演ゲイリー・クーパースーザン・ヘイワードリチャード・ウィドマークヒュー・マーロウ他共演による異色の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:ヘンリー・ハサウェイ
製作:チャールズ・ブラケット
原案
フレッド・フリーバーガー

ウィリアム・タンバーグ
脚本:フランク・フェントン
撮影
ミルトン・R・クラスナー

ホルヘ・スタールJr.
編集:ジェームズ・B・クラーク
音楽:バーナード・ハーマン

出演
フッカー:ゲイリー・クーパー

リア・フラー:スーザン・ヘイワード
フィスク:リチャード・ウィドマーク
ジョン・フラー: ヒュー・マーロウ
ルーク・デイリー:キャメロン・ミッチェル
酒場の歌手:リタ・モレノ
ヴィセンテ・マダリアガ:ヴィクター・マニュエル・メンドーザ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1954年製作 100分
公開
北米:1954年7月9日
日本:1954年10月19日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
金を目当てにカリフォルニアに向かう予定だった、フッカー(ゲイリー・クーパー)、フィスク(リチャード・ウィドマーク)、そしてルーク・デイリー(キャメロン・ミッチェル)の三人は、手違いでメキシコの町プエルト・ミゲルに着いてしまう。

三人は酒場に向かい、その場にいた女(リタ・モレノ)の歌を聴きながら、ギャンブラーのフィスクは、カードでルークの運勢を見ようとする。

そこに、金鉱山の落盤事故に夫が巻き込まれたと言う女性リア・フラー(スーザン・ヘイワード)が現われる。

リアは、負傷した夫を救うために、メキシコ人達に人手がいることを伝えるが、高額な報酬にも拘らず、男達はそれに応じない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニアに向かう途中、メキシコの町に着いてしまった三人の男達、フッカー、フィスク、ルークは、美しい人妻リアから、鉱山で落盤事故に遭った夫の救出を依頼される。
2000ドルという高額報酬に、メキシコ人のヴィセンテを加えた三人は話に乗り、彼らは早速、危険地帯である”悪の花園”に向かう。
アパッチの驚異を感じ、険しい山岳地帯を通り抜けながら、鉱山に着いた4人は、息のあったリアの夫ジョンを助け出す。
意識の回復したジョンは、金の魅力、そして、美しいリアの魅力に心奪われかけている男達に警告する。
そしてフッカーは、気丈ではあるが、金が目当てだと夫に言われて傷つくリアの心を察しながら、アパッチの襲撃に備え、その場を脱出する準備を始めるのだが・・・。
__________

善対悪の戦いを単純に描く、正統派西部劇とは一線を画する、男心をくすぐるような冒険活劇風の展開に、序盤から引き込まれる。

舞台となる危険地帯の中で、特撮を駆使した険しい山道のシーンなどを、スリル満点に描く、ヘンリー・ハサウェイの見応えある演出は見ものだ。

画面にマッチする、バーナード・ハーマンのダイナミックな音楽も印象に残る。

善人でも悪党でもない、洞察力のある主人公のゲイリー・クーパーは、貫禄十分に一行のリーダー格を演じている。

男臭い作品の中で、異彩を放つスーザン・ヘイワードの存在は、その美しさだけでなく、実に魅力的な人物に描かれている。

アクの強い彼にしては、中盤までやや存在感に欠けるリチャード・ウィドマークだが、終盤で男気を感じさせるいい役柄を演じている。

ヒロインの夫ヒュー・マーロウ、未熟な若造という雰囲気のキャメロン・ミッチェル、同行するメキシコヴィクター・マニュエル・メンドーザなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020