That's Movie Talk!     4071 Movies

フリークス Freaks (1932) 4.12/5 (34)

  •  
  • 12
  • 5
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

サーカス一座の中で起きる財産目当て殺人計画を描く、製作アーヴィング・タルバーグ、製作、監督トッド・ブラウニング、主演ウォーレス・フォードレイラ・ハイアムスオルガ・バクラノヴァロスコー・エイツヘンリー・ヴィクターハリー・アールスデイジー・アールス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:トッド・ブラウニング

製作
トッド・ブラウニング
ハリー・ラプト
アーヴィング・タルバーグ
原作:トッド・ロビンスSpurs
脚本
ウィリス・ゴールドベック
レオン・ゴードン
エドガー・アラン・ウールフ
アル・ボースバーグ
撮影:メリット・B・ガースタッド
編集:バシル・ランゲル

出演
フロソ:ウォーレス・フォード
ヴィーナス:レイラ・ハイアムス
クレオパトラ:オルガ・バクラノヴァ
ロスコー(吃音症):ロスコー・エイツ
ヘラクレス:ヘンリー・ヴィクター
ハンス(小人症):ハリー・アールス
フリーダ(小人症):デイジー・アールス
マダム・テトラリーニ(団長):ローズ・ディオン
シャム双生児:デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン
本人(小頭症):スリッツィー
半陰陽者:ジョセフィーヌ・ジョセフ
ハーフボーイ:ジョニー・エック
腕の無い女性:フランシス・オコナー
骨人間:ピーター・ロビンソン
ヒゲ女:オルガ・ロデリック
本人:クー・クー
胴体だけの男:プリンス・ランディアン
ロロ兄弟:エドワード・ブロフィー
ロロ兄弟:マット・マクヒュー
ジップ(小頭症):エルヴァイラ・スノー
ピップ(小頭症):ジェニー・リー・スノー
アンジェロ(小人症):アンジェロ・ロシェット
鳥女:エリザベス・グリーン

アメリカ 映画
配給 MGM
1932年製作 90分(編集版64分)
公開
北米:1932年2月20日
日本:1932年11月
製作費 $310,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
見世物小屋で、怪物のような者達の話を始めた客引きは、ある箱の中の女性を見せる。

それを見た婦人は叫び声をあげて、客引きは、かつて美しい空中ブランコ乗りだったその女性の話をする。
__________

小人のハンス(ハリー・アールス)は、同じ小人のフリーダ(デイジー・アールス)と婚約中だったが、空中ブランコ乗りのクレオパトラ(オルガ・バクラノヴァ)に見とれてしまう。

そんなハンスだったが、自分が愛する人はただ一人、君だとフリーダに伝える。

クレオパトラは、自分に惹かれるハンスをいいカモにしていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想
1923年に発表された、トッド・ロビンスの短編”Spurs”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
サーカス一座の空中ブランコ乗りクレオパトラは、自分に惹かれる小人のハンスを誘惑し、様々なものを貢がせていた。
ハンスの婚約者であるフリーダは、そんな彼に、クレオパトラに遊ばれているだけだと忠告するものの聞き入れてもらえない。
道化のフロソと親交を深め惹かれ合うようになったヴィーナスは、心を痛めるフリーダを気遣う。
自分と別れる決心をしたハンスの金が目当てだと、クレオパトラに伝えたフリーダは、軽率にもハンスには遺産が入ると話してしまう。
それを知ったクレオパトラは、怪力男のヘラクレスと共に、ハンスの財産を奪うことを考える。
そして、ハンスと結婚したクレオパトラは、彼を毒殺する計画を実行するのだが・・・。
__________

旅回りのサーカス一座を舞台に、その団員と見世物小屋の者達の関係などを描く、アーヴィング・タルバーグが製作に参加した古典的ホラーの名作。

現在ではまず製作することは不可能と言える、実際の見世物小屋のスター達が多く出演したことで物議を呼び、イギリスでは公開から30年間、公開禁止となった問題作。

”フリークス”(見世物小屋の怪物)というタイトルであるために、鑑賞するのに覚悟がいるように思えるが、純真な心の持ち主の愛の物語や、悪に対する勇気ある行動、団員達の仲間意識などが丁寧に描かれているところにも注目したい。

小人のカップルを演ずる兄妹ハリー・アールスデイジー・アールスの恋の物語を中心に描いた作品であり、二人に優しく接する人間味のある道化ウォーレス・フォードと、彼に惹かれる団員のレイラ・ハイアムスとの関係に加え、遺産目当ての毒殺計画に展開していく。
更に、それを阻止するために協力し合うフリークスの行動なども描かれた、娯楽の要素満載のトーキー映画黎明期の名作。

現在では非常に高い評価を得て、1994年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

自分に惹かれる団員の財産を奪おうとする空中ブランコ乗りオルガ・バクラノヴァ、彼女と共に毒殺計画に加担する怪力男ヘンリー・ヴィクター、吃音症の団員ロスコー・エイツ、その妻でシャム双生児デイジー・ヒルトン、彼女と体が結合しているヴァイオレット・ヒルトン、団長のローズ・ディオン、小頭症のスリッツィー、半陰陽者のジョセフィーヌ・ジョセフ、上半身だけの男性ジョニー・エック、腕の無い女性フランシス・オコナー、骨人間のピーター・ロビンソン、その妻でヒゲ女のオルガ・ロデリック、鳥女のクー・クー、同じくエリザベス・グリーン、胴体だけの男プリンス・ランディアン、団員の兄弟エドワード・ブロフィーマット・マクヒュー、小頭症のエルヴァイラ・スノーとジェニー・リー・スノー、小人症のアンジェロ・ロシェットなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up