4551 Movies

ブロークン・ポイント Days and Nights (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アントン・チェーホフの戯曲”かもめ”から発想を得た、湖畔の家に集う家族と知人の関係を描く、監督、脚本、出演クリスチャン・カマルゴ、出演ケイティ・ホームズウィリアム・ハートアリソン・ジャネイジャン・レノベン・ウィショー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:クリスチャン・カマルゴ

製作
ジュリエット・ライランス
バーバラ・ローマー
脚本:クリスチャン・カマルゴ
撮影:スティーヴ・コーセンス
編集
ロン・デューリン
サラ・フラック
音楽:クレア・ヴァン・カンペン

出演
アレックス:ケイティ・ホームズ
ハーブ:ウィリアム・ハート
エリザベス:アリソン・ジャネイ
メアリー:チェリー・ジョーンズ
ビッグ・ジム:ラッセル・ミーンズ
ヨハン:ミカエル・ニクヴィスト
ルイ:ジャン・レノ
エヴァ:ジュリエット・ライランス
スティーヴン:マーク・ライランス
エリック:ベン・ウィショー
ピーター:クリスチャン・カマルゴ

アメリカ 映画
配給 IFC Films
2013年製作 91分
公開
北米:2014年9月26日
日本:未公開
北米興行収入 $13,240


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1984年5月、戦没将兵追悼記念日メモリアルデー)の週末。
女優のエリザベス(アリソン・ジャネイ)は、恋人のピーター(クリスチャン・カマルゴ)と共に電車で故郷のニューイングランドに向かう。

主演の舞台が中止になり、出演映画にも起用されなくなったエリザベスと語り合う気のないピーターは、彼女の故郷の話しにはうんざりしていた。

駅で下車したエリザベスとピーターは、迎えに来たヨハン(ミカエル・ニクヴィスト)の車で実家に向かう。

エリザベスの息子エリック(ベン・ウィショー)は、自分にとっての”女神/ミューズ”であるエヴァ(ジュリエット・ライランス)と、皆に披露するショーの準備をしていた。

病気の兄ハーブ(ウィリアム・ハート)の世話をするヨハンと妻メアリー(チェリー・ジョーンズ)に歓迎されたエリザベスとピーターは、家に入ろうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1984年5月、戦没将兵追悼記念日メモリアルデー)の週末。
女優のエリザベスは、恋人のピーターと共に故郷のニューイングランドに向かう。
病気療養中の兄ハーブらに迎えられたエリザベスとピーターは、家族や知人と共に食卓を囲む。
その後、森の中の舞台で、エリザベスの息子エリックが演出したショーが始まる。
ところが、エヴァの演ずるショーが思い通りに進行できないエリックは取り乱し、それは中止になる。
難解な内容は理解去れず、苦悩するエリックは、やがて奇行に走ってしまう・・・。
__________

アントン・チェーホフの戯曲”かもめ”をモチーフにした群像劇タッチのドラマで、俳優として活躍するクリスチャン・カマルゴが、演出と脚本、そして出演を兼ねた意欲作。

クリスチャン・カマルゴの妻ジュリエット・ライランスが、彼に裏切られてしまう女性役で、彼女の義父マーク・ライランスケイティ・ホームズの夫である野鳥の監視員役で共演している。

嫉妬や憎悪、期待や裏切り、そして絶望など、様々な思いが織り成す、湖畔の家に集う人々の考えが交錯する心理的愛憎劇。

主演が誰とは特定できない作品で、実績的に言えば重病の家長を演ずるウィリアム・ハートなのだが、彼は脇で共演者を見守る役に徹している。

嫉妬深い女優のアリソン・ジャネイ、その恋人であるクリスチャン・カマルゴ、エリザベス(アリソン・ジャネイ)の娘ケイティ・ホームズ、その夫で野鳥監視員のマーク・ライランス、重病の家長ウィリアム・ハートの世話をする夫婦ミカエル・ニクヴィストチェリー・ジョーンズ、家族の主治医ジャン・レノ、エリザベスの息子ベン・ウィショー、彼の”女神/ミューズ”ジュリエット・ライランス、使用人ラッセル・ミーンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021