4315 Movies

白昼の決闘 Duel in the Sun (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

先住民の混血娘をめぐる牧場主の息子たちの確執と愛憎を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督キング・ヴィダー、主演ジェニファー・ジョーンズジョゼフ・コットングレゴリー・ペックリリアン・ギッシュハーバート・マーシャルウォルター・ヒューストンライオネル・バリモアチャールズ・ビックフォード他共演の西部劇。


西部劇

ジェニファー・ジョーンズ / Jennifer Jones / Pinterest
グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest
オーソン・ウェルズ / Orson Welles / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:キング・ヴィダー
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:ニーヴン・ブッシュ”Duel in the Sun”
脚本
デヴィッド・O・セルズニック
オリヴァー・H・P・ギャレット
ベン・ヘクト
撮影
リー・ガームス
レイ・レナハン
ハロルド・ロッソン
編集
ハル・C・カーン
チャールズ・L・フリーマン
ウィリアム・H・ジーグラー
ジョン・D・フォーレ
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
パール・シャベース:ジェニファー・ジョーンズ
ジェシー・マキャンレス:ジョゼフ・コットン
ルートン”ルート”マキャンレス:グレゴリー・ペック
ローラ・マキャンレス:リリアン・ギッシュ
スコット・シャベース:ハーバート・マーシャル
ジュバル・クラビー:ウォルター・ヒューストン
”セネター”ジャクソン・マキャンレス:ライオネル・バリモア
サム・ピアース:チャールズ・ビックフォード
シャベース夫人を誘う男:シドニー・ブラックマー
レム・スムート:ハリー・ケリー
ハーディー保安官:チャールズ・ディングル
ヴァシュタイ:バタフライ・マックイーン
ラングフォード:オットー・クルーガー
ヘレン・ラングフォード:ジョーン・テッツェル
シャベース夫人:ティリー・ロッシュ
ナレーター:オーソン・ウェルズ

アメリカ 映画
配給 Selznick International Pictures
1946年製作 145分
公開
北米:1946年12月31日
日本:1951年9月18日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $20,408,160


アカデミー賞
第19回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優賞(ジェニファー・ジョーンズ
助演女優賞(リリアン・ギッシュ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
テキサス
辺境の風化した山に、コマンチが”女の頭”と呼ぶ岩がある。

その場で息絶えた恋人たちの伝説が語り継がれ、人々は”パール・シャベース”を思い出す。

国境に近いこの地に、パールは無法者に会うために来たのだが消息を絶った。

言い伝えでは、パールが姿を消した険しい岩山には、一輪の花が咲いたということだった。

野に咲く花のように地から芽を出したパールも花を咲かせ、そして散っていった・・・。
__________

白人と先住民との混血であるパール・シャベース(ジェニファー・ジョーンズ)は、奔放で快活、そして美貌を兼ね備た娘だった。

パールの父スコット(ハーバート・マーシャル)は、酒場で踊る先住民の妻(ティリー・ロッシュ)のことを侮辱され、彼女が男(シドニー・ブラックマー)と共に部屋に向かったために後を追う。

母と男の姿を目撃したパールは、スコットから家に帰るようにと言われる。

スコットが母と男の元に向かう姿を見つめるパールは、父が二人を射殺したために叫び声をあげる。

裁判にかけられたスコットは、自分は絞首刑に値すると言って罪を認める。

悲しむパールにスコットは、かつて愛し合っていたが金持ちと結婚した、はとこのローラ・マキャンレス(リリアン・ギッシュ)の元に向かい世話になるようにと伝えて、別れを告げる。

パラダイス・フラッツ。
駅馬車で到着したパールは、青年ジェシー(ジョゼフ・コットン)から声をかけられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
テキサス
先住民の母と白人の父との混血娘パール・シャベースは、母と彼女を誘った男を射殺した父が死刑になったために悲しむ。
身寄りがなくなったパールは、かつて父と愛し合ったローラの世話になることになる。
迎えに来てくれたローラの息子で、優しく接してくれるジェシーに惹かれたパールは、ローラには歓迎されるものの、大牧場主である夫のジャクソンには嫌われる。
そんなパールは、父に似て粗野だが魅力的な次男ルートに迫られる。
それを受け入れてしまったパールだったが、結婚の約束をしてくれたルートに裏切られる。
傷ついたパールは、親切な隣人ピアースに求婚され、年の離れた彼との結婚を決意するのだが・・・。
__________

1944年に発表された、ニーヴン・ブッシュの小説”Duel in the Sun”を基に製作された作品。

製作者デヴィッド・O・セルズニックが大々的に売り出し、デビュー数年でその実力を開花させた、後に夫人となるジェニファー・ジョーンズ主演、ジョゼフ・コットングレゴリー・ペック他、豪華スター競演の西部劇の秀作。

風と共に去りぬ」(1939)の西部劇版を意識して、自ら脚本に参加したデヴィッド・O・セルズニックの意欲作であり、キング・ヴィダーの繊細かつ大胆な演出が見どころの大作。

スケール感ある美しい映像、ディミトリ・ティオムキンらしいダイナミックな音楽も印象に残る。

第19回アカデミー賞では、主演女優賞(ジェニファー・ジョーンズ)、助演女優賞(リリアン・ギッシュ)にノミネートされた。

先住民との混血娘を演ずるジェニファー・ジョーンズの魅力を見事に活かした作品であり、デビュー2作目の「聖処女」(1943)でアカデミー主演賞を受賞した彼女は、本作を含めて4年連続のオスカー・ノミネートとなった。

ヒロインに惹かれる誠実な牧場主の息子ジョゼフ・コットン、その弟でヒロインを弄ぶ悪役を好演するグレゴリー・ペック、二人の母親で、ヒロインが慕う父の元恋人リリアン・ギッシュ、ヒロインの父親ハーバート・マーシャル、説教師を豪快に演ずるウォルター・ヒューストン、ヒロインを嫌う大牧場主のライオネル・バリモア、彼の友人である弁護士のハリー・ケリー、ヒロインに求婚する隣人の牧場主チャールズ・ビックフォード、ヒロインの母親(ティリー・ロッシュ)を誘う男シドニー・ブラックマー、保安官のチャールズ・ディングル、マキャンレス家のメイド、バタフライ・マックイーン、鉄道会社の重役オットー・クルーガー、その娘ジョーン・テッツェル、そしてナレーターはオーソン・ウェルズが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020