4240 Movies

針の眼 Eye of the Needle (1981)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

弱冠29歳のイギリス人作家ケン・フォレットが、1978年に発表した同名小説の映画化。
第二次大戦末期、勝敗の行方を決することになるノルマンディー上陸作戦の上陸地点を探るドイツのスパイが、決定的な情報を掴みヒトラーの元に向うものの、それを知り阻止しようとする家族や軍部との戦いを描く、監督リチャード・マーカンド、主演ドナルド・サザーランドケイト・ネリガンイアン・バネン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・マーカンド
製作:スティーヴン・J・フリードマン
原作:ケン・フォレット
脚色:スタンリー・マン
撮影:アラン・ヒューム
編集:ショーン・バートン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ヘンリー(ハインリッヒ)・フェイバー:ドナルド・サザーランド

ルーシー・ローズ:ケイト・ネリガン
デヴィッド・ローズ:クリストファー・カザノフ
ゴドリマン警部:イアン・バネン
ビリー・パーキン:フィリップ・マーティン・ブラウン
大尉:スティーヴン・マッケンナ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1981年製作 111分
公開
北米:1981年7月24日
日本:1981年10月
北米興行収入 $17,583,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1940年、第二次大戦下のロンドン
ドイツ軍の空襲で市内は炎上し、多大な被害を受ける。

鉄道員のヘンリー・フェイバー(ドナルド・サザーランド)は、無線連絡中、下宿の女主人にそれを見られ彼女を刺殺する。

新婚のデヴィッド・ローズ(クリストファー・カザノフ)と妻ルーシー(ケイト・ネリガン)は旅行に出かけるが、街道を車で走行中、彼ドがハンドル操作を誤り事故を起こしてしまう。

4年後、スコットランド沖、ストーム島。
事故で両足を失ったデヴィッドは心を閉ざし、2人に子供は生まれたものの、ルーシーにとって、夫婦生活は満ちた足りたものではなかった。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1944年。
ベルリンでは、イギリスに潜伏中のドイツのスパイ、暗号名”針”ヘンリー・フェイバーからの連絡を待つ。
フェイバーは、連合軍ヨーロッパ侵攻が近づく中、その上陸地点を探る重要任務を受けていた。
そして、調査写真を直接ヒトラーに渡すため、フェイバーは、スコットランド沖からUボートで脱出することになっていた。
船を奪い、自分の救出ためのUボートに向かったフェイバーは、時化に遭いストーム島の海岸で座礁してしまう。
フェイバーは、ローズ家にたどり着き介抱されるが、主人のデヴィッドは、事故で両足を失い心を閉ざしていた。
デヴィッドは、身元の知れないフェイバーを警戒するのだが、妻ルーシーは、夫との満足できない生活もあり、紳士的なフェイバーに心を寄せるようになり、やがて2人は結ばれてしまうのだが・・・。
____________

本作がきっかけとなり、2年後のSF超大作「スター・ウォーズ:ジェダイの帰還」(1983)の監督に抜擢されるリチャード・マーカンドは、戦火のロンドンから平穏な孤島を舞台に、全編スリリングな展開でストーリーをまとめている。
また、スパイと知らずに主人公を愛してしまった人妻自らが、その決着をつけなくてはならないという悲劇で、戦争の空虚さも描いている。

ドラマを十分に盛り上げる、いかにもサスペンス・タッチのミクロス・ローザの音楽だが、エンドロールでは思わず、彼の担当作品である「ベン・ハー」(1959)の序曲を髣髴させる、重厚な曲も流れる。

スパイにしては人相に特徴があり過ぎる感じはするが、既に実績を重ねていたドナルド・サザーランドの、温和には見えるが、眼光鋭く冷酷でもある、無駄の無い演技は実に新鮮だ。

クライマックスでの、愛した主人公に銃口を向けなければならない、苦悩の表情が印象的な、後半から終盤にかけて、体を張った演技が光るケイト・ネリガン、事故で足を失って以来心を閉ざす、その夫のクリストファー・カザノフ、主人公を執拗に追い詰める警部イアン・バネンも、渋い演技を見せてくれる。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020