4236 Movies

戦火の勇気 Courage Under Fire (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

湾岸戦争”を初めて直視したハリウッド作品として、現地で戦った兵士の苦悩を描く、監督エドワード・ズウィック、主演デンゼル・ワシントンメグ・ライアンルー・ダイアモンド・フィリップスマット・デイモンショーン・アスティンスコット・グレン他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧
マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮
ジョセフ・M・カラッシオロ

デブラ・マーティン・チェイス
製作
ジョセフ・シンガー

デヴィッド・T・フレンドリー
ジョン・デイヴィス
脚本:パトリック・シーン・ダンカン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ナサニエル・サーリング中佐:デンゼル・ワシントン

カレン・エマ・ウォールデン大尉:メグ・ライアン
モンフリーズ軍曹:ルー・ダイアモンド・フィリップス
ハーシュバーグ准将:マイケル・モリアーティ
イラリオ:マット・デイモン
スティーブン・アルタマイヤー:セス・ギリアム
ドナルド・パテラ:ショーン・アスティン
トニー・ガートナー:スコット・グレン
メレディス・サーリング:レジーナ・テイラー
ダグ・ブルーノ大統領広報官:ブロンソン・ピンチョット
レイディー:ティム・ギニー
バナセック:ジェリコ・イヴァネク
ジョエル・ウォールデン:ケン・ジェンキンス
ジェラルディン・ウォールデン:キャスリーン・ウィドーズ
ドン・ボイラー:リチャード・ヴェンチャー
ロージー・ボイラー:ダイアン・ベイカー
チェリ中尉:ネッド・ヴォーン
ジェンキンス:マニー・ペレス
トンプソン軍曹:ショーン・パトリック・トーマス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1996年製作 117分
公開
北米:1996年7月12日
日本:1996年11月2日
製作費 $46,000,000
北米興行収入 $59,031,060
世界 $100,860,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
湾岸戦争の最中、クウェート、アルバスラ。
アメリカ陸軍機甲部隊指揮官ナサニエル・サーリング中佐(デンゼル・ワシントン)は、味方戦車”M1エイブラムス”を敵と誤認して攻撃してしまう。

同士討ちとなった結果、サーリングは、部下ボイラー大尉らを戦死させてしまう。

翌朝、戦闘を終えたサーリングの部下ドナルド・パテラ軍曹(ショーン・アスティン)は、味方を攻撃したことでショックを受けていた。

しかし、サーリングは、自分の命令であったと伝えパテラを慰める。

ペンタゴン
帰国したサーリングは、情況からして敵味方の確認は不可能であったと判断され、その件に関する検証は終了する。

サーリングは、戦死者の家族から、戦場での説明を求められていたのだが、上官ハーシュバーグ准将(マイケル・モリアーティ)は、審問中であり、勇敢に戦ったことだけを伝えるよう彼に指示する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
湾岸戦争の最中、アメリカ陸軍機甲部隊指揮官ナサニエル・サーリング中佐は、誤認の末に部下の戦車を攻撃してしまい戦死させる。
重い傷を背負いながらペンタゴン勤務となったサーリングは、史上初の女性”名誉勲章”候補となる、救急ヘリのパイロット、ウォールデン大尉の調査を、上官ハーシュバーグ准将に命ぜられる。
救出された兵士らの話を聞いたサーリングは、その後、救急ヘリのクルーらに会う。
ウォールデンが勇敢な兵士であったことを確認したサーリングだったが、明らかに動揺する衛生兵イラリオと、救出された兵士の話が食い違っていることに気づく。
更にヘリのクルー、モンフリーズ軍曹は、他の兵士とは違い、ウォールデンを臆病者呼ばわりする。
サーリングは、この件に何か秘密があることを察して、自分の心の傷が癒えぬまま、苦悩しながらの調査を続けるのだが・・・。
__________

雰囲気的に伝わってくるのだが、物語の内容から軍の全面協力は得られず、武器などは、民間からの支援に頼ったという経緯がある。

部下を死なせて(殺して)しまった、戦争後遺症に近い状態である士官の苦悩を描いたヒューマン・ドラマなのだが、政府や軍の汚点を鋭く描く、エドワード・ズウィックの厳しい視線が感じられる社会派ドラマでもある。

羅生門」(1950)の影響を受けたとも言われる作品。

北米興行収入は約5900万ドル、全世界では約1億ドルのヒットとなった。

主人公を演ずるデンゼル・ワシントンは、兵士としての有能さが体全体から伝わってくる、いつもながら、人に訴える術を知り尽すと言う感じも受ける、円熟の演技を見せてくれる。

戦死するため、フラッシュバックでしか登場しないが、三パターンの人物を好演する救急ヘリのパイロット、メグ・ライアン、主人公の上官マイケル・モリアーティ、その部下ジェリコ・イヴァネク、”ワシントン・ポスト”の記者役のスコット・グレン、事件当事者兵士ルー・ダイアモンド・フィリップス、戦闘場面と、帰国後の苦悩でやつれる姿が別人のようなマット・デイモンセス・ギリアムティム・ギニー、主人公の妻レジーナ・テイラー、主人公の部下ショーン・アスティン、死んだ部下の両親リチャード・ヴェンチャーダイアン・ベイカー、補給班のクルー、ネッド・ヴォーン、ウォールデン(M・ライアン)の両親ケン・ジェンキンスキャスリーン・ウィドーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020