4956 Movies

熱砂の秘密 Five Graves to Cairo (1943)

帝国ホテル”(1927)の原作である、1917年のラホス・ビロの戯曲”Hotel Imperial”を基に製作された作品。
第二次大戦下の北アフリカを舞台に、イギリス軍の敗残兵がドイツロンメル軍団の秘密を探ろうとするスパイ戦を描く、監督、脚本ビリー・ワイルダーチャールズ・ブラケット共同脚本、主演フランチョット・トーンアン・バクスターエイキム・タミロフエリッヒ・フォン・シュトロハイムペーター・ファン・アイクフォーチュニオ・ボナノヴァ他共演の戦争ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ビリー・ワイルダー
製作:バディ・G・デシルヴァ
原作:ラホス・ビロ”Hotel Imperial”
脚本
チャールズ・ブラケット
ビリー・ワイルダー
撮影:ジョン・F・サイツ
編集:ドーン・ハリソン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ジョン・ブランブル伍長/ダヴォス:フランチョット・トーン
ムーシュ:アン・バクスター
ファリド:エイキム・タミロフ
エルヴィン・ロンメル元帥:エリッヒ・フォン・シュトロハイム
シュヴェグラー中尉:ペーター・ファン・アイク
セバスティアーノ将軍:フォーチュニオ・ボナノヴァ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1943年製作 96分
公開
北米:1943年7月12日
日本:1951年4月3日
製作費 $855,000
北米興行収入 $1,650,000


アカデミー賞
第16回アカデミー賞
・ノミネート
編集・美術(白黒)・撮影賞(白黒)


ストーリー
1942年6月。
イギリス陸軍戦車隊のジョン・ブランブル伍長(フランチョット・トーン)は、エルヴィン・ロンメル元帥(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)指揮下の”アフリカ軍団”による”トブルク占領”でエジプトに追いやられ、唯一の生存者としてシディ・ハルファヤにたどり着く。
熱射病のため朦朧とするブランブルは、ホテル”エンプレス・オブ・ブリテン”を司令部だと思い込む。
ブランブルは、経営者ファリド(エイキム・タミロフ)とフランス人の客室係ムーシュ(アン・バクスター)の前で意味不明な話をしながら意識を失ってしまう。
そこにドイツ軍が現れ、指揮官のシュヴェグラー中尉(ペーター・ファン・アイク)は、ホテルを司令部にするため、ロンメルを迎える準備を始める。
何とか見つからずに済んだブランブルは、前夜に爆撃で命を落とした、脚に障害があった給仕ダヴォスに扮する。
到着したロンメルに呼ばれたブランブルは、ダヴォスがドイツ側のスパイだったことを知る。
その後、イタリア軍のセバスティアーノ将軍(フォーチュニオ・ボナノヴァ)の銃を盗んだブランブルは、ロンメルを殺すことも考える。
イギリス軍捕虜がロンメルの昼食会に招かれ、ブランブルは、ダヴォスを知る捕虜の将校に自分が兵士であることを知らせて、ドイツ側の情報を収集するよう指示される。
昼食会の会話を聞いたブランブルは、ロンメルが戦前に考古学者を装い、エジプトに5つの隠し補給壕”カイロへの5つの墓”を設置したと考え、その場所を探ろうとするのだが・・・。


解説 評価 感想

前年の「少佐と少女」(1942)でハリウッド・デビューしたビリー・ワイルダーが、チャールズ・ブラケットと共同脚本で監督した作品。

第二次大戦下の北アフリカを舞台に、イギリス軍の敗残兵がドイツロンメル軍団の秘密を探ろうとするスパイ戦を描く戦争ドラマ。

ビリー・ワイルダーは主人公にケーリー・グラントを希望するものの実現しなかった。

ドイツアフリカ軍団”の”トブルク占領”から物語が始まるが、撮影が行われたのは、そのわずか7か月後というところが興味深い。

異彩を放つ個性で画面を支配する、エリッヒ・フォン・シュトロハイムが演ずるエルヴィン・ロンメルが元帥に昇進したのがトブルク占領直後の1942年6月22日であり、戦時のまっただ中で撮影されたということに注目したい。
ビリー・ワイルダーは、そのシュトロハイムロンメルを暴君のように演じさせ、時折ユーモアもまじえながら、北アフリカ戦線の転機となるスパイ戦が繰り広げられる緊迫感溢れる物語を見事に演出している。

第16回アカデミー賞では、編集、美術(白黒)、撮影賞(白黒)にノミネートされた。

主演のフランチョット・トーンは、”ロンメルの秘密”を探るイギリス軍兵士を熱演し、デビュー間もない撮影当時19歳のアン・バクスターは、”ダンケルク”のことで主人公を恨むフランス人であり、手放しで彼に協力する気になれない女性を好演している。

主人公に協力するホテルの経営者を、いつもながら印象深く演ずるエイキム・タミロフロンメルの部下である中尉を演ずる、同年デビューしたばかりのペーター・ファン・アイク、陽気なイタリア軍の将軍フォーチュニオ・ボナノヴァなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022