4233 Movies

栄光への脱出 Exodus (1960)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1958年に発表された、レオン・ユーリスの小説”Exodus”(原題)の映画化。
第二次大戦中のナチス・ドイツによるホロコーストを逃れたユダヤ人のパレスチナへの入植と、パレスチナ分割が決まりイスラエルが建国していくまでを描く、製作、監督オットー・プレミンジャー、脚本ダルトン・トランボ、主演ポール・ニューマンエヴァ・マリー・セイントラルフ・リチャードソンピーター・ローフォードリー・J・コッブサル・ミネオ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:オットー・プレミンジャー
製作:オットー・プレミンジャー
原作:レオン・ユーリス
脚本:ダルトン・トランボ
撮影:サム・リーヴィット
編集:ルイス・R・ローフラー

ポスター・デザイン:ソウル・バス
音楽:アーネスト・ゴールド

出演
ポール・ニューマン:アリ・ベン・カナン
エヴァ・マリー・セイント:キャサリン”キティ”・フリーモント
ラルフ・リチャードソン:サザーランド将軍
ピーター・ローフォード:コールドウェル少佐
リー・J・コッブ:バラク・ベン・カナン
サル・ミネオ:ドヴ・ランダウ
ジョン・デレク:タハ
デヴィッド・オパトシュー:アキヴァ・ベン・カナン
ヒュー・グリフィス:マンドリア
ジル・ハワース:カレン・ハンセン
ポール・スティーヴンス:ルーベン
マーティン・ミラー:オデンハイム医師
アレグザンドラ・スチュアート:ジョダナ・ベン・カナン
フェリックス・エイルマー:リーバーマン医師
マリウス・ゴーリング:フォン・ストーク

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1960年製作 207分
公開
北米:1960年12月15日
日本:1961年7月22日
製作費 $4,000,000
世界 $21,750,000


アカデミー賞 ■
第33回アカデミー賞
・受賞
音楽賞(ドラマ・コメディ)
・ノミネート
助演男優(サル・ミネオ)
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1947年、イギリスの統治領キプロス島。
アメリカ人のキティ・フリーモント(エヴァ・マリー・セイント)は、ナチス・ドイツホロコーストを生き抜き、パレスチナに向かおうとしているユダヤ人を、イギリスが収容所に送り込もうとしていることを知る。

イギリスアラブ諸国との紛争を避けるためとった政策ではあるが、キティは真意を確かめるために、イギリス軍司令官サザーランド将軍(ラルフ・リチャードソン)の元に向かう。

サザーランド将軍は、カメラマンであったキティの夫の死を悼み、その勇敢さを称える。

キティは、帰り際に見送ってくれたコールドウェル少佐(ピーター・ローフォード)から、将軍がユダヤ人問題に苦慮していると聞き、益々興味を抱き、島に滞在することを決める。

その頃、ユダヤ人地下組織のアリ・ベン・カナン(ポール・ニューマン)が島に潜入し、同志ルーベン(ポール・スティーヴンス)に迎えられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1947年。
イギリスの統治領キプロス島。
アメリカ人のキティ・フリーモントは、ナチス・ドイツホロコーストを生抜き、パレスチナに向かおうとするユダヤ人を、イギリスが収容所に送り込もうとしていることを知る。
アラブ諸国との紛争を避けるためとった政策だったが、その頃、ユダヤ人地下組織のアリ・ベン・カナンが島に潜入し、パレスチナに同胞を移送する計画を進める。
イギリスはそれを阻止しようとするが、ユダヤ人はハンストを決行し、ついに出航が認められ、”エクソダス”と改名した船はハイファへと向かうのだが・・・。
__________

原題は、当時、イギリスの統治領キプロス島から、強行脱出しようとする船に付けられた”Exodus”で、”旧約聖書”のモーセユダヤ人を率いエジプトから脱出した”出エジプト記”と、本来の意味”国外脱出、大量出国”から引用されている。

第33アカデミー賞では、アーネスト・ゴールドが音楽賞を受賞し、その主題曲は、映画史上に残る名曲として語り継がれる、勇壮で力強く尚且つ、民族問題に翻弄される人々の苦悩を表現する曲に仕上がっている。
・ノミネート
助演男優(サル・ミネオ)
撮影賞(カラー)

キプロス島の脱出までの展開は、オットー・プレミンジャーらしい、皮肉を込めたユーモアあるシーンが随所に見られ、ダルトン・トランボの脚本を見事に生かし、序章として十分楽しませてくれる。

それほどスケールが大きい訳でもなく、派手な内容でもないが、歴史の大きなうねりを感じさせる、緊張感のある、中盤からのサスペンス・タッチの展開は、3時間30分弱の長編にも拘らず、クライマックスまで飽きることがない。

但し、時折見られるややちぐはぐな編集などが気になり、主人公の2人が始めて愛を語るキスシーンでは、カメラマンの影が映ってしまう場面などもあり、ロマンチックなシーンを台無しにしている。

30代半ばのポール・ニューマンは、台詞を語らなくても、その雰囲気だけで十分魅力的なところが実に彼らしく、野心ある地下活動家を好演している。

冒頭からの登場となるエヴァ・マリー・セイントは、主役と言っていいほどの存在感を示し、精神的に逞しく、また清潔感溢れる美しさも際立っている。

ユダヤ人に友好的な、イギリス軍司令官ラルフ・リチャードソンの、統率力があり茶目っ気まで兼ね備えた人物像も興味深い。

対照的に、自分のミスでユダヤ人移送を知らずに手伝ってしまう、ひょうきんなイギリス軍将校ピーター・ローフォード、主人公の父でユダヤ機関のリーダーのリー・J・コッブ、過激派に身を投ずる青年サル・ミネオ、その恋人で、重要な役を演ずる少女ジル・ハワースユダヤに友好的なアラブ人領主ジョン・デレク、主人公の叔父である過激派イルグンのリーダー、デヴィッド・オパトシューキプロスの協力者ヒュー・グリフィス等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020