4217 Movies

エグゼクティブ・デシジョン Executive Decision (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

対テロ特殊部隊に加わったアメリカ陸軍情報部顧顧問とテロリストの戦いを描く、監督、編集スチュアート・ベアード、主演カート・ラッセルスティーヴン・セガールハリー・ベリージョン・レグイザモオリヴァー・プラット他共演のサスペンス・アクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:スチュアート・ベアード
製作
ジョエル・シルバー

ジム・トーマス
脚本
ジム・トーマス

ジョン・C・トーマス
撮影:アレックス・トムソン
編集
スチュアート・ベアード

フランク・J・ユリオステ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
デイヴィッド・グラント博士:カート・ラッセル

オースティン・トラヴィス中佐:スティーヴン・セガール
ジーン:ハリー・ベリー
ラット大尉:ジョン・レグイザモ
デニス・ケーヒル:オリヴァー・プラット
ナジ・ハッサン:デヴィッド・スーシェ
”キャピー”マセニー軍曹:ジョー・モートン
マヴロス上院議員:J・T・ウォルシュ
エル・サイード・ヤファ:アンドレアス・カツーラス
アリソン:メアリー・エレン・トレイナー
ジョージ・エドワーズ航空保安官:リチャード・リール
ナンシー:マーラ・メイプルズ
チャールズ・ホワイト国防長官:レン・キャリオー
ルーイ軍曹:B・D・ウォン
ベイカー軍曹:ウィップ・ヒューブリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1996年製作 133分
公開
北米:1996年3月15日
日本:1996年10月26日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $68,750,000
世界 $121,969,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1995年5月17日、イタリアトリエステ郊外。
アメリカ陸軍のオースティン・トラヴィス中佐(スティーヴン・セガール)は、特殊部隊を率い、チェチェン・マフィアのアジトを襲撃するが、神経ガスDZ-5の回収に失敗してしまう。

3ヵ月後、メリーランド州。
アメリカ陸軍情報部顧問デイヴィッド・グラント博士(カート・ラッセル)は、世界で最も恐れられているテロリストのエル・サイード・ヤファ(アンドレアス・カツーラス)が拉致されたという報告を受ける。

マヴロス上院議員(J・T・ウォルシュ)を乗せた、アテネ発のワシントンD.C.ダレス国際空港行きのオーシャニック航空の旅客機747-200が飛び立とうとしていた頃、ロンドンのレストランで自爆テロが起きる。

そして、その旅客機は、武装したテロリストのナジ・ハッサン(デヴィッド・スーシェ)らにハイジャックされてしまう。

客室乗務員ジーン(ハリー・ベリー)は、乗客名簿にジョージ・エドワーズ航空保安官(リチャード・リール)の名前があることに気づき、ハッサンの目を盗みそれを隠す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テロリストの大物が拉致されて、その同胞が、ワシントンD.C.行きの旅客機をハイジャックし釈放を要求する。
アメリカ陸軍情報部顧問デイヴィッド・グラント博士は、特殊部隊が回収に失敗した神経ガスを、テロリスト達が機内に持ち込んだ可能性を国防長官に指摘する。
それが爆破されれば、多大なる被害が及ぶことを恐れた国防長官は、旅客機を着陸させるか撃墜するかの選択を迫られる。
神経ガスの回収に失敗したトラヴィス中佐は、特殊部隊を率いステルス攻撃機リモーラ”で旅客機にドッキングして機内に侵入する作戦を提案する。
そしてトラヴィスは、技術者の軍事研究員であるケーヒル、そしてアドバイザーとしてグラントを同行させ、計画を実行に移すのだが・・・。
__________

民間人に近い主人公の軍事顧問、頼みの特殊部隊は作戦決行間後もなく指揮官を失い、負傷者を抱え装備も不足する。
その中で、ヒーローが孤軍奮闘する戦いを描くストーリーではなく、登場人物各人の活躍により事件を解決する終盤までの展開は見応え十分。

北米興行収入は7000万ドル弱に終わったが、全世界では1億2000万ドルを超す、まずまずのヒットとなった。

人気スターのカート・ラッセルと肉体派で人気急上昇中のスティーヴン・セガールの共演ということで、大いに話題になった作品。

スーパー・ヒーローという雰囲気でもないカート・ラッセルだが、クライマックスでは主役らしく大活躍を見せ、一方、得意のアクションも全く見せないまま、ドラマ途中で命を落とすスティーヴン・セガールの役柄はファンを失望させることになり、ラジー賞にもノミネートされてしまった。

セガールらしく登場するにも拘らず、突然画面から消えてしまうのは疑問で、そのせいか同年の「グリマーマン」(1996)以降、メジャー作品から遠ざかってしまっているのは残念でならない。

中盤以降の活躍が際立つ、客室乗務員ハリー・ベリー、特殊部隊員の大尉ジョン・レグイザモ、軍事研究員のエンジニアであり、くわえていたストローで、爆破を何とか阻止するオリヴァー・プラット、テロリストのリーダーを演ずるデヴィッド・スーシェ、特殊部隊員のジョー・モートンB・Dウォンウィップ・ヒューブリー上院議員役J・T・ウォルシュ国防長官レン・キャリオー、拉致される大物テロリスト役のアンドレアス・カツーラス、航空保安官役のリチャード・リール、客室乗務員メアリー・エレン・トレイナーマーラ・メイプルズ(ドナルド・トランプの妻/当時)等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020