4161 Movies

ふしだらな女 Easy Virtue (1928)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1924年に上演された、ノエル・カワードの舞台劇”Easy Virtue”を基に製作された作品。
離婚訴訟で傷ついた心を癒そうとした女性が、”安易な美徳”を求めた末に起きる”報い”を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演イザベル・ジーンズロビン・アーヴァインイアン・ハンター他共演のドラマ。


ドラマ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:マイケル・バルコン
原作:ノエル・カワードEasy Virtue”(戯曲)
脚本:エリオット・スタナード

撮影:クロード・L・マクドネル
編集:イヴォール・モンタギュー

出演
ラリータ・フィルトン/ラリータ・ホイットテッカー:イザベル・ジーンズ

ジョン・ホイットテッカー:ロビン・アーヴァイン
原告弁護人:イアン・ハンター
ホイットテッカー大佐:フランク・エリオット
オーブリー・フィルトン:フランクリン・ダイオール
クロード・ロブソン:エリック・ブランズビー・ウィリアムズ
ホイットテッカー夫人:ヴァイオレット・フェアブラザー
マリオン・ホイットテッカー:ダーシア・ディーン
ヒルダ・ホイットテッカー:ドロシー・ボイド

サラ:エニッド・スタンプ・テイラー

イギリス 映画
配給
Woolf & Freedman Film Service(イギリス)
Sono Art-World Wide Pictures(北米)
1928年製作 70分
公開
イギリス:1928年3月5日
北米:1928年6月
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
”美徳は報いを受ける。
しかし、安易な美徳は、誹謗中傷という社会的な報いを受けることになる。”
__________

イングランド
ラリータ・フィルトン(イザベル・ジーンズ)の離婚裁判。

画家のクロード・ロブソン(エリック・ブランズビー・ウィリアムズ)と浮気をしたと思われるラリータは証言台に立ち、その件を追及される。

原告の弁護人(イアン・ハンター)は、持ち出した証拠品である酒のボトルについての説明をラリータに求める。
__________

クロードのアトリエで肖像画を描いてもらっているラリータの脇で、夫オーブリー(フランクリン・ダイオール)は、ボトルの酒を飲み続ける。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約21分、テニスコートにいたヒロイン(イザベル・ジーンズ)の横をステッキを手に通り過ぎ、その場を去る太った男性。
後姿なので注意していないと分からない。

*(簡略ストー リー)
イングランド
ラリータ・フィルトンは自殺した画家クロードとの浮気を疑われ、離婚裁判で有罪になる。
世間の目が気になり耐え切れないラリータは、コート・ダジュールに向い青年ジョンと出会う。
そして、傷ついた心を癒してくれたジョンとの結婚を決意し、夫人となったラリータは帰国する。
ジョンの家族に紹介されたラリータだったが、彼の母親に嫌われて素性を探られる。
やがて、話題になった離婚裁判の当事者であることを知られたラリータは、母親から酷い仕打ちを受け、ジョンの心も彼女から離れていく・・・。
__________

デザイナーから美術を担当し、監督となり既に10作以上の作品を手掛けていたアルフレッド・ヒッチコック演出のサイレント映画。

弱冠25歳のノエル・カワードが書いた戯曲を基に、独特の風刺や皮肉が入り混じる、当時としてはかなり刺激的な内容だったと想像ができる作品。

2008年にジェシカ・ビールコリン・ファースクリスティン・スコット・トーマス共演で再映画化された。

サイレント作品なので、説明不十分でやや分かり難い場面はあるのだが、時計の振子で時間の経過を表現したり、電話交換手の表情だけで主人公の結婚を伝えるシーンなど、かなり工夫が見られる興味深い作品。

サスペンスでもスリラーでもないヒッチコック作品であるが、”謎の物体”が裁判長のカツラだと分かる冒頭のシーンから異様なムードが漂い、後の彼の作品に影響しているようなシーンが多く見られる。

心傷ついた女性から恋する女、そして、素性を知られて開き直り、魔性の女の様な表情も見せるイザベル・ジーンズの好演は見ものだ。
恋の手ほどき」(1958)でヒロインの大伯母を演じ、60代後半にも拘らずその美しさに驚いた方も多いはずだ。

ヒロインと恋に落ちる青年ロビン・アーヴァイン、原告の弁護人イアン・ハンター、ヒロインを擁護する青年の父親フランク・エリオット、その妻ヴァイオレット・フェアブラザー、娘達ダーシア・ディーンとドロシー・ボイド、ヒロインの最初の夫フランクリン・ダイオール、ヒロインを愛する画家エリック・ブランズビー・ウィリアムズ、ヒロインの幸せを願う、青年の元恋人エニッド・スタンプ・テイラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020