4410 Movies

ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

地区の支配権争いで父親を殺された青年が、その仇討ちを果たすまでを描く、製作、監督マーティン・スコセッシ、主演レオナルド・ディカプリオダニエル・デイ=ルイスキャメロン・ディアスリーアム・ニーソン他共演によるドラマ。


ドラマ

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧
ダニエル・デイ=ルイス / Daniel Day-Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マーティン・スコセッシ

製作総指揮
ハーヴェイ・ワインシュタイン

マイケル・ハウスマン
製作
マーティン・スコセッシ

アルベルト・グリマルディ
原作:ハーバート・アズベリー
原案:ジェイ・コックス
脚本
ジェイ・コックス

ケネス・ロナガン
スティーヴン・ザイリアン
撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:セルマ・スクーンメイカー
美術・装置
ダンテ・フェレッティ

フランチェスカ・ロ・スチアヴォ
衣装デザイン:サンディ・パウエル
音楽
ハワード・ショア

エルマー・バーンスタイン
主題歌  U2
The Hands that Built America

出演
アムステルダム・ヴァロン:レオナルド・ディカプリオ
ビル”ザ・ブッチャー”カッティング:ダニエル・デイ=ルイス
ジェニー・エヴァディーン:キャメロン・ディアス
ヴァロン神父:リーアム・ニーソン
ジョニー・シロッコ:ヘンリー・トーマス
ウォルター”モンク”マクギン:ブレンダン・グリーソン
ウィリアム・M・トゥイードジム・ブロードベント
”ハッピー・ジャック”マルレイニー:ジョン・C・ライリー
シャング:スティーヴン・グレアム
ジミー・スポイルス:ラリー・ギリアードJr.
キローラン:エディー・マーサン
マグロイン:ゲイリー・ルイス
ジョン・F・スキャマホーン:デヴィッド・ヘミングス
スキャマホーン夫人:バーバラ・ブーシェ
P・T・バーナムロジャー・アシュトン=グリフィス
富豪:マーティン・スコセッシ

アメリカ映画
配給
ミラマックス

Entertainment Film Distributors(イギリス)
2002年製作 166分
公開
北米:2002年12月20日
日本:2002年12月21日
製作費 $97,000,000
北米興行収入 $77,679,640
世界 $103,500,000


アカデミー賞
第75回アカデミー賞

・ノミネート
作品・監督
主演男優(ダニエル・デイ=ルイス
脚本・撮影・編集・美術・録音
衣装デザイン・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1846年、ニューヨークマンハッタン
ファイヴ・ポイント”地区の支配権をめぐる戦いで、アイルランド移民の集団”デッド・ラビッツ”のリーダー、ヴァロン神父(リーアム・ニーソン)と、アメリカ生まれの集団”ネイティヴズ”のビル”ザ・ブッチャー”カッティング(ダニエル・デイ=ルイス)が対決することになる。

倒した相手の人数を武器のこん棒に刻み込むウォルター”モンク”マクギン(ブレンダン・グリーソン)は、息子アムステルダムを連れたヴァロンに加勢する。

双方は死闘を繰り広げ、ヴァロンに襲い掛かり致命傷を負わせたビルは、アムステルダムの目の前でヴァロンの止めを刺す。

ヴァロンに敬意を払うビルは、彼の死体に手を出すなと皆に命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

1928年に発表された、ハーバート・アズベリーの同名著書の映画化。

*(簡略ストー リー)
1846年、ニューヨークマンハッタン
ファイヴ・ポイント”地区の支配権をめぐる戦いで、アイルランド移民集団”デッド・ラビッツ”のヴァロン神父は、アメリカ生まれの集団”ネイティヴズ”の、ビル”ザ・ブッチャー”カッティングとの戦いで殺される。
16年後、少年院から戻ったヴァロン神父の息子アムステルダムは、正体を隠しビルの懐に入り込み父の復讐を誓い、その時を待つ。
ビルに気に入られて右腕にまでなったアムステルダムは、スリのジェニーと親密な仲になる。
その後アムステルダムは、ジェニーに心を寄せる旧友ジョニーの裏切りで正体がばれてしまい、痛めつけられて拷問にかけられるものの生かされる。
ジェニーの介抱で回復したアムステルダムは、アイルランド系の人々を統率し、ビルへの復讐の機会を窺うのだが・・・。
__________

製作と監督を兼ねるマーティン・スコセッシ自身が、生まれ育ったニューヨークで展開される初期のギャング同士の壮絶な戦いと、その人間模様をストレートに描く、力感溢れる作品。

暴挙にも思える、多くの犠牲を払いながら生き抜いていく人々の姿を描くことで、アメリカ人の逞しさと、躍動する街であるニューヨークのルーツとも言える社会の様子や構造などを認識できる、見応えある作品。

第75回アカデミー賞では、10部門にノミネートされるものの受賞は逃した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ダニエル・デイ=ルイス
脚本・撮影・編集・美術・録音
衣装デザイン・歌曲賞

製作費に約1億ドルくをかけ、マンハッタンの”ファイヴ・ポイント”の街並みのセット、衣装などは見事な出来栄えではあるが、興行収入は期待を裏切り、北米で約7800万ドル、全世界でようやく1億ドルを超す結果に終わった作品でもある。

主人公は、父親の復讐を誓うレオナルド・ディカプリオが無難に演じている。
対する仇役ダニエル・デイ=ルイスの圧倒的な存在感は見もので、当時、5年間のブランクがあったとは思えない充実振りであり、その怪演は、主役のディカプリオ以上に話題になった。

主人公の二人と関係を持つスリのキャメロン・ディアス、冒頭で命を落とす”デッド・ラビッツ”のリーダーである神父のリーアム・ニーソン、彼の遺志を継ぎビル(ダニエル・デイ=ルイス)に対抗するブレンダン・グリーソン、地区を治める政治家のウィリアム・M・トゥイードジム・ブロードベント、主人公の旧友ヘンリー・トーマスラリー・ギリアードJr.ゲイリー・ルイス、ビルに買収されている警察官のジョン・C・ライリートゥイードの補佐エディー・マーサン、アムステルダム(レオナルド・ディカプリオ)と共に戦うスティーヴン・グレアム、富豪のデヴィッド・ヘミングス、その妻バーバラ・ブーシェ、興行主P・T・バーナムロジャー・アシュトン=グリフィス)、そして富豪役でマーティン・スコセッシが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021