That's Movie Talk!     4034 Movies

悪魔を憐れむ歌 Fallen (1998) 3.56/5 (32)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪霊”アザゼル”にとり憑かれた凶悪犯を逮捕して死刑にしたために霊に追われることになる刑事の苦闘を描く、監督グレゴリー・ホブリット、主演デンゼル・ワシントンジョン・グッドマンドナルド・サザーランドジェームズ・ガンドルフィーニ他競演のミステリー・ホラー。


スリラー/ホラー

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:グレゴリー・ホブリット
製作総指揮
ニコラス・カザン
ロバート・キャヴァロ
テッド・カーディラ

製作
チャールズ・ローヴェン
ドーン・スティール

脚本:ニコラス・カザン
撮影:ニュートン・トーマス・シーゲル
編集:ローレンス・ジョーダン
音楽:タン・ドゥン

出演
デンゼル・ワシントン:ジョン・ホブズ
ジョン・グッドマン:ジョーンジー
ドナルド・サザーランド:スタントン警部補
エンベス・デイヴィッツ:グレタ・ミラノ
ジェームズ・ガンドルフィーニ:ルー
イライアス・コティーズ:エドガー・リース
ガブリエル・カソーズ:アート・ホブズ
マイケル・J・ペイガン:サム・ホブズ
アイダ・タートゥーロ:ティファニー
ロバート・ジョイ:チャールズ・オロム/ミッキー・ヌーンズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1998年製作 124分
公開
北米:1998年1月16日
日本:1998年7月11日
北米興行収入 $25,188,010


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フィラデルフィア
刑事ジョン・ホブズ(デンゼル・ワシントン)は、自分が逮捕した、死刑囚で連続殺人犯エドガー・リース(イライアス・コティーズ)の死刑執行に立ち会うことになる。

上司のスタントン警部補(ドナルド・サザーランド)から、知事の刑執行許可が出たと言われたホブスは、リースの元に向かう。

リースと言葉を交わし握手を求められたホブズは、快くそれに応じるが、彼は意味不明な呪文を唱え、”霊は次々と乗り移る”と言われる。

処刑室に向かったリースは、ホブズやスタントンらの前で処刑される。

その後ホブスは、同僚のジョーンジー(ジョン・グッドマン)やルー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)らと、バーで気晴らしをする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フィラデルフィア
刑事ジョン・ホブズは、逮捕した連続殺人犯リースの死刑執行に立ち会う。
ホブズに意味不明な呪文を唱えたリースは、霊は次々と乗り移ると言い残して処刑される。
その後、リースの言葉を裏付けるような事件が多発し、ホブズは、彼に共犯者がいたのではないかと考える。
リースの言葉と事件現場に残された文字を頼りに、ある自殺した刑事のことに関心を持ったホブズは、その娘である神学者のグレタに会う。
捜査を続けたホブズは、グレタの協力を得ながら、事件には”悪霊/アザゼル”が関わっていることを知るのだが・・・。
__________

悪霊が人にとり憑くというストーリーに斬新さはないが、何かを内に秘めたような雰囲気がある主人公、いかにも犯行に関与していそうな同僚と上司など、ミステリーとして期待を膨らませる展開は、魅力的なキャスティングと共に実に興味深い。

悪霊の視線では色彩のトーンを変えている工夫や、霊が憑いても容姿をは変貌することがない演出などが、かえって不気味な雰囲気を漂わせて効果を上げている。

連続殺人の犯人が悪霊であることがわかり、特殊な事件を周囲には知らせずに捜査を進め、普段関りのない分野に勤勉且つ地道に取り組む温厚な刑事をデンゼル・ワシントンは好演し、どんな役を演じても、柔軟に対応し演ずる彼の演技を見るだけでも十分満足できる。

主人公の同僚でよき理解者であったジョン・グッドマン、主人公の反りが合わない上司ドナルド・サザーランド、同僚刑事のジェームズ・ガンドルフィーニ、主人公に協力する、謎の死を遂げた警官の娘で神学者のエンベス・デイヴィッツ、主人公の弟ガブリエル・カソーズ、その息子のマイケル・J・ペイガン、悪霊がとり憑く死刑囚のイライアス・コティーズ、主人公の同僚アイダ・タートゥーロ、悪霊がとり憑く男ロバート・ジョイなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up