4216 Movies

小さな命が呼ぶとき Extraordinary Measures (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

治療法のない難病”ポンペ病”を患う娘と息子の命を救おうとするビジネスマンが、その権威である頑固な化学者と共に新薬開発のために闘う日々を描く、ブレンダン・フレイザーハリソン・フォードケリー・ラッセル共演、監督トム・ボーンによる実話を基にしたドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:トム・ボーン
製作総指揮
ハリソン・フォード

ナン・モラレス
製作
ステイシー・シェール

マイケル・シャンバーグ
カーラ・サントス・シャンバーグ
原作:ジータ・アナンド
”The Cure: How a Father Raised $100 Million – And Bucked the Medical Establishment – in a Quest to Save His Children”
脚本:ロバート・ネルソン・ジェイコブス

撮影:アンドリュー・ダン
編集:アン・V・コーツ
音楽:アンドレア・グエラ

出演
ジョン・クラウリーブレンダン・フレイザー

ロバート・ストーンヒル:ハリソン・フォード
アイリーン・クラウリー:ケリー・ラッセル
メーガン・クラウリー:メレディス・ドローガー
パトリック・クラウリー:ディエゴ・ベラスケス
ジョン・クラウリーJr.:サム・H・ホール
ケント・ウェバー博士:ジャレッド・ハリス
マーカス・テンプル:コートニー・B・ヴァンス
エリック・ローリング:パトリック・ボーショー
レンズラー博士:デヴィッド・クレノン
ピート・サトフェン:アラン・ラック
サル:ディー・ウォレス

アメリカ 映画
配給 CBS Films

2010年製作 105分
公開
北米:2010年1月22日
日本:2010年7月24日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $11,854,690
世界 $15,134,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
オレゴンポートランド
ビジネスマンのジョン・クラウリー(ブレンダン・フレイザー)は、妻アイリーン(ケリー・ラッセル)と、8歳の娘メーガン(メレディス・ドローガー)、6歳の息子パトリック(ディエゴ・ベラスケス)、ジョンJr.(サム・H・ホール)と暮らしていた。

しかし、ジョンとアイリーンは、難病”ポンペ病”に苦しむメーガンとパトリックの看病をする毎日を送っていた。

ボーリング場で、メーガンの8歳の誕生日を祝ったジョンは、その夜もポンペ病について調べていた。

筋ジストロフィー”の一種とされるポンペ病の発病患者の寿命は、長くても9年ということだった。

ネブラスカ大学”の教授、ロバート・ストーンヒル博士(ハリソン・フォード)が、ポンペ病研究の第一人者だと知っていたジョンは彼に電話をする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2003年にピューリッツァー賞を受賞したジータ・アナンドの著書”The Cure: How a Father Raised $100 Million – And Bucked the Medical Establishment – in a Quest to Save His Children”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
オレゴンポートランド
エリート・ビジネスマンのジョン・クラウリーは、妻アイリーンと共に、難病”ポンペ病”を患う8歳の娘メーガンと6歳の息子パトリックの看病を続けていた。
余命短い子供達のために、ジョンは行動に出ることを決心し、”ネブラスカ大学”の教授で、ポンペ病研究の第一人者ストーンヒル博士に会う。
ストーンヒルに実験の資金提供を約束したジョンは、会社を辞めて、アイリーンと共に各方面に援助を求める。
頑固なストーンヒルは、自分の思い通りに研究を進めるために、自分達で起業することをジョンに提案する。
融資を受けて事業を始め、研究を続けた二人だったが、成果が得られずに資金提供を止められる危機に直面する。
ジョンはストーンヒルと衝突しながらも、子供達の命を優先することを考え、ライバル社の”ザイマジェン”に買収を打診して契約を済ませ、研究を続けようとするのだが・・・。
__________

筋ジストロフィー”の一種とされる”ポンペ病”と闘う家族と化学者らを描くドラマなのだが、まず、患者の子供達を含めて悲壮感漂うこともなく、殆どの場面で人々の考えがポジティブなところがいかにもアメリカ映画らしい。

二人の子供を同じ病気で看病する家族にとって”悲劇”とも言える状況も、苦労する表情は描写されるものの、闘う意思が感じられる、力強さを前面に出す描き方をしている。

子を持つ親なら誰でも理解できる、前進あるのみという雰囲気の知的な男性、理想の父親をブレンダン・フレイザーは好演し、どこか古風なキャラクターでもある、風変わりで頑固な化学者を演ずるハリソン・フォードの熱演も光る。

主人公を支える妻ケリー・ラッセル、難病の娘メレディス・ドローガー、同じく息子のディエゴ・ベラスケス、長男サム・H・ホール、大手製薬会社の重役ジャレッド・ハリスCEOパトリック・ボーショー、同じ難病の子を持つコートニー・B・ヴァンス、投資会社のデヴィッド・クレノン、主人公の同僚役アラン・ラック、ウエイトレスのディー・ウォレス、そして製作者であるマイケル・シャンバーグと、主人公本人ジョン・クラウリーが投資会社顧問としてカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020