5203 Movies

ダイ・ハート2:ダイ・ハーター Die Hart: Die Harter (2024)

2023年に公開された「ダイ・ハート」の続編。
復讐のターゲットとなったアクションスター、ケヴィン・ハートが巻き起こす騒動を描く、監督エリック・アペル、主演ケヴィン・ハートナタリー・エマニュエルベン・シュワルツポーラ・ペルジョン・シナ他共演のアクション・コメディ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


コメディ


スタッフ キャスト
監督:エリック・アペル
製作
キャンディス・ウィルソン・チェリー
ジェフ・クラナガン
ブライアン・スマイリー
原案
トリッパー・クランシー
デレク・コルスタッド
脚本:トリッパー・クランシー
撮影: マシュー・ルーデンバーグ
編集:ピーター・ダジョン
音楽
レオ・ビレンバーグ
ザック・ロビンソン

出演
ケヴィン・ハート/ダグ:ケヴィン・ハート
ジョーダン・キング:ナタリー・エマニュエル
アンドレ:ベン・シュワルツ
シンシア:ポーラ・ペル
ミスター206:ジョン・シナ
カール・ストロンバーグ スウィード スウェーデン人:グレッグ・クリーク
デブラ・サイモン:メリッサ・ポンツィオ エージェント

アメリカ 映画
配給 アマゾン MGM スタジオ
2024年製作 92分
公開
北米:2024年5月30日
日本:2024年5月30日


ストーリー
ハリウッド
夢が叶いアクションスターとして成功したケヴィン・ハート(ケヴィン・ハート)だったが、それで満足していない彼は、次回作で本物のスターになる計画を、映画製作者のデブラ・サイモン(メリッサ・ポンツィオ)に話す。
実際にレストランを襲撃させて、それを実演して見せたケヴィンは、デボラに脚本を渡して説得する。
レストランを出たケヴィンは、迎えに来たアシスタントのアンドレ(ベン・シュワルツ)の車に乗り込むが、デボラは、脚本をゴミ箱に捨ててしまう。
リアルなアクションを求めるケヴィンは、何でもデジタル化することをバカげていると考える。
レストランの事件をニュースで知ったスウェーデン人の”カール・ストロンバーグ”(グレッグ・クリーク)は、ケヴィンに連絡する。
ケヴィンを呼んだカールは、映画に出資していることを話し、彼を油断させて麻酔銃で寝むらせる。
拘束されたケヴィンは、異様な覆面を被った男(ジョン・シナ)に拷問されそうになるが、既に撮影が始まっていると思い込む。
ケヴィンは、罪を償わせると、スピーカーから聴こえた声の男に言われて戸惑う。
電動丸鋸を持って近づく覆面の男を叩きのめしたケヴィンは、縛られていた手のロープを切る。
起き上がった男を再び殴り倒したケヴィンは、撮影だということを疑わなかった。
その場を離れたケヴィンは、女優のジョーダン・キング(ナタリー・エマニュエル)が拘束されていることに気づき、彼女を助ける。
誰かに麻酔ダーツで眠らされたと話すジョーダンは、カールの映画の撮影中で、スパイを演じていると言うケヴィンの話が信じられない。
ケヴィンは、リアルなアクションができる喜びをジョーダンに語り、そのまま演技を続けようとするのだが・・・。


解説 評価 感想

参考:
・「ダイ・ハート」(2023)
・「ダイ・ハート2:ダイ・ハーター」(2024)

2023年に公開された「ダイ・ハート」の続編。

テレビ界やコマーシャルで活躍するエリック・アペルが前作に続き監督し、主演はケヴィン・ハートナタリー・エマニュエルベン・シュワルツポーラ・ペルジョン・シナなどが共演した作品。

復讐のターゲットとなるアクションスター、ケヴィン・ハートが巻き起こす騒動を描くアクション・コメディ。

ストーリーは単純な復讐劇で、前作に比べてパンチに欠けているこことと、魅力的なキャスティングも活かせていない内容は残念だ。

主演のケヴィン・ハートは、アクションスターとして成功するものの、リアルなアクションを追及し過ぎたために陰謀に巻き込まれる主人公と、彼に恨みを持つスタントマンの2役を熱演している。

主人公のトラブルに巻き込まれる女優ナタリー・エマニュエル、主人公のアシスタント、ベン・シュワルツ、その母親ポーラ・ペル、主人公への復讐に手を貸すスタントマンのジョン・シナ、復讐に加担するスウェーデン人の俳優グレッグ・クリーク、映画製作者のメリッサ・ポンツィオなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022