4846 Movies

燃える平原児 Flaming Star (1960)

対立する白人と先住民の人種問題を描く、監督ドン・シーゲル、主演エルヴィス・プレスリーバーバラ・イーデンスティーヴ・フォレストドロレス・デル・リオジョン・マッキンタイア他共演の西部劇。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


西部劇


スタッフ キャスト
監督:ドン・シーゲル
製作:デヴィッド・ワイスバート
原作:クレア・ハフェーカー”Flaming Lance”
脚本
クレア・ハフェーカー
ナナリー・ジョンソン
撮影:チャールズ・G・クラーク
編集:ヒュー・S・ファウラー
音楽:シリル・J・モックリッジ

出演
ペイサー・バートン:エルヴィス・プレスリー
ロズリン・ピアース:バーバラ・イーデン
クリント・バートン:スティーヴ・フォレスト
ネディ・バートン:ドロレス・デル・リオ
サム・バートン:ジョン・マッキンタイア
トム・ハワード:L・Q・ジョーンズ
ウィル・ハワード:ダグラス・ディック
アンガス・ピアース:リチャード・ジャッケル
バッファロー・ホーン:ロドルフォ・アコスタ
ドレッド・ピアース:カール・スウェンソン
ドロシー・ハワード:アン・ベントン
フィリップス医師:フォード・レイニー
トゥームーン:フィリップ・ロペス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1960年製作 92分
公開
北米:1960年12月16日
日本:1961年4月15日
製作費 $1,700,000
北米興行収入 $1,962,000
世界 $4,360,000


ストーリー
1878年、テキサス
牧場主サム・バートン(ジョン・マッキンタイア)は、前妻の息子クリント(スティーヴ・フォレスト)と後妻ネディ(ドロレス・デル・リオ)との間に生まれたペイサー(エルヴィス・プレスリー)がいた。
ネディは先住民カイオワであったが、彼女自身は白人と良好な関係だった。
町で雑貨店を営むアンガス・ピアース(リチャード・ジャッケル)と妹のロズリン(バーバラ・イーデン)は、ウィル・ハワード(ダグラス・ディック)と弟トム(L・Q・ジョーンズ)、妹でアンガスの婚約者のドロシー(アン・ベントン)と共に、バートン家でクリントの誕生日を祝う。
牧場に戻ったウィルらはカイオワに襲われて、皆殺しにされる。(ウィルは生き延びる)
ある夜、カイオワの戦士バッファロー・ホーン(ロドルフォ・アコスタ)がバートン家に現れるが、昼間話すと言うクリントの指示に従う。
町に向かったクリントとペイサーは、アンガスとロズリンからハワード一家が皆殺しにされたことを知らされる。
ネディとペイサーがいるために襲われないと言われたクリントは、アンガスらに追い払われる。
その後、アンガスの父ドレッド(カール・スウェンソン)らが現れ、ネディやペイサーに敵意を露にして牧場の牛を殺す。
ネディは、白人とカイオワの対立の打開策を探るために、叔父である酋長レイム・クロウに会いに行くことにする。
ペイサーと共に集落に向かったネディだったが、解決には至らなかった。
家に戻る途中、ペイサーとネディは生き延びていたウィルに襲われる。
2人を送るカイオワの戦士トゥームーン(フィリップ・ロペス)を射殺したウィルは、襲いかかって来たペイサーに殺される。
銃弾を受けたネディは重傷を負い、ペイサーは彼女を連れて家に戻る。
クリントとペイサーは町に向かい、医師フィリップス(フォード・レイニー)に助けを求めるが、ドレッドら住人に妨害されてしまう。
娘を捕らえてフィリップスを脅したペイサーとクリントは、彼を家に連れて行き、彼らの後を追ったロズリンも手助けしようとする。
結局は間に合わずにネディは息を引き取り、フィリップスとロズリンを責めるペイサーは、クリントとも諍いを起こす。
白人社会に嫌気がさしたペイサーは、サムに別れを告げてバッファロー・ホーンの元に向かい、共に戦うことを誓うのだが・・・。


解説 評価 感想

1958年に発表された、クレア・ハフェーカーの著書”Flaming Lance”を基に製作された作品。

監督ドン・シーゲル、人気絶頂のエルヴィス・プレスリーが主演し、バーバラ・イーデンスティーヴ・フォレストドロレス・デル・リオジョン・マッキンタイアらが共演した、対立する白人と先住民の人種問題を描く西部劇。

フランク・シナトラマーロン・ブランドがバートン兄弟を演ずる予定だったが、映画スターとしても成功しているエルヴィス・プレスリーが主演することになった。
ミュージカルでもコメディでもない内容であり、先住民と白人のハーフを演じたことが話題になったエルヴィス・プレスリーは、主題歌で甘い歌声を聴かせてくれるものの、演技に専念して俳優としても高く評価された。

解決策が見えない難しい人種問題を鋭い視線で描く、ドン・シーゲルの力強い演出は見もので、共演者のキャスティングもいい。

主人公一家と親しくするものの、偏見という問題に苦悩するバーバラ・イーデン、主人公の兄を熱演するスティーヴ・フォレスト、主人公の母親を好演するドロレス・デル・リオ、彼女を愛する夫で牧場主のジョン・マッキンタイア、彼らと親しくする一家のL・Q・ジョーンズ、その兄で襲われるものの生き延びるダグラス・ディック、その妹アン・ベントン、彼女の婚約者である、ロズリン(バーバラ・イーデン)の兄リチャード・ジャッケル、その父親で雑貨店を経営するカール・スウェンソンカイオワの戦士ロドルフォ・アコスタフィリップ・ロペス、町医者フォード・レイニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022