4504 Movies

我輩はカモである Duck Soup (1933)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

国家に援助を続ける富豪夫人の推薦で就任した首相が巻き起こす騒動を描く、監督レオ・マッケリー、主演グルーチョ・マルクスハーポ・マルクスチコ・マルクスゼッポ・マルクスマーガレット・デュモントルイス・カルハーンラクウェル・トーレス他共演によるコメディの傑作。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:レオ・マッケリー

製作:ハーマン・J・マンキーウィッツ
脚本
バート・カルマー
ハリー・ルビー
アーサー・シークマン
ナット・ペリン
撮影:ヘンリー・シャープ
編集:リロイ・ストーン
音楽
バート・カルマー
ハリー・ルビー

出演
ルーファス・T・ファイアフライ:グルーチョ・マルクス
ピンキー:ハーポ・マルクス
チコリーニ:チコ・マルクス
ボブ・ローランド:ゼッポ・マルクス
グロリア・ティーズデイル:マーガレット・デュモント
トレンティーノ:ルイス・カルハーン
ヴェラ・マーカル:ラクウェル・トーレス
レモネード売り:エドガー・ケネディ
ザンダー:エドモンド・ブリーズ
前陸軍長官:エドウィン・マクスウェル
初代財務長官:ウィリアム・ウォーシントン
検察官:チャールズ・ミドルトン
シルヴェニアの扇動家:レオニード・キンスキー
トレンティーノの秘書:ヴァーナ・ヒリー
第一判事:ジョージ・マッカリー
第二判事:フレッド・サリヴァン
第三判事:エリック・マイン
戦闘司令部将校:ウェイド・ボトラー
レセプションのゲスト:キャリー・ダウメリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1933年製作 68分
公開
北米:1933年11月17日
日本:1934年1月27日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フリードニア。
国家に夫の遺産の半分以上を貸している大富豪のグロリア・ティーズデイル(マーガレット・デュモント)は、さらなる融資を求めらる。

首相ザンダー(エドモンド・ブリーズ)の失政を批判するティーズデイル夫人は、新たな政権の樹立を希望し、ルーファス・T・ファイアフライ(グルーチョ・マルクス)を推薦して、首相にすることを融資の条件にする。

首相となったファイアフライは、就任式典で国民の前に登場することになる。

会場に到着した財務大臣(ウィリアム・ウォーシントン)夫妻に続き、シルヴェニア大使トレンティーノ(ルイス・カルハーン)がティーズデイル夫人に歓迎される。

ティーズデイル夫人は、有名なダンサーのヴェラ・マーカル(ラクウェル・トーレス)をトレンティーノに紹介する。

実はスパイだったヴェラと話したトレンティーノは、ティーズデイル夫人と結婚してこの国を乗っ取る計画だった。

ティーズデイル夫人がファイアフライと関係していることを知ったトレンティーノは、ヴェラを彼の元に送り込むことを考える。

そこに首相秘書のボブ・ローランド中尉(ゼッポ・マルクス)が現れ、ティーズデイル夫人は、トレンティーノとヴェラに彼を紹介する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フリードニア。
国家に援助を続ける大富豪ティーズデイル夫人は失政を批判し、自分が勧めるルーファス・T・ファイアフライを首相にすることを条件に支援を約束する。
ファイアフライは首相に就任するのだが、シルヴェニアの大使トレンティーノが、ティーズデイル夫人を丸め込みフリードニア乗っ取り計画を進める。
ティーズデイル夫人に近づくトレンティーノは、チコリーニとピンキーをファイアフライの元にスパイとして送り込み、情報収集をするのだが・・・。
__________

レオ・マッケリーが監督した内容は、ファシズムの台頭を批判し政治色が強いということで公開当時は不評で、それが原因で、”マルクス兄弟”の”パラマウント”作品としては最後の作品となった。

また、後に兄ガンモ・マルクスと共にタレント・エージェントとなるゼッポ・マルクスの引退作品でもある。

上記のように賛否両論あるが、現在では高く評価されている作品。
息つく暇のない計算しつくされた抱腹絶倒のギャグの連続、”マルクス4兄弟”の顔合わせと、充実した脇役陣の見事な演技も楽しめるコメディ映画の傑作。

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

お馴染みのチコ・マルクスらの楽器パフォーマンスは登場しないが、ミュージカル・タッチで描かれているのは注目だ。

大富豪夫人に首相に推薦され、国家を滅ぼしかねない騒動を巻き起こすグルーチョ・マルクス、そのスパイとして送り込まれるハーポ・マルクスチコ・マルクス、首相秘書のゼッポ・マルクスマルクス兄弟作品には欠かせない女優であり、大富豪夫人を演ずるマーガレット・デュモント、国の乗っ取りを画策するシルヴェニアの大使ルイス・カルハーン、彼に雇われるスパイであるダンサーのラクウェル・トーレス、ピーナッツ売りのハーポ・マルクスチコ・マルクスにからかわれるレモネード売りのエドガー・ケネディ、前首相のエドモンド・ブリーズ、前陸軍長官のエドウィン・マクスウェル、初代財務長官のウィリアム・ウォーシントン、検察官のチャールズ・ミドルトン、シルヴァニアンの扇動家レオニード・キンスキー、トレンティーノ(ルイス・カルハーン)の秘書ヴァーナ・ヒリー、判事のジョージ・マッカリーフレッド・サリヴァンエリック・マイン、戦闘司令部将校のウェイド・ボトラー、レセプションのゲスト役キャリー・ダウメリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021