4234 Movies

ナバロンの嵐 Force 10 from Navarone (1978)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1968年に発表された、アリステア・マクリーンの小説”Force 10 From Navarone”を基に製作された作品で、1961年公開の「ナバロンの要塞」の続編。
第二次大戦下、ユーゴスラビアパルチザンとして行動しているドイツのスパイ抹殺の使命を受けた二人と、秘密作戦を命じられた部隊”フォース10”の戦いを描く、監督ガイ・ハミルトン、主演ロバート・ショウハリソン・フォードエドワード・フォックスフランコ・ネロバーバラ・バックカール・ウェザースリチャード・キール他共演の戦争アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ガイ・ハミルトン
製作:オリヴァー・A・アンガー
原作:アリステア・マクリーンForce 10 From Navarone
脚本
ロビン・チャップマン

カール・フォアマン
撮影:クリストファー・チャリス
音楽:ロン・グッドウィン

出演
キース・マロリー少佐:ロバート・ショウ

バーンズビー中佐:ハリソン・フォード
ジョン・アンソニー・ミラー曹長:エドワード・フォックス
レスコヴァー大尉/インガースレーベン大佐:フランコ・ネロ
マリツァ・ペトロヴィッチ:バーバラ・バック
ウィーヴァー軍曹:カール・ウェザース
ドラザック大尉:リチャード・キール
ペトロヴィッチ少佐:アラン・バデル
シュローダー少佐:マイケル・バーン
ジェンセン司令官:フィリップ・レイサム
ダグ・レイノルズ中尉:アンガス・マッキネス

イギリス 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ/コロンビア・ピクチャーズ(イギリス)
AIP(北米)
1978年製作 118分/125分(修復版)
公開
イギリス:1978年11月17日
北米:1978年12月8日
日本:1979年2月10日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $7,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、第二次大戦下、イングランド
ナバロン島に設置されたドイツ軍の巨砲破壊作戦に成功したキース・マロリー少佐(ロバート・ショウ)とジョン・アンソニー・ミラー(エドワード・フォックス)は久しぶりに再会し、ジェンセン司令官(フィリップ・レイサム)に呼ばれる。

マロリーとミラーは、ユーゴスラビアパルチザンとして行動しているドイツのスパイ、ニコライ(フランコ・ネロ)殺害を命ぜられる。

ジェンセンは、秘密作戦の破壊部隊”フォース10”のアメリカ陸軍バーンズビー中佐(ハリソン・フォード)に、科学者で爆薬の専門家でもある曹長に昇進させたミラーとマロリーを同行させるよう指示する。

バーンズビーは指揮官として、部外者の二人を加えることに反対しるが、ジェンセンの考えは変わらなかった。

その夜、秘密作戦を成功させるため誰にも知られないように飛行場のフェンスを破って侵入しようとしたバーンズビーらは、通りがかったMPに見つかってしまう。

バーンズビーらはMPを叩きのめし、連行されていたウィーヴァー軍曹(カール・ウェザース)は彼らに感謝する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1943年、第二次大戦下。
ナバロン島のドイツ軍の巨砲破壊作戦に成功したキース・マロリー少佐と爆破の専門家ミラーは、ユーゴスラビアパルチザンとして行動しているドイツのスパイ、ニコライ殺害を命ぜられる。
秘密作戦部隊”フォース10”の指揮官バーンズビーらと共に現地に向かったマロリーらは、ドイツに協力するドラザック大尉率いるチェトニックに捕えられてしまう。
パルチザンのスパイだったマリツァに助けられたマロリーとバーンズビーは、パルチザンの指揮官ペトロヴィッチ少佐の元に向かう。
ペトロヴィッチ少佐の部下レスコヴァー(ニコライ)のスパイ疑惑が晴れたマロリーとバーンズビーは、爆破不可能だという敵の通路となる鉄橋破壊のため、ミラーらを救出しようとするのだが・・・。
__________

続編ではあるが、戦争アクションをサスペンス・タッチで描いた秀作「ナバロンの要塞」(1961)と比べるのは酷というのがまず第一の感想。

前作に引き続き、登山家でもあるマロリー少佐とミラー伍長(曹長に昇進)、そしてジェンセン司令官だけが登場する、話しとして前作戦のナバロンの巨砲破壊が語られる内容は興味深い。
魅力的な配役ではあるものの、その役柄が前作に比べて個性に欠ける感じで、ユーモアのセンスも中途半端であり、スリルや迫力、そして盛り上がりも今一歩というところだろうか。

ガイ・ハミルトンの演出もやや単調で、クライマックスのミニチュアを駆使した特撮も新鮮味がなく、山中の攻防戦にスケール感もない。

公開当時は、名作の続編であり、話題作で活躍していた多くのスター競演が評判になったが、期待外れだったことしか記憶にない。

しかし、遺作ではないが、公開を待たずに他界したロバート・ショウの味のある演技、その後に大スターとなる若々しいハリソン・フォードの活躍など見所は多い。

爆破の専門家を飄々と演ずるエドワード・フォックスドイツのスパイ、フランコ・ネロパルチザンの女戦士バーバラ・バック、彼女とは前年の「007/私を愛したスパイ」(1977)で共演した、ドイツに協力するチェトニックの巨漢リチャード・キール、部隊に加わる軍曹カール・ウェザースパルチザンの指揮官アラン・バデルドイツ軍指揮官マイケル・バーン、作戦司令官フィリップ・レイサム、部隊員アンガス・マッキネスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020