4505 Movies

ゲーム・ナイト Game Night (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ゲーム愛好家の夫婦と仲間達が巻き起こす騒動を描く、監督ジョン・フランシス・デイリージョナサン・ゴールドスタイン、製作、主演ジェイソン・ベイトマンレイチェル・マクアダムスカイル・チャンドラービリー・マグヌッセンシャロン・ホーガンジェシー・プレモンス他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督

ジョン・フランシス・デイリー
ジョナサン・ゴールドスタイン
製作
ジェイソン・ベイトマン
ジョン・デイヴィス
ジョン・フォックス
ジェームズ・ガラヴェンテ
製作総指揮
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
トビー・エメリッヒ
マーク・S・フィッシャー
デイヴ・ニュースタッター
脚本:マーク・ペレズ
撮影:バリー・ピーターソン
編集
デヴィッド・イーガン
ジェイミー・グロス
グレゴリー・プロトキン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
マックス・デイヴィス:ジェイソン・ベイトマン
アニー・デイヴィス:レイチェル・マクアダムス
ブルックス・デイヴィス:カイル・チャンドラー
ライアン・ハドル:ビリー・マグヌッセン
サラ・ダーシー:シャロン・ホーガン
ケヴィン・スターリング:ラモーネ・モリス
ミシェル・スターリング:カイリー・バンバリー
ゲイリー・キングスバリー:ジェシー・プレモンス
グレンダ:チェルシー・ペレッティ
ドナルド・アンダートン:ダニー・ヒューストン
ロン・ヘンダーソンFBI捜査官役の男:ジェフリー・ライト
ブルガリア人の男:マイケル・C・ホール
カーター:ジョン・フランシス・デイリー
ダン:ジョナサン・ゴールドスタイン
ビル:マイケル・シリル・クレイトン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 100分
公開
北米:2018年2月23日
日本:未公開
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $69,179,070
世界 $117,679,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ゲーム愛好家のマックス・デイヴィス(ジェイソン・ベイトマン)と妻のアニー(レイチェル・マクアダムス)は、子供を欲しがっていた。

チン医師の診察を受けたマックスは、兄ブルックス(カイル・チャンドラー)のことを裕福でセクシーだと思っているコンプレックスが原因だと言われるものの、真面目に聞く気にはなれなかった。

帰宅したマックスとアニーは、隣人の警官ゲイリー・キングスバリー(ジェシー・プレモンス)が家から出てきたために、今夜のゲームの話はしないことにする。

不気味なゲイリーを誘う気になれないマックスとアニーは、ゲームナイトには呼んでほしいと言われ、それを約束する。

ゲームの準備をするマックスとアニーは、妻デビーと離婚したゲイリーのことを話しながら皆を待つ。

居間の窓からライアン・ハドル(ビリー・マグヌッセン)と恋人マディソンが現れ、続いてケヴィン・スターリング(ラモーネ・モリス)と妻ミシェル(カイリー・バンバリー)も到着し、マックスとアニーと共にゲームを始める。

そこに、マックスの憧れの車、1976年型の”コルベット・スティングレー”に乗ったブルックスが現れ、ゲイリーに気づかれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ゲーム愛好家のマックス・デイヴィスは、裕福で魅力的な兄ブルックスの家で、妻アニーと仲間たちと共にゲームナイトを楽しむ。
ゲームの説明をするブルックスは、この中の誰かが誘拐され、それを救い出した者に”コルベット・スティングレー”を譲ると皆に伝える。
暫くして、FBI捜査官役が現れ、押し入って来た誘拐犯役がブルックスを連れ去る。
リアルな展開を楽しんだマックスとアニーは、GPSを使いブルックスの携帯電話を追跡し、彼を救い出してスティングレーを手に入れようとするのだが・・・。
__________

脚本家、俳優としても知られるジョン・フランシス・デイリーが、「モンスター上司」(2011)以来コンビを組むジョナサン・ゴールドスタインと共に監督した作品。

ゲーム愛好家の夫婦と仲間達が巻き起こす騒動を描くコメディ。

何もかも詰め込んだ、やや欲張り過ぎ的なところはあるものの、どこか抜けている雰囲気の多彩な登場人物それぞれの個性を活かし、抜群のユーモアセンスと軽快なストーリーが楽しめる痛快コメディ。

批評家からも絶賛された本作は、北米興行収入約6900万ドル、全世界では約1億1800万ドルのヒットとなった。

主人公らが混乱する様子を見事に伝える、愉快でインパクトあるクリフ・マルティネスの音楽が印象に残る。

ゲームと現実の中で混乱しながら騒動を巻き起こす主人公を熱演するジェイソン・ベイトマン、その妻で、ややずれている言動が愉快なレイチェル・マクアダムス、騒動の原因を作る犯罪者だった主人公の兄カイル・チャンドラー、主人公のゲーム仲間ビリー・マグヌッセン、その部下シャロン・ホーガンラモーネ・モリス、その妻カイリー・バンバリー、主人公の家の隣人である不気味な警官ジェシー・プレモンス、演出会社の社員チェルシー・ペレッティ、主人公らが奪おうとする”ファベルジェの卵”を保管する富豪ダニー・ヒューストン、犯罪者であるブルガリア人の男マイケル・C・ホールFBI捜査官役の男ジェフリー・ライト、主人公のゲーム仲間マイケル・シリル・クレイトン、そして、監督のジョン・フランシス・デイリージョナサン・ゴールドスタインもカメオ出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021