4233 Movies

フロム・ヘル From Hell (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

19世紀末にロンドンで起きた、連続猟奇殺人”切り裂きジャック”事件を題材にした、アラン・ムーアエディ・キャンベルによる1991-96年のグラフィック・ノベルと1999年に原作本として発表された著書を基に製作された作品。
監督アルバート/アレン・ヒューズ兄弟、主演ジョニー・デップヘザー・グラハムイアン・ホルムロビー・コルトレーン他共演のスリラー。


スリラー/ホラー

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督
アルバート・ヒューズ
アレン・ヒューズ

製作総指揮
アルバート・ヒューズ
アレン・ヒューズ

トーマス・M・ハメル
エイミー・ロビンソン
製作
ジェーン・ハムシャー

ドン・マーフィ
原作
アラン・ムーア

エディ・キャンベル
脚本
テリー・ヘイズ

ラファエル・イグレシアス
撮影:ピーター・デミング
編集
ダン・リーベンタル

ジョージ・ボワーズ
音楽:トレヴァー・ジョーンズ

出演
フレデリック・アバーライン警部:ジョニー・デップ

メアリ・ジェーン・ケリーヘザー・グラハム
ウィリアム・ガル卿:イアン・ホルム
ピーター・ゴットレイ巡査部長:ロビー・コルトレーン
チャールズ・ウォーレン卿:イアン・リチャードソン
ネトリー:ジェイソン・フレミング
アニー・チャップマンカトリン・カートリッジ
リズ・ストライドスーザン・リンチ
ケイト・エドウズレスリー・シャープ
アン・クルック:ジョアンナ・ペイジ
ベン・キドニー:テレンス・ハーヴェイ
ハーシャム卿:ピーター・アイア
フェラル医師:ポール・リース
ポリー・ニコルズアナベラ・アプション
マーサ・タブラムサマンサ・スパイロ
アルバート・ヴィクターマーク・デクスター
ロバート・ドラッジ検視官:イアン・マクニース
ヴィクトリア・アバーライン:ソフィア・マイルズ
ウィザーズ巡査:ダニー・ミッドウィンター
マックイーン:デヴィッド・スコフィールド
エイダ:エステル・スコルニク
ボルト巡査:ニコラス・マゴーヒー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2001年製作 122分
公開
北米:2001年10月19日
日本:2002年1月19日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $31,598,310
世界 $74,558,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1888年、ロンドンホワイトチャペル地区
娼婦メアリ・ジェーン・ケリー(ヘザー・グラハム)の仲間のマーサ・タブラム(サマンサ・スパイロ)が、路地で切り裂かれ惨殺される。

メアリら娼婦は、ギャングのマックイーン(デヴィッド・スコフィールド)からショバ代を払うよう強要されていたが、元娼婦アン・クルーク(ジョアンナ・ペイジ)から、裕福な彼女の夫”アルバート”(マーク・デクスター)が、金を工面してくれると言われる。

2年前に妻子を亡くし、それをアヘンで忘れようとする警部フレデリック・アバーライン(ジョニー・デップ)は、アヘン窟にいたところを巡査部長ピーター・ゴットレイ(ロビー・コルトレーン)が見つける。

幻覚から覚めたアバーラインは、ゴットレイと共に遺体安置所に向かい、娼婦の惨たらしい遺体を見せられる。

ある日、アンは何者かに連れ去られ、精神錯乱患者として、王立病院の外科医ウィリアム・ガル卿(イアン・ホルム)が見守る中、フェラル医師(ポール・リース)による”ロボトミー”の処置をされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1888年。
ロンドンホワイトチャペル地区で、娼婦の惨殺死体が発見される。
2年前に妻子を亡くし、その苦しみから逃れるため、アヘンにそれを頼っていたフレデリック・アバーライン警部は、巡査部長ゴットレイと共に事件の捜査を始める。
被害者の臓器まで切除して持ち去るという、残酷極まる怪奇な事件だったが、アバーラインは、犯人が医学的な専門知識があり、尚且つ裕福であることを確信し捜査を進める。
その間も、娼婦は次々と襲われ惨殺死体で発見され、アバーラインは、娼婦メアリに捜査の協力を依頼する。
その後アバーラインは、メアリの元同僚で、失踪したアンの不可思議な行動や、裕福な夫との関係などに注目する。
アバーラインメアリは、精神医学的な処置を施されたアンに面会し、やがて心通わせるようになる。
そしてアバーラインは、アンの夫である男が、なんとヴィクトリア女王の孫、王位継承者”アルバート・ヴィクター”、エドワード王太子だということをメアリに知らせ、いよいよ事件の真相に迫るのだが・・・。
__________

大筋では”切り裂きジャック”事件を再現しているのだが、主人公のフレデリック・アバーラインメアリ・ジェーン・ケリーの生涯、王家との関連性などは、かなりの脚色があり、ドラマチックな結末となっている。

結局は未解決の事件を、どのようにまとめ上げるのか、中盤からクライマックスにかけて非常に興味深い展開であり、双子の兄弟監督アルバート/アレン・ヒューズのシャープな演出と、当時の雰囲気が見事に再現された映像も十分に楽しめる。

平凡と見るか、控え目な魅力的と考えるか、共演陣の個性を殺すことなく主人公のフレデリック・アバーラインを演ずる、ジョニー・デップの抑えた演技も見ものだ。

主人公と親交を深める娼婦役のメアリ・ジェーン・ケリーヘザー・グラハム、物語では猟奇殺人犯として描かれている王家の侍医ウィリアム・ガル卿のイアン・ホルム、その御者ジェイソン・フレミング、主人公の忠実な部下ロビー・コルトレーン、総監のチャールズ・ウォーレン卿のイアン・リチャードソン、犠牲者となる娼婦アニー・チャップマンカトリン・カートリッジリズ・ストライド役のスーザン・リンチ、その友人で、メアリと間違われて惨殺されるエステル・スコルニクケイト・エドウズ役のレスリー・シャープポリー・ニコルズ役のアナベラ・アプションマーサ・タブラムサマンサ・スパイロアルバート・ヴィクター王太子(マーク・デクスター)の妻ジョアンナ・ペイジ、公安部長のテレンス・ハーヴェイ、女王の侍従ピーター・アイア、医師ポール・リース、検視官イアン・マクニース、主人公の妻ソフィア・マイルズ、ギャングのデヴィッド・スコフィールド、巡査のダニー・ミッドウィンター、ニコラス・マゴーヒーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020