4312 Movies

デトロイト Detroit (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1967年の”デトロイト暴動”で起きた”アルジェ・モーテル事件”を描く、製作、監督キャスリン・ビグロー、主演ジョン・ボイエガウィル・ポールターアルジー・スミスジョン・クラシンスキーアンソニー・マッキー他共演の実録ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:キャスリン・ビグロー
製作
キャスリン・ビグロー
マーク・ボール
ミーガン・エリソン
マシュー・バドマン
コリン・ウィルソン
製作総指揮
グレッグ・シャピロ
ヒューゴ・リンドグレン
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
メルヴィン・ディスミュークス:ジョン・ボイエガ
フィリップ・クラウス:ウィル・ポールター
ラリー・クリーブランド・リード:アルジー・スミス
フレッド・テンプル:ジェイコブ・ラティモア
カール・クーパー:ジェイソン・ミッチェル
ジュリー・アン・ハイセル:ハンナ・マリー
カレン・マロイ:ケイトリン・ディーヴァー
デメンズ:ジャック・レイナー
フリン:ベン・オトゥール
アウアーバッハ弁護士:ジョン・クラシンスキー
カール・グリーン:アンソニー・マッキー
モリス:ジョセフ・デヴィッド=ジョーンズ
ジミー:イフラム・サイクス
ダリル:レオン・トーマス3世
オーブリー・ポラード:ネイサン・デイヴィスJr.
リー・フォーサイス:ペイトン・アレックス・スミス
マイケル・クラーク:マルコム・デヴィッド・ケリー
オーブリー・ポラードSr.:ベンガ・アキナベ
フランク:クリス・チョーク
ラング:ジェレミー・ストロング
ジョン・コニャーズラズ・アロンソ
ジャック・ロバーツ准尉:オースティン・エベール
マルコム:ミゲル・ピメンテル
酒場のパトロン:クリストファー・デイヴィス
ヴァネッサ:サミラ・ワイリー
レオン:タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ
トーマス刑事:クリス・コイ
アンダーソン刑事:グレン・フィッツジェラルド
デマシオ判事:フランク・ウッド

アメリカ 映画
配給
Annapurna Pictures
MGM
Entertainment One
2017年製作 143分
公開
北米:2017年7月28日
日本:2018年1月26日
製作費 $34,000,000
北米興行収入 $16,790,140
世界 $24,116,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
暴動1日目

1967年7月23日、日曜日、デトロイト
市警の刑事フランク(クリス・チョーク)らは、ベトナム戦争の退役軍人帰還を祝うパーティーが行われている”ブラインドピッグ”(無許可の酒場)を摘発する。

その場にいた潜入捜査官を別室に連れて行き情報を入手したフランクは、彼を痛めつけたように見せかける。

裏口が開かないために客達を通りに出したフランクは、彼らを護送車に乗せる。

それを見た住人が騒ぎ始めて、警官に迫り抗議する。

フランクらが引き揚げた後も住人らの騒ぎは収まらず、商店が壊されて略奪や放火などが始まる。

下院議員のジョン・コニャーズラズ・アロンソ)は、黒人に対する不法逮捕を訴える市民に対し、警官に問題があることを認めるものの、一夜で物事は解決しないと言って、冷静になるようにと人々に伝える。

しかし、住民の怒りは収まらず、消火活動を続ける消防士にも襲い掛かる。

暴動2日目

州知事ジョージ・W・ロムニーは、市長の要請により州警察と州兵が出動し暴動鎮圧の措置をとるという声明を出し、緊急事態宣言を発動して市内は厳戒態勢となる。

市警のフィリップ・クラウス(ウィル・ポールター)、フリン(ベン・オトゥール)、デメンズ(ジャック・レイナー)は、街をパトロールする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1967年7月、デトロイト
市警の黒人に対する不当逮捕に激怒した市民は暴動を起こし、市内は厳戒態勢となる。
アルジェ・モーテルで楽しんでいた黒人青年カールは、スターター・ピストルで州兵を威嚇したために狙撃者と間違われる。
それを知った市警の警官クラウスら三人は、モーテルに向かう。
逃げようとしたカールを射殺したクラウスは正当防衛を装い、その場にいた若者達を脅して尋問を始める。
狙撃騒ぎに気づいた警備員のメルヴィン・ディスミュークスはモーテルに向かうが、人権を無視するクラウスらの行動を見ているしかなかった・・・。
__________

デトロイト暴動”で起きた”アルジェ・モーテル事件”を、製作を兼ねるキャスリン・ビグローの演出で描く実録ドラマ。

社会派として知られるキャスリン・ビグローが、真相が解明されていない”アルジェ・モーテル事件”を、当時の記者の証言などを基にして独自の解釈で映画化した作品。

大きな社会問題となった”デトロイト暴動”から50年目に公開されたことも注目で、アメリカのみならず世界で今でも起きている人権問題を鋭い視点で描く、キャスリン・ビグローらしいリアリズムを追及した演出と映像が見どころの作品。

事件の当事者であり、黒人という立場では事態に深く関与することができない警備員を演ずるジョン・ボイエガ、モーテルの若者達を脅して追い込む警察官のウィル・ポールター、事件に巻き込まれた後遺症で歌手としての人生を諦めるアルジー・スミス、その友人で犠牲者となるジェイコブ・ラティモア、遊びのつもりでスターター・ピストルを発砲し大事件となり射殺されるジェイソン・ミッチェル、恐怖の体験をする白人女性ハンナ・マリー、その友人ケイトリン・ディーヴァー、現場で黒人達を脅す警官ジャック・レイナーとベン・オトゥール、被告となった彼らを弁護する弁護士のジョン・クラシンスキー、現場に居合わせた帰還兵のアンソニー・マッキー、”ザ・ドラマティックス”のメンバー、ジョセフ・デヴィッド=ジョーンズイフラム・サイクスレオン・トーマス3世、犠牲者となる青年ネイサン・デイヴィスJr.、その父親ベンガ・アキナベ、現場にいた青年ペイトン・アレックス・スミスマルコム・デヴィッド・ケリー、冒頭で”ブラインドピッグ”(無許可の酒場)を摘発する警官クリス・チョーク、検事のジェレミー・ストロング下院議員ジョン・コニャーズラズ・アロンソ、現場に居合わせる州兵のオースティン・エベール、市民のミゲル・ピメンテル、モーテルの受付係サミラ・ワイリー、酒場の客タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ、刑事のクリス・コイグレン・フィッツジェラルド、判事のフランク・ウッドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020