4234 Movies

食べて、祈って、恋をして Eat Pray Love (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に発表された、エリザベス・ギルバートのベストセラー自伝小説”Eat, Pray, Love”の映画化。
何不自由ない生活していたジャーナリストが、満ち足りた日々が送れないことに悩んだ末の自分探しのを描く、製作総指揮ブラッド・ピット、監督、脚本ライアン・マーフィー、主演ジュリア・ロバーツハビエル・バルデムジェームズ・フランコビリー・クラダップリチャード・ジェンキンスヴィオラ・デイヴィス他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ライアン・マーフィー
製作:デデ・ガードナー
製作総指揮
ブラッド・ピット

スタンリー・J・ヴロドコウスキー
ジェレミー・クライナー

原作:エリザベス・ギルバートEat, Pray, Love
脚本
ライアン・マーフィー

ジェニファー・ソルト
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:ブラッドリー・ビューカー
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演
エリザベス・ギルバートジュリア・ロバーツ

フェリペ:ハビエル・バルデム
デヴィッド:ジェームズ・フランコ
スティーヴン:ビリー・クラダップ
リチャード:リチャード・ジェンキンス
デリア・シーラス:ヴィオラ・デイヴィス
コレーラ:ソフィー・トンプソン
アンディ・シーラス:マイク・オマリー
ワヤン:クリスティン・ハキム
クトゥ・リヤー:ハディ・サビアント
ジョヴァンニ:ルカ・アルジェンテロ

ソフィー:ツヴァ・ノヴォトニー
ルカ・スパゲティ:ジョゼッペ・ガンディーニ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2010年製作 140分
公開
北米:2010年8月13日
日本:2010年9月17日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $80,574,000
世界 $204,594,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
バリ
ジャーナリストのエリザベス・ギルバート(ジュリア・ロバーツ)は、占い師クトゥ・リヤー(ハディ・サビアント)に、全財産を失うと予言される。

6ヵ月後、ニューヨーク
何不自由ない生活を送っていたエリザベスは、どこか空虚な日々を送り悩み、夫スティーヴン(ビリー・クラダップ)との離婚を決意する。

そんな時エリザベスは、ヨガの修行者で、役者でもある年下の男性デヴィッド(ジェームズ・フランコ)と恋に落ちる。

しかし、それも長くは続かず、エリザベスは、1年の休暇をとり、自分探しの旅に出ることを、友人デリア・シーラス(ヴィオラ・デイヴィス)に伝える。

離婚も成立したエリザベスは、イタリアからインド、そしてバリに向かう旅に出発する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ジャーナリスト、エリザベス・ギルバートは、平凡な日々に飽き足らず、夫スティーヴンと離婚を決意する。
若い恋人デヴィッドとの交際を始めるものの、それも長くは続かず、エリザベスは、1年間、自分探しの旅に出ることを決める。
ローマに滞在することにしたエリザベスは、イタリア語を習いながら、美味しい料理を食べまくり、次に、インドで修業道場に入る。
テキサスから来たリチャードとの親交を深めたエリザベスは、その後、今回の旅のきっかけにもなった、1年前に訪れたバリに向かい、占い師のクトゥの手伝いをしながらの日々を送る。
そんな時、エリザベスは、ちょっとした事故をきっかけに、現地のツアーガイドのフェリペに出会い、彼に惹かれていくのだが・・・。
__________

世界40カ国以上で約700万部を売り上げた原作の映画化に加え、ジュリア・ロバーツ他、名だたるスターの競演も話題になった。

しかし、原作を読んでいないので何とも言えないが、各地の美しい風景や生活様式などは興味深く描かれているものの、ストーリーにそれほど斬新さもなく、主人公の生き方に共感できない者にとっては、あまり刺激を受けない作品でもある。
原作では、どのように主人公の気持ちを掘り下げて表現されているのか、そのあたりは興味津々なのだが・・・。

そんな主人公を熱演するジュリア・ロバーツも、各地で出会う人々の個性に、影が薄い、とまでは言わないが、今一平凡というのが正直なところだ。

興行収入は、北米で約8100万ドル、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

終盤でしか登場しないが、確りと存在感を示し、主人公の心を掴み、そして、彼女の心を癒す男性ハビエル・バルデム、ヨガの修行者で、役者でもある主人公の若い恋人ジェームズ・フランコ、主人公の夫ビリー・クラダップ、中盤で、主人公に刺激を与える男性としての好演が光るリチャード・ジェンキンス、同じ修行の身のソフィー・トンプソン、主人公の友人ヴィオラ・デイヴィス、その夫マイク・オマリーバリで親交を深める思慮深い治療師クリスティン・ハキム、同じくアドバイザーの占い師役ハディ・サビアント、ローマで知り合う若者達ルカ・アルジェンテロツヴァ・ノヴォトニージョゼッペ・ガンディーニなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020