4216 Movies

デイライト Daylight (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大量の車両が行き交うニューヨークの海底トンネル”ホランド・トンネル”で起きる大惨事を描く、監督ロブ・コーエン、主演シルヴェスター・スタローンエイミー・ブレネマンヴィゴ・モーテンセン他共演のパニック・アクション。


アクション/アドベンチャー

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロブ・コーエン
製作総指揮:ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作
ジョン・デイビス

ジョゼフ・M・シンガー
デビッド・T ・フレンドリー

脚本:レスリー・ボーエン
撮影:デビッド・エグビー
編集:ピーター・アマンドソン
音楽:ランディ・エデルマン
主題歌:ドナ・サマーブルース・ロバーツ
Whenever There Is Love

出演
キット・ラトゥーラ:シルヴェスター・スタローン
マデリーン・トンプソン:エイミー・ブレネマン
ロイ・ノード:ヴィゴ・モーテンセン
ジョージ・タィレル:スタン・ショー
ノーマン・バセット:バリー・ニューマン
フランク・クラフト:ダン・ヘダヤ
グレース・キャロウェイ:ヴアネッサ・ベル・キャロウェイ
エレノア・トリリング:クレア・ブルーム
ロジャー・トリリング:コリン・フォックス
スティーヴン・クライトン:ジェイ・O・サンダース
サラ・クライトン:カレン・ヤング
アシュリー・クライトン:ダニエル・アンドレア・ハリス
ビンセント:セイジ・スタローン
ラトーニャ:トリナ・マクギー=デイヴィス
マイキー:レノリー・サンチャゴ
カディーム:マルセロ・セドフォード
ブーム:ジョー・アンダーソン
デニス・ウィルソン:マーク・ロルストン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1996年製作 114分
公開
北米:1996年12月6日
日本:1996年12月21日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $32,885,570
世界 $159,212,470


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
マンハッタンニュージャージーを結ぶ、”ホランド・トンネル”の夕方のラッシュ時、強盗の運転する車が暴走する。

車が危険物を運んでいたトラックに衝突した結果、大爆発が起き、トンネル入口と出口が塞がれてしまい、多数の人々が閉じ込められてしまう。

ハドソン川の下を通るトンネルは崩落の危機にさらされ、煙と炎は、人々の命を容赦なく奪っていく。

EMS(緊急医療班)のチーフで、現在はタクシー運転手のキット・ラトゥーラ(シルヴェスター・スタローン)は、トンネル入り口に偶然に居合わる。

交通局司令センターに向かったキットだったが、懲戒解雇になっていた彼は、局長ノーマン・バセット(バリー・ニューマン)に煙たがられる。

EMSのチーフ、デニス・ウィルソン(マーク・ロルストン)は、崩落で死亡し、その代わりを務めるフランク・ クラフト(ダン・ヘダヤ)もセンターに現れる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
マンハッタンニュージャージーを結ぶ”ホランド・トンネル”内で、暴走車による事故が発生し、爆発が起きて多くの死傷者を出す。
トンネル入り口に居合わせた元EMS(緊急医療班)のチーフであった、現在はタクシー運転の手キット・ラトゥーラは、大惨事を前に何とか手助けをしようと考える。
交通局司令センターに向かったキットは、局長のバセットと元同僚のクラフトを説得し生存者を救出するため、トンネル内に向かう。
キットは、巨大なファンのある通風口を通り抜けて現場にたどり着く。
十数人の生存者と共にキットは、崩落と浸水の始まりつつあるトンネルで行き場を失い、犠牲者を出しながらも、脱出の方法を考えるのだが・・・。
__________

トンネルの事故現場のセット、爆発や崩落、浸水など、迫力ある映像は十分楽しめるものの、後半からクライマックスは、主人公が生き延びること以外は、パニック映画の傑作「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)の筋立てや、登場人物とだぶり、よく言えばオマージュ作品とも言える。

全世界興行収入は約1億6000万ドルに迫ったものの、北米では約3300万ドルに留まり、熱演のシルヴェスター・スタローンラジー賞にノミネートされてしまう結果になった。

第69回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

エンドロールで流れるのは、ドナ・サマーブルース・ロバーツによるのテーマ曲”Whenever There Is Love”。

シルヴェスター・スタローンは、3年前「クリフハンガー」(1993)以外、今一パッとしない作品が続き、意気込んで出演した割には評価は低く、アクションではない翌年公開の「コップランド」(1997)の地味な保安官役の方が受け入れられるという皮肉な結果になった。

共演者の中では「ロッキー」(1976)にも出演したスタン・ショーがいい役を演じ、スタローンとの別れのシーンは涙を誘う。

売れない戯曲家で、何もかもうまくいかずに大惨事にまで巻き込まれてしまうエイミー・ブレネマン、脇役ながら目立つ役柄CMタレントのヴィゴ・モーテンセン、交通局長のバリー・ニューマンEMSチーフのダン・ヘダヤ、恋人(S・ショー)を亡くす交通局員ヴアネッサ・ベル・キャロウェイ、愛犬が行方不明になりショックで亡くなる、懐かしい顔「ライムライト」(1952)のクレア・ブルーム、その夫コリン・フォックス、主人公と対立するが、最後には生存者を引きつれて地上に生還するジェイ・O・サンダース、その妻のカレン・ヤング、娘のダニエル・アンドレア・ハリススタローンの息子である囚人セイジ・スタローントリナ・マクギー=デイヴィスレノリー・サンチャゴマルセロ・セドフォードなど、多彩な出演者が脇を固めている。
また、個性派マーク・ロルストンも崩落で亡くなるEMSのチーフ役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020