4311 Movies

アース・トゥ・エコー Earth to Echo (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

携帯電話に謎のメッセージを受けた少年少女年の宇宙人を助けるための行動と冒険を描く、監督デイヴ・グリーン、出演テオ・ハームブライアン“アストロ”ブラッドリー、リース・ハートウィグ、エラ・ワレステッド他共演のSFアドベンチャー。


SF


スタッフ キャスト
監督:デイヴ・グリーン

製作
アンドリュー・パネイ
ライアン・カヴァノー
製作総指揮
タッカー・トゥーリー
ロン・バークル
原案
ヘンリー・ガイデン
アンドリュー・パネイ
脚本:ヘンリー・ガイデン
撮影:マキシム・アレクサンドル
編集
クリスピン・ストラザーズ
カーステン・カーパネック
音楽:ジョセフ・トラパニーズ

出演
アレックス・ニコルズ:テオ・ハーム
タック・シムズ:ブライアン“アストロ”ブラッドリー
レジナルド”マンチ”バーレット:リース・ハートウィグ
エマ:エラ・ワレステッド
ローレンス・マドセン博士:ジェーソン・グレイ・スタンフォード
カルヴィン・シムズ:カシアス・ウィリス
ジャニス・ダグラス:ケリー・オマリー
ジェームズ・ヘイスティング:ピーター・マッケンジー

アメリカ 映画
配給 レラティビティ・メディア
2014年製作 89分
公開
北米:2014年7月2日
日本:2015年10月24日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $38,753,990
世界 $45,336,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ネバダ州。
常に出来事を映像に撮りネット上にアップしていた少年タック・シムズ(ブライアン“アストロ”ブラッドリー)は、1年前に起きた事件のことを思い出す。

高速道路建設のために、住民全体が強制退去することになっている町では、住民の引越し準備が進んでいた。

親友同士のアレックス・ニコルズ(テオ・ハーム)、タック、レジナルド”マンチ”バーレット(リース・ハートウィグ)は、いつも一緒に行動をしていた。

別れの週、携帯電話の異常に気づいた三人は、画面の不可解な映像が何かを考える。

アレックス、タック、マンチは、ネット上で情報を収集し、それが砂漠の地図であることに気づく。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ネバダ州。
高速道路建設のため住民全体が強制退去することになっている町で、親友同士のアレックス、タック、マンチは、携帯電話に不思議なメッセージを受ける。
その映像が砂漠地帯の地図だと知った三人は、携帯電話の指示に従いその場に向い、ある物体を見つける。
その後も指示通りに納屋や質屋に向かった三人は、部品と合体した物体から出て来たロボットのような物に”エコー”という名前を付ける。
その後、同じ学校のエマの家に忍び込んだ三人は、その場で彼女に見つかってしまう。
三人は、同行することになったエマと共に、エコーを救おうとするのだが・・・。
__________

宇宙人からのメッセージを受けて助けようとする少年少女の冒険を、ファンタジックに描くSFアドベンチャー。

キッズ・ムービーと言えるのだが、なかなか凝った内容で、主人公の1人である映像マニアの少年が常に撮影する映像が、そのまま映し出されて進行するアイデアなどが面白い。

また、離れ離れになる親友同士が忘れられない体験をしたことが語られる、ノスタルジック雰囲気が印象に残る。

里子という設定であるために、”エコー”に対して特別な思いで接する少年テオ・ハーム、その友人で映像マニアであるブライアン“アストロ”ブラッドリー、同じく友人のリース・ハートウィグ、彼らと行動を共にする同級生の少女エラ・ワレステッド、工事作業員に扮して宇宙船を探る科学者ジェーソン・グレイ・スタンフォード、タック(ブライアン“アストロ”ブラッドリー)の父親カシアス・ウィリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020