4214 Movies

スターリングラード Enemy At the Gates (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦中、ソ連軍に実在した伝説的狙撃兵ヴァシリ・ザイツェフの戦いを描く、製作、監督、脚本ジャン=ジャック・アノー、主演ジュード・ロウジョセフ・ファインズエド・ハリスレイチェル・ワイズボブ・ホスキンス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:ジャン=ジャック・アノー
製作総指揮
アラン・ゴダール

アリサ・テイガー
製作
ジャン=ジャック・アノー
ジョン・D・スコフィールド
脚本
ジャン=ジャック・アノー
アラン・ゴダール

撮影:ロベール・フレース
編集
ノエル・ボイソン

ハンフリー・ディクソン
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ジュード・ロウヴァシリ・ザイツェフ
ジョセフ・ファインズ:ダニロフ
エド・ハリス:エルヴィン・ケーニッヒ少佐
レイチェル・ワイズ:ターニャ・チェルノワ
ボブ・ホスキンスニキータ・フルシチョフ
マチアス・ハビッヒフリードリヒ・パウルス将軍
ガブリエル・トムソンサーシャ・フィリポフ

ロン・パールマン:クリコフ

アメリカ・ドイツ・イギリス・アイルランド 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2001年製作 131分
公開
北米:2001年3月16日
ドイツ:2001年3月15日
イギリス:2001年3月16日
日本:2001年4月14日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $ 51,396,780
世界 $96,971,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1942年、第二次大戦、東ヨーロッパ戦線。
ドイツ軍の攻勢は続き、アジアの油田を手中にするためソ連に侵攻する。

ソ連軍は、スターリングラードで必死の防衛戦を展開していた。

9月20日。
現地に移送され、ヴォルガ川を渡り最前線に送られた青年兵ヴァシリ・ザイツェフ(ジュード・ロウ)は、数発の弾丸だけを受け取り、ドイツ軍が待ち受ける戦地に向かう。

突撃したザイツェフらは敵の攻撃を受けて次々と死亡し、撤退する者は味方に射殺された。

政治将校ダニロフ(ジョセフ・ファインズ)は、車で戦場に突進するものの、攻撃を受け兵士の死体の中に身を潜める。

戦いで味方が全滅する中、ザイツェフは奇跡的に生き残り、敵兵が去った後で銃を手にしたダニロフに声をかける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1942年9月、第二次大戦
ソ連軍は、東ヨーロッパ戦線でドイツ軍の攻勢を受け、スターリングラード防衛戦を展開していた。
最前線に送られた青年兵ヴァシリ・ザイツェフは、戦いで味方が全滅する中、奇跡的に生き残り、政治将校ダニロフに出会う。
ザイツェフは、猟で身に付けた射撃の腕で、その場のドイツ軍将校を次々と狙撃する。
その後ザイツェフは、ダニロフの提案で軍の士気を高めるため、英雄的狙撃兵としてソ連共産党プロパガンダに利用される。
やがてザイツェフとダニロフは、ドイツ語を話せるレジスタンスのターニャに出会い、二人は密かに彼女に惹かれる。
その頃ドイツ軍は、ザイツェフを抹殺するために、狙撃兵ケーニッヒ少佐を スターリングラードへと派遣する・・・。
__________

ヴォルガ川の対岸から見る、攻撃を受ける側のスターリングラードの街並みや、廃墟化した市街は、スターリングラード攻防戦の参考資料を見る限り、かなり忠実に再現されている。

ジャン=ジャック・アノーの演出と脚本は、ややドラマチック過ぎるようにも思える。
戦争かロマンスか、どちらを重点に描きたかったのかも曖昧である。

スクリーンに登場するだけで、見栄えがして魅力的なジュード・ロウ、「ドクトル・ジバゴ」(1965)のトム・コートネィを彷彿させる役柄の、政治将校のジョセフ・ファインズ、勇敢に戦う体を張った演技を見せるレイチェル・ワイズら若手実力派による熱演は見ものだ。

そして、ドイツ軍将校役が、これほどまでに似合うと惚れ惚れしてしまう、狙撃兵役のエド・ハリスの存在と演技力で、作品の格が数段上がったとも言える。

戦場に駆り出された猟師なので仕方がないが、一撃必殺のスナイパーにしては、ジュード・ロウの甘いマスクは精悍さが足りない。
ジャッカルの日」(1973)の主人公エドワード・フォックスのような、外見的美的感覚に加えた、銃の扱いや身のこなしが欲しかった気もする。
そちらはプロの殺し屋、役柄が違うので比較もできないが・・・。

ただエド・ハリスのキャラクターとぶつかってしまうので、このくらいで良かったのかもしれない。

ニキータ・フルシチョフ役のボブ・ホスキンスフリードリヒ・パウルス将軍マチアス・ハビッヒ、少年サーシャ・フィリポフを演ずるガブリエル・トムソン、狙撃兵ロン・パールマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020