4240 Movies

フェイス/オフ Face/Off (1997)

  •  
  •  
  • 23
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1990年代に大ブレイクした二人、ジョン・トラヴォルタニコラス・ケイジの豪華共演に加え、ハリウッドに進出した監督ジョン・ウーの豪快な演出も冴える、製作総指揮マイケル・ダグラスジョアン・アレンジーナ・ガーション他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ウー
製作総指揮
マイケル・ダグラス

ジョナサン・D・クレイン
スティーヴン・リューサー
製作
デビッド・パーマット

テレンス・チャン
脚本
マイク・ワーブ

マイケル・コリアリー
撮影:オリバー・ウッド
編集
スティーヴン・ケンパー
クリスチャン・ワグナー

音楽:ジョン・パウエル

出演
ショーン・アーチャー:ジョン・トラヴォルタ/ニコラス・ケイジ

キャスター・トロイ:ニコラス・ケイジ/ジョン・トラヴォルタ
イヴ・アーチャー:ジョアン・アレン
サーシャ・ハスラー:ジーナ・ガーション
ポラックス・トロイ:アレッサンドロ・ニヴォラ
ジェイミー・アーチャー:ドミニク・スウェイン
ディートリッヒ・ハスラー:ニック・カサヴェテス
ヴィクター・ラザロ:ハーヴ・プレスネル
ティト・ビオンディ:ロバート・ウィスダム
ウォルトン:ジョン・キャロル・リンチ
ホリス・ミラー:CCH・パウンダー
マルコム・ウォルシュ:コルム・フィオール
リオ・フライ:トミー・フラナガン
ワンダ:マーガレット・チョー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1997年製作 138分
公開
北米:1997年6月27日
日本:1998年2月28日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $112,225,780
世界 $245,676,150


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
FBIの対テロ特別捜査官ショーン・アーチャー(ジョン・トラヴォルタ)は、6年前、テロリスト、キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)に息子を殺され、キャスターへの復讐に燃えていた。

キャスターは、ロサンゼルスを全滅させられるほどの、細菌兵器爆弾をコンベンション・センターに仕掛ける。

その後、キャスターは弟ポラックス(アレッサンドロ・ニヴォラ)と共に、ジェット機で逃亡を企てる。

しかし、機内に潜入していた部下の連絡で、アーチャーは空港に急行する。

滑走路での大追跡が始まり、部下を殺されたアーチャーは、ヘリコプターでジェット機の離陸を阻止し、機体は格納庫に突入する。

そしてアーチャーは、犠牲者を出しながらもキャスターとポラックスを捕らえることに成功する。

帰宅したアーチャーは、学校でトラブルを繰り返している娘ジェイミー(ドミニク・スウェイン)に梃子摺る、妻イヴ(ジョアン・アレン)に、”事件”が解決したことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テロリストのキャスター・トロイに、息子を殺されたFBI特別捜査官ショーン・アーチャーは、遂にキャスターとその弟ポラックスを捕らえる。
しかしアーチャーは、キャスターが細菌爆弾を仕掛けたことを知る。
昏睡状態のキャスターの顔を、新技術で自分に移植したアーチャーは、収監中のポラックスから爆弾の在り処を聞き出そうとする。
その頃、意識を取り戻したキャスターは、自分にアーチャーの顔を移植し、彼の地位を利用して、爆弾テロを阻止ししてヒーローになってしまう。
自分の顔や家族を奪われ、囚われの身となっていたアーチャーは、キャスターの謀略を阻止するために脱獄を企てるのだが・・・。
__________

荒唐無稽などと野暮なことを言ってはいけない!
その斬新なアイデアとハード・アクションを楽しむ娯楽大作。

特に、主演の二人が顔を入れ替えるシーンは、現実味はないものの、なかなか興味深く描かれている。

アクションだけでなく、ラストの家族愛の描写なども、思わずほろりさせる憎い演出だ。

息子を殺された、主人公アーチャーの気持ちを表現しているような、ジョン・パウエルの美しい音楽も印象に残る。

北米興行収入は約1億1200万ドルを記録し、全世界では約2億4600万ドルの大ヒットとなった。

第70回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

どちらも、正義漢、又は悪党に見えるところが非常に面白い二人、ジョン・トラヴォルタニコラス・ケイジの、真正面からのぶつかり合いは最高に見応えがあり、これだけのスターがダブルで二役を演じてくれるため、得した気分になる。

但し、ストーリーを文章にすると、二人の立場が良く分からず、混乱してしまうかもしれない。

上品で知的なアーチャーの妻ジョアン・アレン、悪党の愛人に、これほど似合う女優はいないジーナ・ガーション、子供のようなキャスターの弟アレッサンドロ・ニヴォラ、アーチャーの反抗期の娘ドミニク・スウェイン、悪党だが憎めないサーシャ(G・ガーション)の兄役ニック・カサヴェテス、アーチャーの口うるさい上司ハーヴ・プレスネル、巨漢の看守ジョン・キャロル・リンチ、アーチャーの同僚ロバート・ウィスダムCCH・パウンダーコルム・フィオールマーガレット・チョー、キャスターの手下でトミー・フラナガン等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020