4237 Movies

コンタクト Contact (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1985年に発表された、カール・セーガン同名小説を基に製作された作品。
地球外生物との交信に人生を懸ける女性科学者の苦悩と、彼女だけが体験する知的生命体との接触を描く、監督ロバート・ゼメキスジョディ・フォスターマシュー・マコノヒージョン・ハート他共演のSFファンタジー・ドラマ。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ゼメキス

製作総指揮
ジョーン・ブラッドショウ

リンダ・オスト
製作
スティーヴ・スターキー

ロバート・ゼメキス
原作:カール・セーガン
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
撮影:ドン・バージェス
編集:アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
エレノア”エリー”アン・アロウェイ:ジョディ・フォスター

パーマー・ジョス:マシュー・マコノヒー
S・R・ハッデン:ジョン・ハート
デイヴィッド・ドラムリン:トム・スケリット
マイケル・キッツ:ジェームズ・ウッズ
レイチェル・コンスタンティン:アンジェラ・バセット
セオドア・アロウェイ:デヴィッド・モース
ケント・クラーク:ウィリアム・フィクトナー
リチャード・ランク:ロブ・ロウ
エリー・アロウェイ(少女時代):ジェナ・マローン
ジョセフ:ジェイク・ビジー
本人:ラリー・キング
本人:バーナード・ショー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1997年製作 149分
公開
北米:1997年7月11日
日本:1997年9月13日
製作費 $20,584,908
北米興行収入 $100,853,840
世界 $171,120,330


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
エリー・アロウェイ(ジェナ・マローン)は、アマチュア無線機を父セオドア(デヴィッド・モース)からプレゼントされ、それを操作することにのめり込む。

その後エリーは、地球外の生命体と交信するという夢を抱きながら、科学者の道を選ぶ。

やがて成長したアロウェイ/エリー(ジョディ・フォスター)は、プエルトリコアレシボ天文台で、SETI(地球外知的生命体探査)の電波天文学者として、盲目の研究者のケント・クラーク(ウィリアム・フィクトナー)らとの研究を始める。

ある日アロウェイは、若い宗教学者パーマー・ジョス(マシュー・マコノヒー)に出会う。

大統領の科学顧問でもある、デイヴィッド・ドラムリン博士(トム・スケリット)の下で働いていたアロウェイは、彼の現地到着を歓迎する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
父セオドアから、無線機を与えられたことをきっかけに、地球外生物との交信を夢見る科学者となったエレノア”エリー”アン・アロウェイは、苦難を乗り越え、ついに、恒星ヴェガ付近から発せられる信号をキャッチする。
全世界が騒然となる中、その信号に人間を空間移動させる装置の設計図が隠されていることが分かり、国際プロジェクトとして装置が建造されることになる。
信号の発見者アロウェイが、その装置のポットに乗る最有力候補となる。
しかし、アロウェイと南米で知り合った宗教学者で、大統領顧問のジョスに選考委員会で、彼女は無神論者であることに対しての質問をされ明確な答えを返せない。
アロウェイの恩師ドラムリン博士もそれに言及して、結局は彼がポッドに搭乗することになる。
装置は完成するものの、テストの段階でテロに遭い破壊されて、ドラムリンは死亡してしまう。
しかし、アロウェイを支援していた大富豪の実業家ハッデンが、もう一基の装置を完成させ、彼女を宇宙へと送り出す計画が進められていた・・・。
__________

カール・セーガンは、本作の撮影中に亡くなっているため、エンドロールで彼に捧げられた作品と明示されている。

世界中で放映され話題になった、1980年のTV科学シリーズの「コスモス」を思い起こさせるオープニング、科学、宗教、政治、そしてSETI(地球外知的生命体探査)などをドラマのテーマとしたSF超大作。

北米興行収入は約1億ドル、全世界では、約1億7100万ドルを超すヒットとなった。

第70回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

フォレスト・ガンプ」(1994)でアカデミー賞を受賞した直後のロバート・ゼメキス作品で、奇抜な転送装置を利用したスペクタクルや、科学的な考えしかもてない観測一筋の学者が、幻想的な宇宙体験で変わる心の動きなどを丁寧なタッチで描いている。

アラン・シルヴェストリの、主人公の想いを伝える、郷愁を誘うような、清らかで美しい音楽も印象的だ。

フォレスト・ガンプ」で味をしめたのか、クリントン大統領の合成映像などの出来はいいが、ロバート・ゼメキス自らの作品とはいえ、二番煎じ的な感じもする。

知的な役が、これほど似合う女優もいないというほどの適役だったジョディ・フォスターは、観測に対する情熱と、好奇心溢れる、人間的魅力を感じさせる学者を熱演している。

若くして大統領顧問にまでなる宗教学者マシュー・マコノヒーも、自分の信念を貫き通し、尚且つ主人公を支えるという難しい立場の役柄を好演している。

スケールの大きな謎の大富豪ジョン・ハート、主人公の恩師でありながら、教え子の偉業に嫉妬するトム・スケリット、同じく頭の固い安全保障問題担当補佐官ジェームズ・ウッズ、逆に冷静な目で理解を示す大統領補佐官アンジェラ・バセット、ドラマ冒頭だけでなく、クライマックスでも重要な役で登場する主人公の父親デヴィッド・モース、頼りがいのある盲目の科学者役ウィリアム・フィクトナー、保守派のリーダーロブ・ロウ、そして少女時代の主人公を演ずるジェナ・マローンゲイリー・ビジーの息子で、狂信的な宗教家ジェイク・ビジーら、共演陣も豪華な顔ぶれとなっている。
度々登場するテレビ番組映像でも、ラリー・キングバーナード・ショー他、多数のお馴染みの面々が本人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020