4511 Movies

サウンド・オブ・サイレンス Don’t Say A Word (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

強盗犯に娘を誘拐された精神科医が、宝石の行方を知る女性患者からその鍵となるある番号を聞き出すよう強要されながら敢然と悪に立ち向かう姿を描く、監督ゲイリー・フレダー、主演マイケル・ダグラスショーン・ビーンブリタニー・マーフィファムケ・ヤンセン他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・フレダー
製作総指揮
ジェフリー・ダウナー

ブルース・バーマン
製作
アーノン・ミルチャン

アーノルド・コペルソン
アン・コペルソン
原作:アンドリュー・クラヴァン”Don’t Say a Word”

脚本
アンソニー・ペッカム

パトリック・スミス・ケリー
撮影:アミール・モクリ

編集
ウィリアム・スタインカンプ

アーメン・ミナシアン
音楽:マーク・アイシャム

出演
ネイサン・コンラッド:マイケル・ダグラス

パトリック・バリー・コスター:ショーン・ビーン
エリザベス・バロウズ:ブリタニー・マーフィ
アギー・コンラッド:ファムケ・ヤンセン
ジェシー・コンラッド:スカイ・マッコール・バートシアク
サンドラ・キャシディ刑事:ジェニファー・エスポジート
マーティン・ジョゼフ・ドーレン:ガイ・トーリー
ルイス・サックス医師:オリヴァー・プラット
ラッセル・マドックス:ショーン・ドイル
シドニー・サイモン:ヴィクター・アルゴ
ジェイク:ポール・シュルツ
アーニー:ランス・レディック

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2001年製作 113分
公開
北米:2001年9月28日
日本:2002年5月25日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $54,997,480
世界 $100,020,090


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1991年11月、感謝祭前日。
ニューヨークブルックリンウィリアムズバーグ
パトリック・バリー・コスター(ショーン・ビーン)率いる強盗一味は、白昼堂々と銀行に押し入り、 貸し金庫から希少価値のある宝石を盗み出す。

しかし、金庫を開けたラッセル・マドックス(ショーン・ドイル)の裏切りに遭い、コスターは宝石を奪われてしまう。

10年後。
精神科医のネイサン・コンラッド(マイケル・ダグラス)は、足を骨折して動けない妻のアギー(ファムケ・ヤンセン)と、娘ジェシー(スカイ・マッコール・バートシアク)が待つ自宅に急ぐ。

しかし、コンラッドは、元同僚のルイス・サックス医師(オリヴァー・プラット)に呼び出されて病院に向い 看護師に危害を加えた患者、”無言症、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害”他と診断され、10年も監禁されているエリザベス・バロウズ(ブリタニー・マーフィ)の診察を頼まれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1991年に発表された、アンドリュー・クラヴァンの小説”Don’t Say a Word”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

精神科医ネイサン・コンラッドは、元同僚の医師サックスから、ある女性の診察を依頼される。
コンラッドは、心的外傷後ストレス障害他、多くの病名を持つ、10年も監禁されている患者のエリザベスを診るが、”狙いはあなたも同じ”と、意味不明な言葉を発した、彼女の言葉を気にする。
翌朝、娘のジェシーが、強盗犯コスターに誘拐されたことに気づいたコンラッドは、5時までに、エリザベスから6桁の数字を聞き出すよう強要される。
サックスのオフィスで、エリザベスのカルテを調べたコンラッドは、彼女が、父親が殺されるのを目撃して、犯人達から逃れるために、仮病を使い外に出たがらなかったことに気づく。
その後、ジェシーは自分が自宅の上の階にいることに気づき、怪我をしている母親アギーに、通気口を利用しそれを知らせる。
コンラッドは、サックスも自分と同じく脅されていたことを知り、エリザベスを病院から連れ去り、彼女の記憶をたどろうとするのだが・・・。
__________

ストーリー的には単純なのだが、巧みな脚本と見事な編集で、見る者をドラマに引き込んでいく。

家族を守ろうと悪に立ち向かう、勇気ある精神科医に次第に心を開く女性、そして、サイドから事件の真相を追う、女性刑事の執念の捜査の描写など、いくつものドラマが、”家族の絆”を中心としながら描かれている、見応えある作品に仕上がっている。

主人公の言葉ではないが、10年もの間、殺人まで犯しながら追い続けた一粒の宝石に、その価値があるのかを考えさせるクライマックス、そして身寄りのない女性を、温かく家族に迎えようとする主人公の包容力など、アメリカ人の心に、潜在的に根付くものを感じさせてくれる場面も注目したい。

北米興行収入は約5500万ドルに留まるものの、全世界では約1億ドルのまずまずのヒットとなった。

優秀な精神科医、そして家族との幸せな生活を感じさせる序盤から一転、家族の危機を乗り越えようと焦る中盤、そして、正義を信じて、勇気ある行動で家族を守りぬく逞しい父親を、マイケル・ダグラスは熱演している。

あんなものに、人生を賭けるのかと思わせる、”小さな赤い石”のために、10年もの間、謎を追う強盗団のリーダー、ショーン・ビーン、8年後に32歳の若さで急死する、ドラマのキーパーソンとなる精神患者を好演するブリタニー・マーフィ、主人公の妻役のファムケ・ヤンセン、その娘スカイ・マッコール・バートシアク、事件解決に挑む刑事のジェニファー・エスポジート、強盗団の一員ガイ・トーリーポール・シュルツ、エリザベス(B・マーフィ)の父でもあるショーン・ドイル、主人公の元同僚医師オリヴァー・プラット、検視官ヴィクター・アルゴ、病院の警備員ランス・レディックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021