4312 Movies

氷の接吻 Eye of the Beholder (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人を繰り返す謎の女を監視する諜報員の行動を描く、監督、脚本ステファン・エリオット、主演ユアン・マクレガーアシュレイ・ジャッドジュヌヴィエーヴ・ビジョルドパトリック・バーギン他共演のミステリー・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ステファン・エリオット
製作
ニコラス・クレアモント
トニー・スミス
製作総指揮
ヒラリー・ショー
マーク・ダモン
原作:マルク・ベーム”The Eye of the Beholder”
脚本:ステファン・エリオット
撮影:ギ・デュフォー
編集:スー・ブライニー
音楽:マウリス・ド・ヴリース

出演
スティーヴン・ウィルソン/ザ・アイ/天使:ユアン・マクレガー
ジョアナ・エリス:アシュレイ・ジャッド
アレクサンダー・レナード:パトリック・バーギン
ジャンヌ・ブロート博士:ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
ゲイリー:ジェイソン・プリーストリー
ルーシー・ウィルソン:アン・マリー・ブラウン/ケイトリン・ブラウン
ヒラリー:k.d.ラング

アメリカ 映画
配給 デスティネーション・フィルムズ
2000年製作 109分
公開
北米:2000年1月28日
日本:2000年3月11日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $16,500,790
世界 $17,589,710


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワシントンD.C.イギリス大使館、国際調査部。
諜報員であるコードネーム”ザ・アイ”ことスティーヴン・ウィルソン(ユアン・マクレガー)は、妻と娘に去られて以来、娘ルーシー(アン・マリー・ブラウンアン・マリー・ブラウン/ケイトリン・ブラウン)の幻覚を見るようになっていた。

ある調査の依頼を受けたスティーヴンは、博物館で監視対象が謎の女(アシュレイ・ジャッド)と接触した後、殺害される現場を目撃してしまう。

現場からグラスを奪い、死体を処分して逃げた女を追跡したスティーヴンは、ペンシルベニアに向かう。

ガソリンスタンドに寄った女が捨てたゴミを拾ったスティーヴンは、ピッツバーグユニオン駅から、国際調査部のヒラリー(k.d.ラング)に連絡を入れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1980年に発表された、マルク・ベームの小説”The Eye of the Beholder”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
イギリス大使館、国際調査部の諜報員コードネーム”ザ・アイ”ことスティーヴン・ウィルソンは、妻と娘に去られて以来、娘ルーシーの幻覚を見るようになっていた。
ある調査の依頼を受けたスティーヴンは、監視対象者が謎の女に殺されるのを目撃する。
女に何かを感じたスティーヴンは、独断で彼女を監視してニューヨークに向かい、刑事を殺した女の尾行を続ける。
空港で盲目の紳士レナードに目を付けた女は、彼と共にサンフランシスコに向かう。
ワイナリーを所有する富豪のレナードと関係を深める女を監視するスティーヴンは、彼女が保護観察の経験がある”ジョアナ・エリス”という女性であることを知る。
ボストンに向かい、保護観察官だった精神科医ジャンヌに会ったスティーヴンは、ジョアナの辛い過去などを知るのだが・・・。
__________

妻と共に去った娘の幻覚に悩ませられながら、殺人鬼である女性の虜となり、彼女を”監視”し続ける諜報員の行動を描くミステリー・サスペンス。

オーストラリアの若手映画監督として注目されたステファン・エリオットが脚本を兼ねた作品で、着実にキャリアを重ね「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」(1999)で若き”オビ=ワン・ケノービ”を演じた直後のユアン・マクレガーと魅力的なアシュレイ・ジャッドの共演が話題になった作品。

終始、謎めいた雰囲気で進行するミステリーとして、まずまず楽しめる作品なのだが、魔性の女風のヒロインが登場することで”氷”と付けた邦題が何とも間抜けに思える。(接吻も意味不明)

失うことばかりで幸薄い人生を送った女性が、保護観察の経験で変わり殺人鬼となり、満足できる一生を送ることができなかったものの、自分を監視し見守ってくれていた”守護天使”の存在を知りつつ息を引き取るまでを描く、少々、難解な内容となっている。

主演のユアン・マクレガーは、妻と共に姿を消した娘の幻覚に悩まされながら謎の女の守護天使としての”監視”を続ける諜報員を熱演し、ヒロインを演ずるアシュレイ・ジャッドは、殺人鬼ではあるが、悲しい過去を抱えながら幸薄い人生を送る女性を魅力的に演じている。

ヒロインと関係を持つ盲目の富豪パトリック・バーギン、保護観察官時代にヒロインの世話をした精神科医ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ヒロインに襲い掛かかるジャンキーの青年ジェイソン・プリーストリー、幻覚として登場する主人公の娘アン・マリー・ブラウンとケイトリン・ブラウン、主人公と連絡を取り合うイギリス大使館、国際調査部の職員k.d.ラングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020